NHKあの番組の制作費は?受信料を払うからには知りたい!大河ドラマ~紅白まで

   

NHKの受信料、払うからには何にどれくらい使われたか知りたい!

と思うのは当然じゃないですか?

そこで、NHKの代表的な番組に、どれくらい制作費を使ったのか調べてみました!

スポンサーリンク

NHK大河ドラマの制作費

これまでのNHK大河ドラマの制作費は

  • 義経」(2005年)・・・約32億円(49話)・・・6,440万円/1話
  • 「功名が辻」(2006年)・・・約30億円(49話)・・・6,110万円/1話
  • 「風林火山」(2007年)・・・約30億円(50話)・・・6,080万円/1話
  • 篤姫」(2008年)・・・約30億円(50話)・・・5,910万円/1話

 

少し前の大河ドラマの制作費ですが・・・今も大差ないと思います。

平均して5,800万円/1話

 

毎週見ている大河ドラマに、たった45分で5,800万円

今度から心して観ます(-_-)。

NHK朝ドラ(連続テレビ小説)の制作費

朝ドラは対がと比べて、安っぽく見えますが、特に問題ないレベルだと思うし、けっこうこだわりを感じられます。

そんな朝ドラの制作費は・・・

総額15億6,000万円!

単純に計算すると、1,000万円/1話の計算です!

毎回毎回、同じくらいの制作費だったわけではなく、曲入りで、800万~5,000万円/1話という情報もあります!

 

800万円~5,000万円って・・・

それって適当な金額なのでしょうか?

 

民放ドラマの制作費と比較

NHKのドラマ制作費が高額なのか、普通なのか、民放のドラマ制作費とくらべてみないとわかりませんよね?

そこで調べてみると、民放のドラマの制作費は

2,000万円~4,000万円/1話

 

15分の朝ドラが800万円~5,000万円/1話なので、朝ドラは45分あたり2,400万円~1億5,000万円/1話。

ということは、朝ドラは民放ドラマと比べて、平均かそれ以上の制作費ってことですね。

 

でも大河ドラマは5,800万円/1話なので、民放ドラマの平均の上を行く制作費。

そりゃあ、民放が真似出来ない豪華なドラマになるはずですね。

スポンサーリンク

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』は制作費もスケールが違う!

司馬遼太郎さん著の『坂の上の雲』が、NHKによって2009年から2011年にかけてドラマ化されたことを覚えていますか?

映像化するのは無理だと言われていた、スケールの大きな戦争を扱ったドラマ『坂の上の雲』。

その総製作費は250億円!

ちなみに、2012年に公開された映画「ホビット」の制作費は257億2,000万円。

そして、「ホビット」と同程度の制作費をかけたドラマ「坂の上の雲」の平均視聴率は14.5%だったのです。

NHKは誰のために「坂の上の雲」をドラマ化したんでしょう…。

 

しかも制作費が巨額だったので、1年の予算では落としきれず、仕方なく3年またぐドラマになったのでした。

スポンサーリンク

 

NHKスペシャルの制作費

NHKスペシャル、観てますか?

私は毎回じゃないけど興味のある回は観てますね。

ナレーションが静かで、民放みたいに同じことを何度も言わないところが好きなのですが・・・時々大失敗もする番組だという認識です。

佐村河内守の『魂の旋律〜音を失った作曲家〜』とか・・・

取材中に分からないの?と思いましたが、NHKホームページにこのような謝罪文が掲載されました。

これまでNHKは、佐村河内守氏をとりあげた番組やニュースを放送してきましたが、本人が作曲していなかったことや、全聾ではなかったことに気づくことができませんでした。 視聴者のみなさまや、番組の取材でご協力いただいた方々に、改めてお詫びいたします。 なぜ、こうした事態を防げなかったのか、調査の結果をご報告いたします。

出典:NHKホームページ

その「NHKスペシャル」1回あたりの制作費は、約3700万円以下。

放送は年間50回なので、3,700万円✖50=18億5,000万円。

ドキュメンタリー番組として、民放の倍くらいの制作費だと言われています。

NHK、節約しつつ良いものを作るという思考がないのか疑問に思います。

 

NHK紅白歌合戦の制作費

かつて国民の多くが1年の締めくくりに家族で楽しんだ紅白歌合戦。

制作費は3億円が目安。

出演者のギャラは、さぞかし・・・と思ったら、

一人あたり、3万円~50万円。

総額1,000万円!

ということは、出演者のギャラ以外に2億9,000万円

 

海外にいるアーティストの中継には、ウン千万円かかります!(MISIAのアフリカ中継は5,000~6,000万円でした!)

その分、ダンサー代をけずるためにAKB48やジャニーズにバックダンスをお願いするなど工夫はしているようですが・・・

今年の紅白では誰が中継で歌うのか注目ですね。

いや、その前に、全ての番組を制作する時に「これ国民から集めた受信料でやるべきこと?」と考えることは必要ですよね。

NHKには、素晴らしい番組がたくさんありますが、受信料で作るのに適正な制作費なのか、もっと世間に問うても良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 - 身近な疑問