小柳ルミ子大河『西郷どん』で由羅(ゆら)役!役どころやプロフィール・史実はどんなもの?

   

小柳ルミ子さんが大河ドラマ『西郷どん』で由羅(ゆら)役を演じます!

超有名な女優さんですが、改めて小柳ルミ子さんのプロフィールや、『西郷どん』での役どころ、史実とドラマとの違いなどまとめます!

スポンサーリンク

小柳ルミ子のプロフィール

  • 生年月日・・・1952年7月2日(現在65歳)
  • 本名・・・小柳 留美子
  • 出身地・・・福岡県福岡市早良区
  • 出身学校・・・宝塚音楽学校
  • ヒット曲・・・「瀬戸の花嫁」、「お久しぶりね」
  • 主な出演映画・・・「誘拐報道」、「白蛇抄」
  • 朝ドラ歴・・・「虹」、「こころ」
  • 大河ドラマ歴・・・「琉球の風」
  • 授賞・・・日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、最優秀主演女優賞など

宝塚で娘役だった小柳ルミ子さんは、卒業後は朝ドラに出演した後、歌手としてデビュー。

というより小柳ルミ子さんは、歌手になるために宝塚を経由した人です。

渡辺プロダクションに歌手になりたいと申し出ると、「宝塚で主席になったらね!」と言われてので主席になったという、めちゃくちゃ根性がある人なんです。

 

1970年代はアイドルだった小柳ルミ子さん。

アイドルを経て、歌手&女優として紆余曲折ありながらずっと進化し続けて、今ではサッカー解説者にまでなりました。

好きなこととはいえ、勉強熱心で尊敬します!

そんな小柳ルミ子さんが『西郷どん』で演じる由羅(ゆら)の役どころとは…?

スポンサーリンク

小柳ルミ子が大河『西郷どん』で演じる由羅(ゆら)の役どころ

小柳ルミ子さんが『西郷どん』で演じる由羅(ゆら)は、薩摩藩主・島津斉興(しまずなりおき)の側室で、島津久光(しまずひさみつ)の母親です。

由羅は江戸の町人の娘です。

江戸の島津のお屋敷で女中として奉公していた時に、斉興に見初められました。

斉興と由羅の馴れ初めは、よくあるパターンですよね!

さぞかし由羅は、可愛いメイドさんだったんでしょう。

側室となってからも、斉興は由羅のことが大好きで、家臣がうざがるほど一緒にいたという設定です。

由羅は息子の久光のことが大事で大事で・・・次の藩主は正室の嫡男斉彬より、私の久光をー!という息子をベタベタ可愛がるママ、という役どころです。

 

結局、家臣の目に余るほど久光を大事にして斉彬を排除しようとしていたから、「お由羅騒動」が起きてしまうのです。

『おんな城主直虎』で浅丘ルリ子さんが演じてた寿桂尼を思い出すメイクです!

さて史実の由羅はどんな人だったのでしょう?ドラマと違う?

スポンサーリンク

小柳ルミ子が演じる由羅(ゆら)の史実

由羅(ゆら)の史実のプロフィールはこちら!⇩

  • 1795年(寛政7年)生れ
  • 1866年12月4日(慶応2年10月28日)没・・・享年71
  • 名前は由羅、遊羅
  • 大工の娘 or 八百屋の娘 or 船宿の娘と言われている。
  • 子供は3人産んだ。

江戸の町人の娘であった由羅は、薩摩藩の江戸のお屋敷で奉公していた時に藩主斉興に見初められました。

ものすごく好みの可愛い女性だったか、めちゃくちゃ美人ったか…見たい。

斉興からは正室より側に置いてもらっていたというので、「寵愛を受けていた」ってことですね。

基本的には薩摩の藩邸で暮らしたそうですが、江戸にも連れて行ってもらえるほど斉興は由羅のことが好きだったと言われています。

 

由羅は斉興の子供を3人出産しました。

  1. 智姫
  2. 久光
  3. 唯七郎

でも一人目と3人目は夭折(幼くして亡くなること)。

そうなると二人目の子供・久光が可愛くて仕方なかっただろうなーと想像します!

スポンサーリンク

1824年に正室・弥姫(いよひめ)が亡くなり、由羅は正室のような待遇を受けて、斉興から大切にされます。

でもいくら由羅が正室のように大切にされていても、息子の久光の上には嫡男・斉彬(なりあきら)がいたわけです。

由羅は斉彬のことを嫌って、斉興に斉彬ではなく久光をプッシュしていたこともあって、斉彬の子供が次々に夭折したのは由羅が呪ったせいじゃないか!?と家臣の中で噂になりました。

そして斉彬を藩主にしたい家臣たちが謀をして失敗し、赤山靱負(演・沢村一樹さん)たちが思い処罰を受けました。←後に「お由羅騒動」と言われることとなるのですが、由羅のせいだけじゃないのです!

 

そもそも島津家は斉興の祖父が西洋かぶれで藩の財政が傾いた経験がありまして

同じく西洋かぶれの斉彬が藩主になることを不安視した斉興がなが~く藩主の座に居座ったことで起こったと考えられています。

由羅も災難だったと言えるかも?

 

さて・・・由羅は、斉彬が亡くなり、久光の息子・忠義(ただよし)が藩主になってから亡くなりました。

71歳まで生きた由羅の子孫のその後は、天皇家へ嫁いだのです!!!

由羅の孫の孫が昭和天皇の妃・香淳皇后(こうじゅんこうごう)になりました!

というわけで由羅ちゃんは、今生(平成)天皇陛下のご先祖なのです。

江戸の町民が、大名家に嫁ぎ、子孫は天皇家へ・・・

4代越しの女下克上ストーリー!?

同じ女として尊敬の気持ちで、小柳ルミ子さん演じるちょっと怖めなお由羅の方を楽しみたいです♪

スポンサーリンク

 - 人物, 大河ドラマ