「名探偵コナン犯人の犯沢さん」1巻あらすじ・ネタバレ&感想!第1話~第2話

      2018/02/17

「名探偵コナン」にも犯人側の視点で描かれた漫画が登場!

今まで、友人同志の酒の肴になっていた、「コナンの側が一番危ない!」を漫画にしてくれた「犯人の犯沢さん」。

犯人が主人公になって、完全なギャグ漫画になった「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」の第1話~第2話のあらすじ・ネタバレと感想です♪

『名探偵コナン犯人の犯沢さん』1巻・第3話あらすじ&ネタバレ・感想!「ひとの出会いはアラ不思議」

スポンサーリンク

「名探偵コナン犯人の犯沢さん」1巻【第1話】あらすじ・ネタバレ&感想

↑パロディ漫画が得意なかんばまゆこさん著の「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」です。

現在、第1話はAmazonや他のサイトでも、無料で読めるようになっています。

 

第1話のあらすじ・ネタバレ

毎度お馴染みの名探偵コナンの中で、犯人が判明する前に登場する全身黒タイツの人物が主人公です。

名前は「犯沢」さん。

男性のように見えますが、女性かもしれません。

荷物はリュック一つで、コナンの住む米花町にやってきました。

目的は、ある人の命を奪うこと!

 

米花町の駅で電車から降りる時は、乗客らから

「早く戻るんだ!まともな人間は、この街には近づかんぞ!」

と言われてしまいます。

 

でも犯沢さんは、狂気の笑みで一人で大盛り上がり。

「米花町への切符、それは惨劇への片道切符さ!」

と、興奮します。

しかし、駅の自動改札には切符を入れる穴がありません!

ICカードのない田舎からやってきた犯沢さんは、為す術もなく立ち尽くします。

スポンサーリンク

犯沢さんが周囲を見回すと、自動改札を通る人達は、カードのようなものをどうにかしている様子…。

どうして良いのかわからなくなって、犯沢さんは米花町の入り口で、故郷に帰りたくなります。

そこに通りかかった蘭と園子。

二人は半沢さんが怪しい人物だと思いますが、米花町には怪しい人が多いので気にしません。

 

母に持たせてもらったsuika、これを使えばいいのか!と気付いた半沢さん。

そして穴のある自動改札を見つけた!

 

穴にsuikaを入れる半沢さん。

無残にも鳴り響くアラーム!

駅員たちがかけつけて、犯沢さんは、なんとか改札を通過することができました。

一部始終を見ていた園子は、

「何アレ、カワイイー!」

と泣き笑いしてしまいます。

 

犯沢さんは、園子に憎悪の感情を懐きます。

園子が出かける時に待ち構えて、後ろから思い切り、園子の後頭部めがけて棒を振り下ろす!

駅の自動改札全てに爆弾を仕掛けて、着火スイッチを押す!

最後は米花駅ごと爆破だ!

 

という妄想をして、犯沢さんは気を取り直しました。

そして駅前でコナンとすれ違うのでした。

第1話の感想

滑り出し最高!

皆、思ってましたよね!コナンの住む街って事件多すぎって。

それと、犯人の設定が哀愁漂うものでした。

犯沢さんは、どこか知らないけど田舎の出身。

優しい友人や家族がいて、お母さんや祖父も同居だったみたいです。

カワイイ犬も飼っていたし…。

あ、思い出の中の友人たちが男性ばかりで、男の友情的シーンがあったので、犯沢さんは男性だと思いました!

では第2話も続けてどうぞ♪

スポンサーリンク

「名探偵コナン犯人の犯沢さん」1巻【第2話】あらすじ・ネタバレ

犯沢さんは、新生活に必要なものを下見していた。

包丁、ソファ、オシャレな家具…

こういうオシャレな部屋で、あの男をやる算段をする・・・最高じゃないか!

夢が広がる!

いやその前に、部屋探しだ!

なんとか5万円台で見つけたい!

不動産屋の前に貼られている物件紹介を見て、犯沢さんは驚愕した。

3万2千円!?

南向きで、築5年。

風呂、トイレ別の2LDKが3万2千円!?

 

嘘だ。どうせツリだ。と思った犯沢さん。

しかし、本当に3万2千円だったのだ。

しかも敷金・礼金0円。

理由は・・・「事故物件だから」。

「ココらへんに、すごい血がこびりついてたんだ!」

と床を指差して教えてくれる不動産屋。

 

犯沢さんは、実際に事件が起きた部屋で、あの男をヤル計画を立てる。

と、想像して「クックックッ…」

「怖い!」

事故物件に住むのが怖くて、次に無事故物件を探したが、無事故物件が希少すぎて、風呂なしワンルーム4.5畳でも、家賃15万円!共益費は月2万円!

どうする?犯沢さん!?

 

で、結局・・・

「一旦考えます。」

犯沢さん、今日は安ホテルに泊まるか!?

スポンサーリンク

「名探偵コナン犯人の犯沢さん」1巻【第2話】感想

部屋が決まらなかったー!笑

自分が犯人になるつもりなのに、事故物件が怖いって、犯沢さんが犯罪を犯せそうになくて笑えます!

米花町の物件の殆どは事故物件で、高層マンションの2LDKが3万2千円って、面白いけど不動産屋と家主は破産しそうですね。

だって手持ちの物件の大半は事故物件で、正規の価格で家賃取れないんだから大損ですよ!

犯沢さんは、地元でバイトをして、苦労して資金を貯めて米花町にきたのです。

家賃に大金払ってる場合じゃないんです!

っていうか、そもそも犯沢さんに住む所が必要なのでしょうか?

もうビジネスホテルに泊まりつつ、さっさとあの男とやらをヤッてしまったら良いのでは?

 

と根本的な疑問も湧いてきますが、そのへんの矛盾は親漫画「名探偵コナン」にもよくあることなので、素直に読み進めようと思います。

コミックには、細かいギャグもたくさんあるので、じっくり読んでも面白かったです♪

スポンサーリンク

『名探偵コナン犯人の犯沢さん』1巻・第3話あらすじ&ネタバレ・感想!「ひとの出会いはアラ不思議」

 - コミックネタバレ