柚木(ゆのき)道義【希望の党】実績や経歴・プロフィールは?小池批判の内容と本人の責任は?

      2017/10/27

希望の党の党員でありながら、党首の小池百合子都知事の批判を繰り返す柚木道義(ゆのきみちよし)氏の実績や経歴は?

党首の小池百合子氏と批判している内容や、自分の責任はどこに行った!?

スポンサーリンク

柚木道義【希望の党】実績や経歴・プロフィールは?

柚木道義(ゆのきみちよし)氏の政治家になるまでと、政治家になってからの経歴・プロフィールに分けてみてみましょう!

政治家になるまで

  • 生年月日・・・1972年5月28日(2017年現在45歳)
  • 出身地・・・岡山県倉敷市
  • 出身中学・高校・・・金光学園中学校・高等学校
  • 出身大学・学科・・・岡山大学文学部哲学科心理学・社会心理学コース
  • 就職・・・株式会社有隣堂
  • 結婚・子供・・・いる(イクメン議員連盟の発起人)
  • 趣味・・・スポーツ(テニス、野球)、音楽
  • 親・兄弟・・・父と弟は陸上自衛官

柚木氏が中学、高校と通った金光学園は中高一貫の私立の学校で、神道系の宗教団体金光教の学校です。

あ、聞き馴染みのない宗教ですが、カルト教団ではないですよ。

浪人・留年せずに岡山大学を卒業していれば、大学を卒業したのは1994年です。

 

 

政治家になってから

ストレートに大学に行って卒業していれば、柚木さんの就職は1994年

それから8年後の2002年、政治家になるために、衆議院議員・江田五月氏の秘書になりました。

同年、民主党の候補者試験にも合格。

  • 2003年、第43回衆議院議員総選挙に民主党公認候補で出馬するも落選(当選は元首相の橋本龍太郎氏)
  • 2005年、第44回衆議院議員総選挙に再度出馬し、初当選
  • 2009年、第45回衆議院議員総選挙でも再選
  • 2012年10月2日、野田第3次改造内閣で財務大臣政務官になった
  • 2012年12月、第46回衆議院議員総選挙で、小選挙区の岡山4区で落選するも、比例で復活当選
  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙で、小選挙区の岡山4区で落選するも、比例で復活当選
  • 2016年3月27日、民主党と維新の党が合流したので、流れで民進党の党員になった

政治家になってからの流れを見ていると、民主党が勢いのあった時は、小選挙区でも当選したのかな、と感じます。

そして45歳にして衆議院議員をして4期務めている柚木氏はスゴイと思います。

後半の2期も、今回の「希望の党」として当選したのも比例で復活当選。

 

柚木氏のキャッチフレーズは

「これだけは柚(ゆず)れない」

ダジャレ!?

 

 

因みに・・・

2016年に、母校の金光学園の同窓会名簿に柚木氏の名刺広告を掲載したことが、

公職にある議員が選挙区内の人へのあいさつを目的とする広告を、有料で新聞やビラなどに掲載することを禁じる。

という公職選挙法に触れるということで、刑事告発されました。

きっと、知らずにやったんだと思います…。

 

母校の同窓生による講演会の会費は、2,000円/年で、カンパは一口1,000円だそうです。

 

そして柚木氏の理念はこちら。⇩

「将来世代にツケを残さない政治を」「若者に夢を」「現役世代に安定を」「お年寄りに安心を」ただし、厳しい政策でも勇気を持って進めるのが責任ある政治

国会改革 政権交代の時代に入り、与野党批判合戦から与野党対話の政治へ

格差是正&競争原理の両立スタート地点が違っても、努力すれば報われる社会を障がいがあっても教育・就労・生活支援で支えあう社会を(NPO支援含む)

安定したいー!

ぜひ実現させて下さい! 身を粉にしてがんばってください!

スポンサーリンク

柚木道義【希望の党】小池批判の内容と本人の責任は?

希望の党のおかげで、比例で復活当選した柚木道義氏が小池百合子氏を批判している内容はこちら。⇩

「第2自民党になるなら、今この場で解党してほしい」

「『排除発言』で180人もの優秀な候補が戦死した。血が流れるどころか、血しぶきが飛び散った選挙だった」

 

柚木氏が「ひるおび」に出演していた時の動画はこちら!⇩

↑クリックで動画にとびます。

八代英輝弁護士が柚木氏にド正論をぶつけてました。

私も無所属で立候補することより小池氏の作った「希望の党」から立候補したのは、柚木道義氏の責任だと思います

そして比例で復活当選できた恩を忘れず、期待できる政治家になって欲しいです。

まぁ、小池氏が正しかったとは思いませんけど、なんかモヤモヤしますね。

イクメン議員連盟にもモヤモヤします。笑

 

あと、前髪はかき上げるくらいなら、切った方が良いです。←余計なお世話。

スポンサーリンク

 - 人物, 身近な疑問