劇団ひとり大河『西郷どん』でジョン万次郎役!役どころと史実は?子孫はいる?

      2018/02/07

劇団ひとりさんが大河ドラマ『西郷どん』でジョン万次郎役を演じます!

誰が演じてくれるんだろう…?と楽しみにしていたジョン万次郎。

役どころや史実、子孫についてもみっちり、かつ、サクッとわかりやすくまとめます!

ドラマと史実の違いも楽しみですね♪

スポンサーリンク

劇団ひとりのプロフィール!英語力は?

では早速、劇団ひとりさんってどんな人なのか、サクッと見てみますよ!

劇団ひとりのサクッとプロフィール!

  • 本名・・・川島 省吾(かわしま しょうご)
  • 生年月日・・・1977年2月2日(現在40歳)
  • 出生地・・・千葉県千葉市花見川区
  • 身長・・・175cm
  • デビュー・・・1994年(17歳)

既に40歳となった劇団ひとりさんは、かつて帰国子女でした。

お父さんが国際線のパイロットで、お母さんがCAだったので、米国アラスカ州アンカレッジに4年間住んでいたといいます。

その後は日本で生活し、高校1年の時にお笑い甲子園に出演したことがきっかけで、お笑い芸人としてデビューしました。

最初はコンビを組んで活動していましたが、コンビ解消後は、ピン芸人なので「劇団ひとり」の名前を変え一人コントで人気を博しました。

俳優としての仕事も多く、2006年(28歳)で小説家デビューも果たします。

更に自身の小説が映画化された際には、映画監督も務め、芸達者で才能あふれる人です!

そんな劇団ひとりさん、ジョン万次郎を演じるからには英語力が気になります!

劇団ひとりの英語力は?

劇団ひとりさんは、小学校2年生から5年生までの4年間、英語圏のアラスカにいたわけなので、現地の学校も行っただろうし、当時は英語を喋れたはず・・・。

でも小学生の時ですからね・・・超頼りない私の経験上でも、語学ってずっと続けてないと忘れちゃいます。

身体が覚えて・・・ないです(T_T)

では劇団ひとりさんの英会話をチェック!⇩


↑クリックで動画にとびます。

コントなので、内容はメチャクチャですが、きっとセリフが決まっていたらそれなりに喋れるっぽくできそう!笑

では劇団ひとりさんの演じるジョン万次郎の役どころは?

スポンサーリンク

劇団ひとりが大河『西郷どん』で演じるジョン万次郎の役どころ

劇団ひとりさんが大河ドラマ『西郷どん』で演じるジョン万次郎、誰もがその名を聞いたことがあると思います!

学校で習ったぼんやりした記憶では・・・「10歳位でアメリカ行って、英語喋れるようになった人」←ぼんやりしすぎ!

 

気を取り直して、『西郷どん』に登場するジョン万次郎とは・・・

吉之助(鈴木亮平さん)が御前相撲で藩主・斉彬を投げてしまった後、殿を投げたってことで牢に入れられてしまいます。

その時、同じ牢の中にいたのが、ジョン万次郎(劇団ひとりさん)。

ジョン万次郎は、牢の中で西洋の歌を歌っていました。

服装は西洋風なので、吉之助からは「風変わりな格好」と認識されます。

 

最初は日本語を話せず、毒を入れられていることも恐れて食事もできず、とにかく怯えていました。

更に牢の番をする下男に、「薩摩藩の秘密を目撃したから生かしてはおけない!」と首を締められたので、思わず吉之助はジョン万次郎を助けてしまうのです。

 

といっても、全て藩主・斉彬(渡辺謙さん)の計画通り。

斉彬は吉之助に、ジョン万次郎が薩摩藩に来た理由を探るために接触するように命じたのでした。

 

その後、吉之助がジョン万次郎連れて自宅に帰りますが、日本語が通じません。

その後助っ人として読んできた大久保正助(瑛太さん)が、英語の辞書を片手に話してみたところ、アメリカの捕鯨船の乗組員だったことまではわかりました。

この時代、鎖国中の日本には「海外渡航の禁」といって、勝手に海外に行くと死罪になるという法律がありました

ジョン万次郎は、この法律を恐れてか、なかなか本当のことを話そうとしませんでした。

しかし、土佐に住む母に会うために帰ってきたことがわかり、斉彬のお陰で土佐の母親にも連絡がつくのです。

 

ジョン万次郎は、少しずつ日本語を話せるようになり、斉彬と面会したときにはアメリカのことをしっかり語るようになります。

その後、土佐に帰るまでの間、薩摩の人々に船や語学を教えるという役どころです!

では史実のジョン万次郎ってどんな人でしょう?

スポンサーリンク

劇団ひとりが大河『西郷どん』で演じるジョン万次郎の史実

大河ドラマ『西郷どん』では劇団ひとりさんが演じているジョン万次郎、いったいどんな人だったのでしょう?

想像もつかない経験をしたことは間違いなさそうです!

ジョン万次郎・史実のプロフィール

  • 名前・・・ジョン万次郎、John Manjirō、中浜万次郎
  • 生年月日・・・1827年1月27日
  • 没年月日・・・1898年11月12日(満71歳)
  • 出身地・・・高知県土佐清水市中浜(当時、土佐国中濱村)
  • 漂流した年・・・1841年(万次郎14歳)
  • 帰国した年・・・1851年(万次郎24歳)
  • アメリカで住んでいた所・・・マサチューセッツ州フェアヘーブン
  • 出身校・・・オックスフォード学校、バーレット・アカデミー

 

14歳・・・そもそも中学校2年生くらいの少年が、漁師の手伝いをしながら船で働いていて、そこで漂流しちゃうんですね。

スポンサーリンク

ジョン万次郎・漂流していた間

  • 海上漂流期間・・・5日半
  • 無人島(伊豆諸島の鳥島)生活・・・143日

の148日間、約5ヶ月間ですが、大変だったようです。

ただ、一人ぼっちじゃなくて良かった!

ジョン万次郎は、本人を含めて5人で漂流したのです。

無人島では、アホウドリを捕って食べていたようですが、真水がないので、尿まで飲んだと言われています!

アメリカの捕鯨船に見つけてもらって、ハワイに連れて行ってもらうのですが、ジョン万次郎本人の希望で、一人だけアメリカ本土まで連れて行ってもらいます。

ジョン万次郎・アメリカ在住時

ジョン万次郎は働き者で良い子だったみたいで、船長のホイットフィールドさんの養子として学校も行かせてもらいます

英語・数学・測量・航海術・造船技術などを学んだジョン万次郎は、超頑張りやさんで優秀だったようで、クラスではいつも主席だったと言われています。

学校では人種差別で辛い思いもしたと聞きますが、それでも勉強を頑張ったジョン万次郎は、生きる目的がしっかりしていたのかもしれません。

日本では読み書きも学べない貧しい家に生まれましたが、学校に通える喜びもあったのかな?と想像します。

学校を卒業したジョン万次郎は、1846年(19歳)から捕鯨船の乗組員になり、船員たちに慕われ副船長にまで出世!

1850年(23歳)、日本に帰ろうと思ったジョン万次郎は、資金を貯めるために、サンフランシスコの金鉱にて、いわゆるゴールドラッシュで稼ぎます。

貯まったお金・・・$600

1850年の1ドルは2017年の29.92ドルだというので、ジョン万次郎が貯めた600ドルを現在の貨幣価値に換算すると・・・

ジョン万次郎の600ドル=17,951.50ドル

日本円に直したら・・・1,962,817.01円

ジョン万次郎、金掘って200万円近く貯めたんですね!

ジョン万次郎・帰国!

200万円近い資金でジョン万次郎は、まずホノルルに行って、かつての漁師仲間と再会します。

そして仲間と一緒に上海に行く商船に乗り込みました

 

日本は鎖国中だったので、用心しながら帰国の機会を伺ったジョン万次郎でしたが、最終的に上陸したのは琉球(沖縄)でした。

ジョン万次郎、琉球語がわからず・・・。しょうがないよね。

当時の琉球は薩摩藩の植民地みたいな状態だったので、ジョン万次郎は薩摩藩に連れて行かれて取り調べを受けました。

欧米の情報が欲しかった藩主・斉彬は、ジョン万次郎たちに手厚い待遇をします。

薩摩藩が西洋風の蒸気船を作れたのも、なんとジョン万次郎のお陰なのです!

だってジョン万次郎、本場アメリカで造船を学んだんだもん!!!

スポンサーリンク

ジョン万次郎・日本の中心で働く!

その後しばらく万次郎は薩摩藩で英語や造船の先生して、幕府でも通訳として仕事しました。

通訳として、再びアメリカにも行ったんですよ!

帰国後は開成学校(今の東京大学)の英語教師になり、仕事でヨーロッパにも行きました。

帰りにアメリカに寄って、養父・ホイットフィールドと涙(たぶん)の再会!

日本等をプレゼントしたのですが・・・誰かに盗まれて現物は残っていません。(T_T)

帰国後は教育者として静かに暮らしたジョン万次郎。

1898年、満71歳で亡くなりました。

ジョン万次郎の子孫は?

ジョン万次郎は、1854年、27歳の時に幕府剣道指南・団野源之進の娘・鉄さんと結婚しました。

 

長男・・・中濱東一郎さん(医者になりました)

東一郎さんの娘・・・中濱絲子(歌人になりました)は高山正雄(法医学者)と結婚しました。

 

現在直系の子孫の方は5代目の中濱 京(なかはま きょう)さんのようです!

中濱 京さんは・・・

  • 1982年・・・金城学院短期大学部国文科卒業
  • 富士通株式会社に入社
  • 米国留学、1992年にオレゴン州レインコミュニティーカレッジ卒業
  • (株)富士通システムズ・ウエスト勤務

とまたまた優秀な女性です!

ジョン万次郎のたくましさを、きっと受け継いでおられるのでしょうね。

劇団ひとりさんが演じるジョン万次郎、期待してます!

スポンサーリンク

その他の『西郷どん』出演者についてはこちらをどうぞ!

 - 人物, 大河ドラマ