池坊保子氏は離婚して復縁?不倫当時の母と娘の年齢は何歳?元華族や元皇族は離婚できるのか

   

またまた新潮さんに過去を暴露されてしまった日本相撲協会評議員会議長・池坊保子氏。

過去に夫・池坊専永氏が暴露した話、それでどうなったのか気になります!

結局離婚はしたの!?でも名字は池坊だし、復縁した?

騒動の時の池坊保子氏と娘の年齢は?

そもそも元家族や元皇族って離婚できるのでしょうか!?

スポンサーリンク

池坊保子氏は離婚して復縁?当時の母と娘の年齢は何歳?

朝から驚かされたデイリー新潮の記事はこちら

〈「見てはならぬものを見た」と告白する夫「池坊専永」氏〉(84年2月9日号)と題する記事を掲載しているが、そこで専永氏は衝撃的なエピソードを次のように語っている。

〈私が離婚を決意したのは、昭和52年1月5日、正式には6日の午前1時ごろでした。私が帰宅して台所の隣の居間の戸をあけたところ、保子と家庭教師の京大生・加藤祐介(仮名)がそこにいたんです。保子は青い着物で、加藤は下半身裸でした。要するに男女の現場を私が見てしまったんですよ。/ガラッとあけましたから2人は飛び上りましてね。すぐに2人は土下座して私に謝りました〉

 娘の家庭教師に手を出した過去について、当の池坊議長に聞くと、

人生において、消したいと思う失敗もありました、ということです……

池坊保子氏の夫・専永氏は「離婚を決意した」って!

まぁ、だれでも妻のこんな場面を見たら「離婚」の文字がバーン!って降ってきますよね。

 

そしてこの不倫現場が目撃されたのは、昭和52年1月5日、正式には6日の午前1時ごろなので、1977年1月6日。

池坊保子氏は 1942年4月18日生まれで現在75歳なので、1977年当時は34歳!

まだ若い母親です。

この時、長女の池坊専好(いけのぼう せんこう)氏は、1965年9月20日生まれなので11歳!

次女の池坊美佳(いけのぼう みか)氏は、1970年3月11日生まれなので6歳!

 

この年齢から考えると、長女の家庭教師だったのでしょうか…。

スポンサーリンク

お正月が明けてすぐの6日に、家庭教師が夜中に居間にいるなんて!

なんなの?お泊りでもする予定だったの?

夕飯は娘さんも一緒に食べたりしたの!?

騒動後、きっと当時は娘には事実を隠して、「今日から違う家庭教師の先生よ~」とか言って先生だけ交換したのか…と勝手に想像しております。(-_-;)

そして池坊専永氏と週刊新潮によって母・保子氏の不倫が世間に公表されてしまったのは、

84年2月9日号だったので、1984年2月

長女が高校3年生で18歳の時。

次女が中学2年生で14歳の誕生日を迎える前

 

ええええーーーーー!18歳とか14歳くらいで、「お母様が家の居間で、あの先生と!」って知った時の娘さんの悲しみは計り知れないです!

お父さんもなんて酷いことを、と思います!

でも池坊専永氏も不倫していたというので、結局は離婚せずに「お互い、やっちゃったんで、今回は離婚はおいとこか!」ということになったそうです。

 

「離婚を決意した」っていうから、てっきり一度離婚して復縁したのかと思いましたよ!

そういえば、いくら名家の池坊氏でも、華族から嫁いだお姫様と離婚できるのでしょうか?

スポンサーリンク

元華族や元皇族は離婚できる?

華族っていうか、天皇家の親戚で宮家の姫と結婚した場合、離婚出来るのでしょうか?

そこで華族・皇族は離婚できるのか、元皇族の場合、離婚すれば皇族に戻れるのか調べてみました。

 

結論、離婚できます!

華族は普通に離婚した例がいくつもありました。しかも泥沼離婚もあり。

 

皇族の場合、元宮内庁職員の山下晋司氏によると

「われわれと同じように元女性皇族も離婚することはできますが、皇族に復帰することはできません。離婚後の名字は、結婚時のものをそのまま使用する場合は問題ありません。」

とのことです。

一度皇族から離れてしまうと、二度と皇族に戻れないのですね!

一度嫁に行ってしまった皇族は、二度と実家に住めないそうです。

皇族の姫も大変だ!

スポンサーリンク

池坊保子はなぜ相撲協会の評議員会長になったの?プロフィールや経歴・家系など

 - 身近な疑問