『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話あらすじ・ネタバレ&感想「函館山交戦」

   

9月から始めた和月伸宏(わつきのぶゆろ)氏作の新連載「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編」は連載中止になるのでしょうか?

ここでは第2話のあらすじ・ネタバレ&感想をまとめています!

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話あらすじ・ネタバレ&感想「弥彦の刀」

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』あらすじ・ネタバレ第1話「明治十六年神谷道場」

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話あらすじ・ネタバレ「函館山交戦」

↑『るろうに剣心』北海道編の第2話は、こちらのジャンプSQ.に掲載されています。

では第2話の主な登場人物と、あらすじ・ネタバレです♪

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話の主な登場人物

  • 緋村剣心(ひむら けんしん)
  • 神谷薫(かみや かおる)
  • 緋村剣路(ひむら けんじ)
  • 明神弥彦(みょうじん やひこ)
  • 井上阿爛(いのうえ あらん)
  • 長谷川明日郎(はせがわ あしたろう)
  • 久保田旭(くぼた あさひ)
  • 三条燕(さんじょう つばめ)
  • 神谷越路郎(かみや こしじろう)・・・写真で登場

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話のあらすじ・ネタバレ

函館山の断崖を登っていく人影を目撃したという漁師の言葉により、警官は山を捜索した。

しかし捜索にあたった警官3名は死亡。

更に、警官を襲った犯人の逮捕に向かった警官たち、10名も亡くなった。

 

犯人の要求は

  • 官憲(警察や軍隊)の函館からの撤退
  • 商工会への資金提供
  • 市民へ武器の提供

気がつくと、軍と一緒に行動していたただ一人の警官の姿はなかった。

 

犯人は、銃を捨てて剣で勝負することを望んでいる。

軍人は構わず犯人に向けて発砲したが、なんと犯人は素手で銃の弾を受けたのだ!

 

弾丸の推進と回転に打ち勝つ握力があれば可能なことだと、犯人は言う。

 

軍は更に発砲を続けたが、縦のようなものに阻まれてしまった。

しかしそれは盾ではなく、「奇剣」であり、もう一人人物が現れた。

 

そして土の中からもう一人!

どうやら犯人たちは3人いるようだ。

 

弾丸を素手で受ける者、奇剣を扱う者、石を弾丸のように発する者。

彼らは「剣客兵器」だと名乗った!

 

北海道の未開地に、正体不明の武装集団あり

 

先程まで姿を消していた警官が現れた!

その者は”警視庁特務担当 藤田五郎”と名乗るが、真の名は・・・

元新撰組三番隊長、斎藤一(さいとうはじめ)!

 

その頃東京では、薫と剣心たちが北海道へ行く準備をしていた。

弥彦は神谷道場の留守を預かるつもりでいたが、薫は剣心の身体の心配をしていた。

でも北海道で何かあれば、必ず戦うだろう。

心配する薫を見て、弥彦は言った。

「北海道へ行く前に、もう一度オレの腕を試してくれ!」

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話の感想!

やっぱりー!

明治で函館と暮れば、新撰組出るよねー!

しかも「斎藤一(さいとうはじめ)」って実在してる人です!!!

 

斎藤一さんは、新撰組隊士で、三番隊組長だった人。

明治維新後に、警視庁の警察官となったのも史実通り。

西南戦争では、西郷隆盛軍とも戦ったんですよ!

新撰組の人たちは、戦って散ったイメージがありますが、斎藤一さんは、長生きして72歳で病気で亡くなりました。

 

そして、この話の流れだと、絶対3人の正体不明の武装集団と、斎藤一と剣心が戦うんですよね!?

第3話はどこまで話が進むのか…第4話までは発売されますよね?

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第3話あらすじ・ネタバレ&感想「弥彦の刀」

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』あらすじ・ネタバレ第1話「明治十六年神谷道場」

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ