橋本愛大河『西郷どん』で須賀役!どんな人?役どころや史実との違いは?子孫はいる?

   

女優の橋本愛(はしもとあい)さんが大河ドラマ『西郷どん』で須賀(すが)役を演じます!

橋本愛さんってどんな人?

『西郷どん』での役どころや史実を比べてみましょう♪

子孫がいるのかも気になります!

スポンサーリンク

橋本愛のプロフィール

きれいな人ですね~

橋本愛(はしもとあい)さんのプロフィールはこちら!

  • 生年月日・・・1996年1月12日(現在22歳)
  • 出身地・・・熊本県熊本市
  • 身長・・・165cm
  • デビュー・・・2008年(12歳)
  • 趣味・・・漫画を読むこと、サイクリング
  • 朝ドラ歴・・・「あまちゃん」足立ユイ 役
  • 大河ドラマ歴・・・「西郷どん」が初めて、2019年「いだてん」に出演予定

3姉妹の橋本愛さんは、お母さんに応募されて芸能界デビューしました。

2009年に雑誌『Seventeen』のミス・セブンティーンに選ばれ、映画『Give and Go』で主演するなど、デビュー直後から期待されているのがわかります!

映画『Give and Go』の予告動画はこちら!⇩

橋本愛さん、10代のころの柴咲コウさんみたいです!

中性的な顔立ちというか、すごく整ってますねー!

 

この映画『Give and Go』DVDはこちら⇩

中古DVDなら、1,130と送料で購入可能です♪

2013年には、映画「桐島、部活やめるってよ」での演技が評価されて、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞と日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました!。

朝ドラ歴もあるし、来年の大河ドラマにも出演が決まっているなど、これからどんどん活躍されそうな橋本愛さん。

さて『西郷どん』で演じる須賀(すが)ってどんな役でしょう?

スポンサーリンク

橋本愛が大河『西郷どん』で演じる須賀の役どころは?

橋本愛(はしもとあい)さんが大河『西郷どん』で演じるのは、吉之助の最初の妻・須賀(すが)です!

西郷家と同じ薩摩の城下士で、少し家格が上の伊集院家の娘です。

須賀の父・直五郎(なおごろう)が、御前相撲で強かった吉之助のことを気に入り、娘を嫁にどうかと言ってきたというわけです。

西郷家では、祖父の龍右衛門が亡くなり、妹の琴の嫁入りも考えたいしで、早く嫡男の吉之助に身を固めてもらいたいという事情がありました。

そんなわけで須賀と吉之助は、親同士であっという間にまとめてしまった縁談で結婚することになったのです。

須賀は愛想がない!

橋本愛さんが演じる須賀は、とにかく愛想がない!

でも機嫌が悪いんじゃないです!!!

生まれつき無愛想で、仏頂面なのは須賀自身も良くわかっていて、嫁入りの時に「こげん、愛想のない嫁で、すんもはん!」って謝るんです。

美人だから笑ってほしいけど、笑顔を作るのがどうにも苦手で出来ない須賀でした。

顔だけじゃなくて、言葉にも愛想がないのですが、悪い人ではありません。私は逆に可愛いとすら思えます!

 

結婚後は相次いで舅・姑(吉之助の父母)が亡くなり、須賀は近所の人から「不吉な嫁」と言われるようになってしまいました。

その後、藩主・斉彬(渡辺謙さん)から直々に、吉之助に江戸で働いてほしいと知らせがあるのです。

夢にまで見た斉彬の側での仕事、しかも江戸!

こんなチャンスはまたとないことだし、大出世の足掛けにもなり、家族にとっても誇らしいことでした。

でもこの時の西郷家には、江戸に行くための支度金などまったくなく、日々の生活にも困っていたのです。

須賀は吉之助が江戸に行くことを反対し、吉之助も家族を守る義務もあるしで迷ってしまいます。

 

しかし、須賀は吉之助の足かせになるくらいなら…と、自ら悪妻のふりをして、実家に帰ります。

そして、手切れ金を渡すから離縁してくれと直五郎と共に、江戸に行けるよう吉之助の背中を推すのです。

 

須賀は、最後まで無愛想で、最後まで純粋に優しい人。

という役どころ。

わかりにくいけど、素敵な女性です!

スポンサーリンク

橋本愛が大河『西郷どん』で演じる須賀の史実は?

橋本愛(はしもとあい)さんが『西郷どん』で演じる須賀の史実とは・・・

まず須賀のプロフィールはこちら!⇩

  • 名前・・・伊集院 須賀(いじゅういん すが)
  • 生年月日・・・1832年4月
  • 没年月日・・・不明
  • 父親・・・伊集院直五郎兼善(西郷隆盛の家より格上の武士)
  • 兄弟・・・伊集院兼寛
  • 西郷隆盛との結婚・・・1852年(須賀20歳の時)
  • 西郷隆盛との離婚・・・1854年?(須賀21~22歳の時)

須賀は史実でも、西郷隆盛と結婚した年に祖父と舅と姑を亡くしています。

ドラマではお祖父ちゃんがなくなった後に、須賀が嫁に来ていましたが、史実では須賀が嫁に来てから3人相次いで亡くなりました。

そして、ドラマでは吉之助(西郷隆盛)が江戸に行くのを邪魔しないように離婚していましたが・・・

史実では結婚の2年後に西郷隆盛が江戸に行ってしまい、しばらく大家族の主婦業をこなしていましたが、親族との相談の上、円満離婚しています。

夫もいない貧乏な家で妹や弟たちの世話をする須賀を不憫に思った父親が迎えに来たとか、須賀が病気になったとか離婚理由は不確かですが、どこの親でもこの状況は不憫…。

私が親でも須賀を迎えに行きますよ!!!

 

西郷隆盛は、須賀と離婚したことを後悔して泣いたというので、きっと須賀は良い嫁だったと想像します。

須賀の写真は見つかりませんが、ものすごく美人だったとも…、これは『西郷どん』の橋本愛さんと共通!笑

 

須賀の弟の直右衛門は、西郷隆盛や大久保利通と共に行動することが多く、攘夷運動を頑張っていた人なので、『西郷どん』にも出演するかもしれませんね!

スポンサーリンク

須賀の子孫はいる?

西郷隆盛と須賀の婚姻期間は、わずか1~2年ほど。

しかも夫は江戸に単身赴任。

そんなわけで、西郷隆盛&須賀には子供は出来ませんでした。

 

隆盛と離婚してからの須賀の消息は、全くわかりません。

父親も弟のことも調べれば何かしら出てくるのに、須賀が離婚した後どうなったのか全くわからないので、意図的に隠されているとも言われています。

ミステリアス~

因みに、須賀の父・直五郎は、後に高知県の県令(県知事)になり、弟の直右衛門は、華族になり、貴族院議員を務めました。

家族がこれだけ出世してるなら、きっと須賀も良いところに再度お嫁に行っているに違いない!と思いたいです!!!

 

橋本愛さんが演じる仏頂面の須賀、楽しみです♪

スポンサーリンク

 - 人物, 大河ドラマ