北村有起哉朝ドラ『わろてんか』で団真役!どんな人?役どころやモデルとなった人物は?

   

北村有起哉さんが朝ドラ『わろてんか』で落語家・団真(だんしん)役を演じます!

クールな印象の北村有起哉さんってどんな俳優なんでしょう?

『わろてんか』での役どころは?

団真のモデルとなった人物はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

『わろてんか』で団真役の北村有起哉ってどんな人?

北村有起哉(きたむらゆきや)プロフィール

  • 生年月日・・・1974年4月29日(現在43歳)
  • 本名・・・芸名と同じ
  • 出身地・・・東京都
  • デビュー・・・1998年
  • 身長・・・179cm
  • 家族・・・父:北村和夫,姉:北村百合,妻:高野志穂

 

24歳から活動している北村有起哉さんは、お父さんが俳優の北村和夫さんです。

北村和夫さんは紫綬褒章など数々の受賞歴がある大物俳優です。ひょっこりひょうたん島の俳優もしていたんですよ!

お姉さんの百合さんも女優で、主に舞台を中心に活動しています。

 

奥さんは女優の高野志穂さん!2013年に結婚し、現在3歳になる息子さんがいます。

北村有起哉さんのブログには、息子さんが遊んでいるようすなど、素敵な写真があって、休みの日はイクメンしてるんだなぁとホッコリします♪

北村有起哉さんのブログはこちら

代表作品

 

この方を見に行ってきた #北村有起哉 #彦根城まつり #彦根 #井伊直政公

芳昇さん(@yosinobo)がシェアした投稿 –

北村有起哉さんの出演した代表的な作品は・・・

 

  • 映画・・・「太陽の蓋」主演・鍋島役、「関ヶ原」井伊直政役
  • ドラマ・・・「赤めだか」落語家・立川談々役、「ちがえもん」竹本義太夫役、「八重の桜」秋月悌次郎役

北村有起哉さんは朝ドラ出演は、初めてかもしれませんが、大河ドラマは過去3作に出演!

  • 『義経』(2005年)・・・五足役
  • 『江〜姫たちの戦国〜』(2011年)・・・豊臣秀次役
  • 『八重の桜』(2013年)・・・秋月悌次郎役

更に2018年の大河ドラマ『西郷どん』で大山格之助(綱良)役を演じます!

では『わろてんか』での役どころは?

スポンサーリンク

北村有起哉『わろてんか』で演じる団真の役どころは?

朝ドラ『わろてんか』で北村有起哉さんが演じるのは、落語家の団真(だんしん)。

先代・月の井団吾師匠の一番弟子です。

団真の落語の腕は?

団真(北村有起哉さん)の落語の腕は確かなもので、優秀な弟子でした。

藤吉(松坂桃李さん)は団真の落語を聴いて感心したほどの腕前です。

妻・お夕も団真の落語の才能を認めています。

しかし団真本人は、弟弟子の団吾(波岡一喜さん)という転載を目にして、完全に自身を失っています。

 

私生活は?

団真(北村有起哉さん)は師匠の娘・お夕(中村ゆりさん)と恋に落ち、駆け落ちしてしまいます。

駆け落ちした団真は、師匠には破門され、まともに寄席に出ることは出来ませんでした。

 

生活費を稼ぐために、弟弟子、団吾の名を語り、ほそぼそと稼いで生きてきました。

しかし大阪で妻・お夕とはぐれてしまった団真は、団吾の名を語って万々亭で無銭飲食しようとしたところ、偽物だとバレてしまいます。

 

偶然、てんに助けられていたお夕と再会することが出来るのですが、師匠に破門された上に自分の落語に自身を失っていた団真は自暴自棄になっているのでした。

 

お夕をめぐって、かつては仲が良かった弟弟子の団吾との関係は、大きな溝が出来ていたが、てんと藤吉のお陰で仲直りする。

その後、団吾は北村笑店と専属契約を結ぶが、団真は・・・お楽しみで!(笑)

 

スポンサーリンク

『わろてんか』団真のモデルはいる?

月の井団吾のモデルは、分かりやすい人がいましたが・・・

団真のモデルは特定が難しい!

師匠の娘は弟子ではなく、太夫元の平野三栄という人と結婚しています。

なので、団真は『わろてんか』のオリジナルキャラクターかとおもいます。

 

東京出身の北村有起哉さんですが、大阪弁の役を演じることは時々あるので、今回も違和感なく団真を演じてくれそうです。

それに落語家の役も初めてではないので、ドラマ中に本当に落語を見せてもらえるのか注目したいですね♪

朝ドラ『わろてんか』のあらすじ・ネタバレはこちら

朝ドラ『わろてんか』月の井団吾役の波岡一喜さん・モデルについてはこちら

朝ドラ『わろてんか』お夕役の中村ゆりさんについてはこちら

 - 人物, 朝ドラ