『昭和天皇物語』1巻(第5話)あらすじ&ネタバレと感想☆「衝撃の初授業」頑固一徹な杉浦重剛

      2017/12/12

ここでは『昭和天皇物語』第5話のあらすじ&ネタバレと超個人的な感想をまとめていきます!

現在、紙の本『昭和天皇物語』1巻の売り切れて、デジタル本でしか定価で手に入りません!!!

『昭和天皇物語』1巻(第6話)あらすじ&ネタバレと感想☆「手作りのハンコ」

『昭和天皇物語』1巻(第4話)あらすじ&ネタバレと感想☆「見切り発車の開校」

スポンサーリンク

『昭和天皇物語』1巻(第5話)「衝撃の初授業」登場人物

大正天皇・・・嘉仁(よしひと)天皇、迪宮たちの父、第123代天皇

迪宮(みちのみや)・・・大正天皇の長男、迪宮裕仁(みちのみや ひろひと)第124代昭和天皇

淳宮(あつのみや)・・・大正天皇の次男、淳宮雍仁(あつのみや やすひと)、秩父宮

光宮(てるのみや)・・・大正天皇の三男、光宮宣仁(てるのみや のぶひと)親王、高松宮

明治天皇・・・迪宮(みちのみや)の祖父・第122代天皇

足立タカ・・・皇孫の教育係

乃木希典(のぎまれすけ)・・・日露戦争で活躍した世界でも賞賛される将軍、明治天皇の崩御の後自刃

東郷平八郎(とうごうへいはちろう)・・・海軍元帥、東宮御学問所総裁

小笠原長生(おがさわらながなり)・・・東宮御学問所幹事、海軍大佐

浜尾新(はまおあらた)・・・東宮御学問所副総裁、前文部大臣

杉浦重剛(すぎうらじゅうごう)・・・明治・大正時代の国粋主義的な教育者で思想家、東宮御学問所で帝王学担当

白鳥庫吉(しらとりくらきち)・・・東宮御学問所の歴史担当、東京帝国大学教授、文学博士

スポンサーリンク

『昭和天皇物語』1巻(第5話)「衝撃の初授業」あらすじ&ネタバレ

大正3年、6月22日、帝王学の教育係となった杉浦重剛(すぎうらじゅうごう)は、人力車で御学問所へと急いでいた。

人力車を引く車夫は一人だが、もし何かあって迪宮殿下を待たせてはいけないので、車夫を2人頼む念の入れようだ。

 

浜尾新が小笠原長生に、杉浦重剛と逸話を話して聞かせた。

杉浦が学生の頃、文部省が選抜する海外留学生に選ばれ、イギリスのマンチェスター大学で学んでいた頃のことだ。

杉浦と親しくなったクロスという青年が、しつこくキリスト教徒になることを勧めてきたのだ。

断り続ける杉浦にクロスは、「日本人は生の魚を食べるから野蛮だ!」と言い、杉浦は、「イギリス人は血の出るような牛の肉を食べる。日本人よりもっと野蛮だ!」と言い返した。

 

頑固一徹、杉浦重剛とはそういう男だ。

 

講義の前に、歴史担当の白鳥庫吉(しらとりくらきち)が杉浦に挨拶したが、杉浦は講義のことで頭が一杯の様子だ。

 

最初の帝王学講義のテーマは「三種の神器」

 

「三種の神器」は鏡・玉・剣のことで、それぞれ智・仁・勇の三徳を示す。

 

更に杉浦は、「倫理」とは「実践躬行(じっせんきゅうこう)」。

身をもって、自分で踏み、自分で実行することだと迪宮に説いた。

 

杉浦の熱い講義の後、東郷平八郎は先の講義内容に不安を覚え、杉浦に草案の提出を求めた。

 

その頃、休み時間の教室では迪宮と一緒に学ぶ少年たちが、腕相撲をしてじゃれ合っていた。

迪宮は自分も参加したいと申し出たが、

「滅相もありません。殿下とは勝負など出来ません。」と断らられてしまう。

 

腕相撲を続ける級友たちを眺めながら、「いいな…」とつぶやく迪宮だった。

 

一方、杉浦の草案をチェックしていた東郷は、看過できない部分を見つける。

「天皇にとって何より大切なのは仁愛。

自らを犠牲にしてでも国民を大切に・・・」

 

これっは違う!

まるで天皇が臣民に仕える内容でなはいか!?

スポンサーリンク

『昭和天皇物語』1巻(第5話)「衝撃の初授業」感想!

杉浦重剛さん、相当骨のある人のようですね!

頑固の前に、崇拝するものがあって、それが明治天皇なのでしょうか。

杉浦重剛さんのような人が、いつも日本を支えてくれていたら、きっと軍国主義にならずに済んで、太平洋戦争など起こらなかったのかも・・・と考えてしまいます。

最近流行りの横綱の品格にも通じますね。

天皇が神であるのは、天皇が神のような類まれな優れた人格を持ってして初めて「天皇が神」となれるんだろうなぁと感じました。

 

そして、そんな人格者を育てるためには、孤独が必要なんでしょうか?

級友と腕相撲、したいよね。

 

今回、ストーリーには全く関係ない登場だった白鳥庫吉(しらとりくらきち)さん。

日本の東洋学発展に貢献した東洋史学者です!

今後どんな風に絡んでくるのか楽しみですね♪

『昭和天皇物語』1巻(第6話)あらすじ&ネタバレと感想☆「手作りのハンコ」

『昭和天皇物語』1巻(第4話)あらすじ&ネタバレと感想☆「見切り発車の開校」

 - コミックネタバレ, 漫画『昭和天皇物語』