高橋光臣大河『西郷どん』で有村俊斎(ありむらしゅんさい)役!役どころや史実&プロフィールも紹介

   

高橋光臣さんが大河ドラマ『西郷どん』で有村俊斎(ありむらしゅんさい)役をえんじます!

有村俊斎を演じる高橋光臣さんってどんな人?

役どころと史実は?違いはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

高橋光臣のプロフィール

『西郷どん』で有村俊斎役を演じる高橋光臣(たかはしみつおみ)さんのプロフィールはこちら!⇩

  • 生年月日・・・1982年3月10日(現在35歳)
  • 出身地・・・大阪府
  • 身長・・・176cm
  • 出身高校・・・啓光学園高等学校
  • 出身大学・・・東洋大学法学部法律学科
  • 特技・・・殺陣、剣道(二段)、乗馬、ラグビー(高校・大学)
  • デビュー・・・2005年(23歳)
  • 結婚・・・2014年(宮下ともみさん)
  • 主な出演ドラマ・・・「轟轟戦隊ボウケンジャー」、「科捜研の女」、「下町ロケット」、「ブラック・リベンジ」
  • 主な出演映画・・・「真田十勇士」
  • 朝ドラ歴・・・「梅ちゃん先生」
  • 大河ドラマ歴・・・「龍馬伝」

見たまんまスポーツマンの高橋光臣さん!

奥さんの宮下ともみさんは、女優さんですね。⇩

 

「轟轟戦隊ボウケンジャー」、うちの息子が最初に見たスーパー戦隊でした。

懐かしいなぁ…。

 

#アメトーク #戦隊大好き芸人 やっと見たよぉ〜✨ きゃー!ボウケンジャーでたやん😍 彼の名は #高橋光臣 さん。 いい男なんすよー! 梅ちゃん先生とか〜〜 下町ロケットとか〜〜 花ざかりの君たちへにも出てたよぉ〜 権藤刑事の死に様もまじ半端なかったよぉ〜 内藤剛さんとのペア一番好きだったよぉ〜 とても演技がよい。 そして、肉体美✨✨✨✨元ラガーマン 筋肉と読書家はたまらないのであります。 そして、#休日メガネ男子 萌えどころしかない。 実はこっそり大好きな俳優さん💕 ファイブマンやジェットマン…昔のやつのビデオ それは遠い昔。同棲する時、引かれるだろなーと 捨てたんだけど、あの頃の私に言ってやりたいよ。 それは、捨てたらあかん! 好きなものは自分に ずーーーっと変わらずに 寄り添っていてくれるんだとさ。 心理学でも証明されてるそうな。 スーツアクターも目指せばよかったと思う職業の1つ。笑 ほんと、歴代戦隊を1からずーーーっと1時間ずつやってくんないかな! 一年持つよ!アメトークさん!!! 頼む!!!

Saya.©️さん(@sa.stella)がシェアした投稿 –

もうすっかりベテラン俳優さんですね。

そんな高橋光臣さんが『西郷どん』で演じる有村俊斎(ありむらしゅんさい)の約どころとは・・・?

スポンサーリンク

高橋光臣が大河『西郷どん』で演じる有村俊斎(ありむらしゅんさい)の役どころ

高橋光臣さんが大河ドラマ『西郷どん』で演じる有村俊斎(ありむらしゅんさい)は、薩摩藩士・有村仁左衛門の次男です。

幼少期の俊斎を演じたのは、池田優斗くん!

坊主頭が可愛かったです♪

 大きくなった元茶坊主・有村俊斎(高橋光臣)は、早くから大人の世界を覗いていたせいか、世渡り上手。

そしてお調子者です。

 

大人になった俊斎は、江戸で水戸藩の藤田東湖(ふじたとうこ)の元で尊王論を学びます。

後に俊斎の弟・次左衛門たちが、桜田門外の変で井伊直弼を襲ってしまうのです。

俊斎(高橋光臣さん)自身は、島津久光の護衛係を務める役どころです。

 

吉之助(鈴木亮平さん)のことを俊斎(高橋光臣さん)はライバルだと思っていますが、吉之助は…どうかな?笑

スポンサーリンク

高橋光臣が演じる有村俊斎(ありむらしゅんさい)の史実

高橋光臣さんが演じる有村俊斎について、まずは史実のプロフィールを見てみましょう!

  • 生年月日・・・1832年3月13日
  • 没・・・1906年10月27日(享年74歳)
  • 名前・・・武次(たけじ)、有村俊斎、海江田信義(かいえだ のぶよし)、黙声、静山、孤松。
  • 結婚・・・日下部伊三治長女・まつ
  • 西南戦争・・・中立

11歳で島津斉興の茶坊主となった俊斎は、1849年(17歳の時)島津家のお家騒動「お由羅騒動」に巻き込まれ、父と共に薩摩藩から追い出されます。

後に島津斉彬が藩主になった時に、薩摩藩に戻ってこれました。

1852年(20歳)の時、俊斎は江戸の薩摩藩邸での勤務になり、多くのことを学びました。

特に尊王論ですね!

江戸勤務中の俊斎は、西郷隆盛とも接点が多く、自分の先生、水戸藩の藤田東湖に西郷隆盛を紹介したこと言われています。

1858年(26歳)の時、島津斉彬が突然の病で亡くなり、大老・井伊直弼に尊王の武士たちが取り締まられたことから、西郷隆盛と一緒に京都の月照(お坊さん)を連れて薩摩に帰ります。

その後、西郷隆盛と月照は行き場がなく、心中するのです。(隆盛は一命をとりとめ流刑)

俊斎の弟たちは脱藩して、桜田門外の変を起こし、井伊直弼を暗殺します。

この桜田門外の変の時、弟の一人は彦根藩士に斬られ自害します。

もう一人の弟は、薩摩藩にて裁かれ、母親や大久保利通の目の前で自刃。

悲しすぎますね…(T_T)

スポンサーリンク

俊斎は、桜田門外の変の原因ともなった安政の大獄で獄中で亡くなった日下部伊三治の次女・まつと結婚し、婿養子に入ったので、海江田信義(かいえだ のぶよし)という名前も名乗ったのです。

海江田って…義父の名前は日下部じゃない!?

って思いますよね。

どうやら「海江田」は日下部さんの旧姓だったんだって。

ややこしいわ。

因みに、有村俊斎の名前も継続して使っていたそうです。

 

で、江戸時代から明治に変わるときの戦争・戊辰戦争の時は、俊斎は西郷隆盛側で戦いました。

明治になって、大久保利通のお陰で奈良県知事となりますが、廃藩置県により明治4年に解任されてしまいました。

俊斎が知事を解任された理由は、改革を頑張っていたけど所定の手順を踏んでいなかった、許可を得ていなかったことと言われています。

その後は薩摩に帰って隠居しようと思った俊斎でしたが、島津久光に呼ばれて、政府と仲を取り持つ仕事をするはめになりました。

俊斎の仕事っぷりはとっても良かったので、評価されて1872年(40歳)で左院四等議官になりました。

1875年(43歳)で病気になり、その後1877年に西南戦争が起きるのですが、久光のところで働いていたから中立の立場だったかと思います。

その後は

 

  • 明治20年:1887年(55歳)でヨーロッパのウィーンに遊学
  • 明治23年:1890年(58歳)に貴族院議員になり
  • 明治24年:1891年(59歳)に枢密顧問官になり
  • 明治28年:1895年(63歳)に勲一等瑞宝章をもらい
  • 明治35年:1902年(70歳)に勲一等旭日大綬章をもらい
  • 明治39年:1906年10月27日に満74歳で亡くなりました。

墓所は青山霊園にあります。

55歳でウィーンに遊学・・・羨ましすぎます!

目立ちすぎる西郷隆盛や大久保利通と同じ時代だからか、あまり世間に知られていない有村俊斎さん。

高橋光臣さんがどんなふうに演じてくれるのか楽しみです♪

スポンサーリンク

 - 人物, 大河ドラマ