『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第19週「最高のコンビ」朝ドラを最終回まで

      2018/02/13

朝ドラ『わろてんか』第19週(第104話~第109話)(2月5日~2月10日)放送分のあらすじ&ネタバレと感想をお届けします。

第19週は、なかなか人気の出ないリリコと四郎の漫才を、今後どうしたら良いのか…てんが悩み続けます!

隼也は・・・地道にがんばれ!

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第18週「女興行師てん」はこちら

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第20週「ボンのご乱心」はこちら

『わろてんか』あらすじ・ネタバレまとめはこちら

スポンサーリンク

朝ドラ『わろてんか』の主なキャスト

北村笑店

 

藤岡家家族

 

芸人・使用人

 

  • 飛鳥(トキと風太の娘)・・・森本くるみちゃん

てんの見合い相手だった人

伊能栞(いのうしおり)・・・高橋一生さん

スポンサーリンク

朝ドラ『わろてんか』第19週あらすじ・ネタバレ「最高のコンビ

隼也(成田凌さん)は、北村笑店で本気で働いたいとてんに訴え、風太の下で興行師としての修行を積むことになった。

てんはリリコと四郎の漫才コンビの売上に苦労して悩む日々が続く。

そして伊能栞に相談するのだが、てんの悩みを聞いた栞は「一度決めたことは絶対に諦めるな」と言うのだった。

 

てんはリリコと四郎を、どんな方法なら人気が上がるのか頭を悩ます日々が続いていた。

楓が出してくれるアイデアは、女性客を呼び込むために雑誌、ブロマイド、豪華な弁当などを用意するという、それまでの寄席になかったことばかりでとても斬新なもの。

てんは早速、楓のアイデアを実行してみるのだった。

その頃、隼也は下働きばかりの地道な仕事を経験する日々が続く。

 

たくさんのアイデアを実行してみたものの、リリコと四郎の漫才の人気はなかなか上がらない。

なぜ人気が出ないのか悩むてんに、キースとアサリが「ウケない」ポイントを指摘してくれる。

そこでてんは、四郎には喋らせずに、リリコだけに喋らせる漫才に変えようと提案するのだが、リリコにも四郎にも大反対されてしまう。

 

隼也は北村笑店の売店を任されていたが、売上が増えず、どうしたものかと悩んでいた。

そんな時亀井が、昔てんがどのように寄席の前で客を呼んでいたのか話して聞かせてくれるのだった。

昔のてんの話を聞いた隼也は、次から次にアイデアが浮かび、どんどん実現させていく。

 

一方てんは、リリコと四郎に片方が喋る漫才に変えようと提案し続けたが、リリコを本気で怒らせてしまい、風太からも興業の仕事をやめたらどうかと言われてしまう。

ついにリリコと四郎がコンビを解消したいと言い出す。

てんは栞に悩みを打ち明けると・・・栞はてんの考えた「リリコだけが喋る漫才」のどこが面白いのか、具体的に論理的にかつ情熱的に説明して説得すればいいとアドバイスしてくれ、励ましてくれるのだった。

スポンサーリンク

朝ドラ『わろてんか』第19週「最高のコンビ」感想!

ドラマで何度も同じネタを聞いていると、どんどん面白さはなくなるけど、それ以上にリリコが四郎に特別な感情を持つようになってるのが伝わります。

この調子だと、リリコと四郎は結婚しそうですね!

四郎の気持ちもわかる!

喋るのがうまくなるように練習してるのに、喋らん漫才しようって言われたら「なんでやねーん!」ってなりますよ。

そして、喋らん漫才って、大輔・花子ですよね?

鬼嫁とトロイ旦那のコンビってテッパンなんでしょうね。

 

個人的には、どつき漫才は苦手なので、ネタで勝負の漫才で頑張ってもらいたいですね。

鈍いしトロいように見えて、実は一番美味しいところを持っていく四郎。みたいな。

 

何よりも、笑いはテンポが大切なので、『わろてんか』でずっとうやってる「タイミングを逃したツッコミ」とか、「やたら長いボケ」とか有り得ないので、皆さん内場さんに教えてもらって頑張って欲しいです。

一番タイミングが上手いのは、相変わらずおトキちゃん(徳永えりさん)ですね。

ヒロイン・てんのモデルの吉本せいさんは、ツッコミは上手かったのでしょうか?笑

上手いに決まってますよね!

 

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第18週「女興行師てん」はこちら

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第20週「ボンのご乱心」はこちら

『わろてんか』あらすじ・ネタバレまとめはこちら

 - 朝ドラあらすじ&ネタバレ