『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話あらすじ・ネタバレ&感想「弥彦の刀」

   

9月から始めた和月伸宏(わつきのぶゆろ)氏作の新連載「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編」は連載中止になるのでしょうか?

ここでは第3話のあらすじ・ネタバレ&感想をまとめています!

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第1話あらすじ・ネタバレ&感想「明治十六年神谷道場」

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話あらすじ・ネタバレ&感想「函館山交戦」

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話あらすじ・ネタバレ「弥彦の刀」

↑『るろうに剣心』北海道編の第3話は、こちらのジャンプSQ.に掲載されています。

 

では第3話の主な登場人物と、あらすじ・ネタバレです♪

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話の主な登場人物

  • 緋村剣心(ひむら けんしん)
  • 神谷薫(かみや かおる)
  • 緋村剣路(ひむら けんじ)
  • 明神弥彦(みょうじん やひこ)
  • 井上阿爛(いのうえ あらん)
  • 長谷川明日郎(はせがわ あしたろう)
  • 久保田旭(くぼた あさひ)
  • 三条燕(さんじょう つばめ)
  • 神谷越路郎(かみや こしじろう)・・・写真で登場

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話のあらすじ・ネタバレ

弥彦は薫や神谷流の門下生が止めるも、剣心の体力が落ちていないか試すために戦った。

剣心の体力は、確かに落ちていた。

しかし、強さの天井は一寸たりとも落ちてない。

弥彦の手は傷だらけだ。

 

弥彦は、今の剣心は北海道に行っても大丈夫だと思った。

 

そして北海道へ向けて出発の日、船に乗っているのは、

  • 剣心
  • 剣路
  • 阿爛
  • 明日郎

の6人。

見送った弥彦を心配する燕に、弥彦は言った。

「俺たち一緒に暮らそうか?」

 

その頃東京に向けて、ある男が帰ってきた。

その男の背中には「悪」の一文字が!

 

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話の感想!

剣心って体力が落ちても、強さは変わらないんですね!

技があるから? 知恵?

ともかく、強さが変わらないなら良かった!

細かいシーンはかなり省略したので、詳しくはジャンプSQ.にてどうぞ!

 

で、弥彦は道場で同棲するの!?

燕ちゃんは何て返事するのかなぁ?

 

それと、北海道に連れて行かれる、薫のお父さんとは関係ない、阿爛、明日郎、

護衛?

まぁ、函館には絶対揉め事が待っているから、多いほうが良いでしょうね。

特に明日郎は役に立ちそうだし!

 

さて、最後に登場した背中に「悪」の文字がある人物は・・・

東谷央太(ひがしだに おうた)!?

あれ?でも設定では央太は明治6年生まれ。

この北海道編の物語は、明治16年でスタートしたはずだから、10歳!?

そんな少年の背中には見えないけど?

あれ?じゃあ、誰なんでしょう?

 

これで連載中止になったら、残念すぎます!

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第1話あらすじ・ネタバレ&感想「明治十六年神谷道場」

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話あらすじ・ネタバレ&感想「函館山交戦」

 - コミックネタバレ