石橋和歩の賠償金の額は?保険?自腹?トラックの運転手の過失はどうなる?

   

日本中をやるせない気持ちにさせた東名高速で罪もない夫婦の命を奪った石橋和歩容疑者。

刑事事件として有罪になっても罰が軽いことから、民事訴訟が起きた場合の賠償額が注目されています。

もし被害者の遺族が民事訴訟を起こした場合の賠償金の額はどれくらい?

保険で支払える?それとも自腹?

追突してしまったトラックの運転手の過失はどうなるのでしょう?

スポンサーリンク

石橋和歩の賠償金の額は?保険?自腹?

民事訴訟で石橋和歩容疑者に請求されるであろう賠償金の額は、どれくらいになるのでしょうか?

賠償金の額は?

賠償金の額の決め方は、

「もし亡くなった被害者が生きていたら、どのくらいの収入があったか」を基準にします。

弁護士法人みらい総合法律事務所の谷原誠弁護士によると

今回の場合は、被害者の萩山嘉久さん(45歳)が、もし生きていたら、数千万円から1億円超。

奥さんの友香さん(39歳)が、もし生きていたら数千万円と仮定できるといいます。

更に、萩山夫妻の二人の娘さん達は、目の前で両親をなくしたというひどい事件で、心の傷は計り知れません。

だから娘さん達の精神的苦痛も加えると数百万円(安過ぎて泣けます!)

 

ということで、石橋和歩容疑者の賠償金の額は・・・

数千万円~1億円+数千万円+数百万円=数千数百万円1億数千数百万円

 

賠償金の支払いは保険?自腹?

東名高速で萩山夫妻の命を奪ったこの事件は、交通事故であるとはいえ

加害者・石橋和歩容疑者も、被害者・萩山夫妻も車の外に出ていた、若しくは運転中ではない状態で起きた事故(事件)です。

だから自動車運転中に起きた事故ではないので、保険対象外になる可能性があるわけです。

自腹で数千数百万円1億数千数百万円!?

石橋和歩容疑者本人に経済力はありませんが、石橋和歩容疑者の父親は建設会社を経営しているようなので、ぜひ全額支払いしてもらいたい!

スポンサーリンク

石橋和歩の被害者トラックの運転手の過失はどうなる?

悪いのは100%石橋和歩容疑者のように思えますが、もしかしたら、トラックの運転手にも「車が停まっているはずがない」という思い込みを”過失”と解釈される可能性があります。

高速道路の追い越し車線で、停車して車から降りてトラブルを起こしている・・・そんなこと予想出来るはずもないのですが、もしトラックの運転手に過失があることになれば、トラック運転手もこの事故(事件)の賠償金を負担しなければならないかもしれません。

その場合、トラック運転手は、保険で支払える可能性が高いといいます。

そしてトラックの運転手が保険で支払えなかった分を、石橋和歩容疑者に請求されるというのが考えられるパターンですが…

私の個人的な考えですが・・・

被害者遺族は、トラック運転手より、石橋和歩容疑者に対して憤りを感じていると思うので、民事訴訟を起こすとしても石橋和歩容疑者のみを訴えるかも?

 

心ある弁護士さん、萩山さんの娘さんを助けてください!

スポンサーリンク

 - 身近な疑問