『昭和天皇物語』1巻(第3話)あらすじ&ネタバレと感想☆「タカとボタン」東郷平八郎登場!

      2017/12/12

なんとなくしか知らなかった昭和天皇。

フィクションが含まれていることも理解しつつ、やっぱり興味がある能條純一さんの描く『昭和天皇物語』は武田鉄矢さんからも大絶賛されてましたね。

ここでは『昭和天皇物語』第3話のあらすじ&ネタバレと超個人的な感想をまとめていきます!

『昭和天皇物語』1巻(第4話)あらすじ&ネタバレと感想☆「見切り発車の開校」

『昭和天皇物語』1巻(第2話)あらすじ&ネタバレと感想☆「少年と軍神」乃木希典登場回!

スポンサーリンク

『昭和天皇物語』1巻(第3話)「タカとボタン」登場人物

嘉仁(よしひと)殿下・・・後の大正天皇

迪宮(みちのみや)・・・大正天皇の長男、迪宮裕仁(みちのみや ひろひと)第124代昭和天皇

淳宮(あつのみや)・・・大正天皇の次男、淳宮雍仁(あつのみや やすひと)、秩父宮

光宮(てるのみや)・・・大正天皇の三男、光宮宣仁(てるのみや のぶひと)親王、高松宮

明治天皇・・・迪宮(みちのみや)の祖父・第122代天皇

足立タカ・・・皇孫の教育係

乃木希典(のぎまれすけ)・・・日露戦争で活躍した世界でも賞賛される将軍

東郷平八郎(とうごうへいはちろう)・・・日露戦争で連合艦隊艦長だった。世界からも一目置かれる海軍元帥。

スポンサーリンク

『昭和天皇物語』1巻(第3話)「タカとボタン」あらすじ&ネタバレ

大正2年、迪宮(みちのみや)殿下は高輪の御所で弟たちとも離れて暮らしていた。

 

今日は久しぶりに両親兄弟が揃って団欒する日だ。

大正天皇陛下に、新しい生活に慣れたかと尋ねられた迪宮は、陛下を「おもうさま(御父様)」とよんでしまい皇后に叱られる。

 

皇子たちの帰りの時間となり、侍従たちが迎えに上がった。

迪宮はタカの顔をみるなり嬉しそうに、今度はいつ御所に来るのか?聞いてほしいことがある!と詰め寄った。

 

それを聞いた皇后は、「迪宮は母よりタカの方が好きなようね。」と嫌味を言う。

思わず黙る迪宮。

 

来春、迪宮は初等部を卒業する。

それに伴って御所内に学校を作ることになった。迪宮のためだけの学校だ。

考えたのは、亡き乃木院長。

 

その頃、学習院に東郷平八郎が来て、生徒たちに講義行った。

東郷は調子に乗りやすい性格らしく、生徒たちへの講義で「軍人になるなら海軍にしなさい。海軍なら死なない!」などと言ってしまう。

 

乃木希典は御所内に作る学校の総裁に、東郷平八郎をと遺言に残していた。

しかし、東郷は断った。

乃木は万人に愛される「徳」を持っていた。

しかし自分にそのような「徳」はない。

私は乃木にはなれぬ!

 

 

大正3年。

迪宮は電話でタカを呼び出した。

こんなことはめったにあることではない。

きっと誰にも言えず、困っていることがあるのだろう。

タカは急いで迪宮のところへ向かった!

 

高輪東宮御所にタカが到着すると、迪宮が正装をして登場した。

 

「タカ、前へ」

 

皆に聞こえない声でタカに言う迪宮。

実は迪宮は、正装の大礼服(たいれいふく)をのボタンをとめるのに手間取っていたのだ。

 

明治天皇が眠る伏見御陵に参拝に出かけるための正装だった。

侍従に何の要件だったのか問い詰められたタカは、「申せません。お許し下さい!」と答えた。

 

その頃、沼津御用邸にいる大正天皇から、東郷平八郎にすぐに来て欲しいと連絡があった。

要件は、御所内に作る学校の件だ。

スポンサーリンク

『昭和天皇物語』1巻(第3話)「タカとボタン」感想!

東郷平八郎さんね、イケメンなんです♡

映画俳優か!?

・・・スミマセン。m(_ _)m

でも本当にイケメンで!

『昭和天皇物語』に登場する東郷平八郎さんは、既にヒゲモジャのオジイサンで、イケメンには描かれていませんが、実物は相当イケメンだったみたいです。

でも身長は低かったというので、岡田准一さんみたいだったのかな?

出身は薩摩なので、やっぱり九州は目鼻立ちがはっきりした美男美女が多いのかも。

もちろん、明治時代だって、東郷さんのようなイケメンは、芸者さんにモテモテだったということです♪

性格は冷静沈着ではなく、わりと情熱的。

 

東郷さんは、海軍の司令官として超優秀で、世界最強のロシアのバルチック艦隊を倒した時のリーダーです!

そして、88歳で寿命を全うされた後、神社を建てられています。

ちなみに東郷さん本人は、東郷神社を作らないで欲しいと言ったそうですよ!

じゃあ、お参りする時「スミマセン…。」って言わないといけませんねー。

 

あ、『昭和天皇物語』の中に出てきたセリフ「軍人になるなら海軍がいい!海軍なら死なない!」的なセリフは本当に言ったそうで、陸軍元帥から叱られたって。

失言する今時の政治家みたい(笑)

 

さて、皇太子となった迪宮裕仁殿下、ボタンをとめれなくても側に頼める人がいない12歳の少年です。

どのように成長していくのでしょうか…

『昭和天皇物語』1巻(第4話)あらすじ&ネタバレと感想☆「見切り発車の開校」

『昭和天皇物語』1巻(第2話)あらすじ&ネタバレと感想☆「少年と軍神」乃木希典登場回!

 - コミックネタバレ, 漫画『昭和天皇物語』