『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』あらすじ・ネタバレ第1話「明治十六年神谷道場」

      2017/11/22

2017年11月21日、女児の児童ポルノ動画を持ってたことで警視庁に書類送検された人気漫画「るろうに剣心」作者の和月伸宏(わつきのぶゆろ)氏。

9月から始めた新連載「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編」はどうなるのでしょう?

ここでは第1話のあらすじ・ネタバレ&感想をまとめています!

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話あらすじ・ネタバレ&感想「函館山交戦」

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』あらすじ・ネタバレ第1話「明治十六年神谷道場」

 

一定是助手告密。 #るろうに剣心 #密告者は助手 #だろ #冨樫仕事しろ

Luke Chenさん(@wosopu)がシェアした投稿 –

かつて・・・、明治 11 年、東京に“流浪人”を名乗る剣客が流れ着いた。人斬りの罪を背負ったその男は血塗られた刀を不殺(ころさず)の逆刃刀に持ち換え、神速の飛天御剣流を以て多くの人々を救うべく、強敵・難敵と死闘を繰り広げた。

では北海道編の第1話の主な登場人物とあらすじです。

主な登場人物

    • 緋村剣心(ひむら けんしん)
    • 神谷薫(かみや かおる)
    • 緋村剣路(ひむら けんじ)
    • 明神弥彦(みょうじん やひこ)
    • 井上阿爛(いのうえ あらん)
    • 長谷川明日郎(はせがわ あしたろう)
    • 久保田旭(くぼた あさひ)
    • 三条燕(さんじょう つばめ)
  • 神谷越路郎(かみや こしじろう)・・・写真で登場

 

第1話のあらすじ&ネタバレ「明治十六年神谷道場」

18年の時を経て、幕末最強の刺客
そしてふさ”不殺の流浪人”の新章が開幕する!

明治16年神谷活心流道場は、随分と賑やかになった。

弥彦井上阿爛(いのうえ あらん)と長谷川明日郎(はせがわ あしたろう)を呼んでいる。

 

阿爛が神谷流の秘伝書を読んで、わかったつもりになって弥彦に勝負を仕掛け、秒でやり返された。

 

現在、井上阿爛は神谷活心流道場の門下生。

明神弥彦(みょうじん やひこ)は、師範代だ。

 

主人公・緋村剣心(ひむら けんしん)は、5年前、神谷活心流道場に流れ着いて、神谷薫(かみや かおる)と夫婦になった。

そして息子・緋村剣路(ひむら けんじ)がはすくすく育っていた。

 

弥彦の恋人・牛鍋屋の看板娘の燕ちゃんが慌ててやって来た。

明日郎が警察沙汰になっているのだと言うのだ。

 

お金のない明日郎がお腹をすかせて牛鍋屋の前にいる時、お金がないなら日雇いの仕事を紹介されて、牛鍋屋でバイトしていた。

そこに旭と旭の郷のものが現れた。

 

旭は自由の身になるために、5年かけて自分の見受け代の2百円をためていた。

しかし、旭の見受け代は2千円だと言われ、途方もない金額に愕然としていた。

旭は字が読めないバカだと罵られ、明日郎も旭の見受け話に巻き込まれる形で、郷のものと場外乱闘になったのだ!

大騒ぎとなった明日郎の乱闘は、警察にみつかり、警察沙汰になったというわけだ。

 

力ずくで明日郎の乱心を止めた剣心は、必死に警察を説得し、明日郎はお咎めなしとなった。

 

旭は神谷道場の仲間となり、明日郎と一緒に阿爛から読み書きを襲われることになる。

その夜、旭の郷のものが残していったものを剣心たちが見てみると、一人の男の写真が入っていた。

「お父さん!?」

写真の男は、薫の父・神谷越路郎だったのだ!

写真の裏には、❝明治十六年 北海道 函館❞と書かれている。

南の戦地で死んだと思われていた薫の父親は、北の大地で生きている!?

 

なぜ帰ってこないのか?

いや、詮索は後でいい。

迎えに行こう!

 

その頃函館では、軍と一人の警官が、山頂の逆賊を排除しようとしていた。

スポンサーリンク

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第1話の感想

わー!剣心がフワッとしたお父さん♪

 

5年かけて貯めたお金の10倍が必要だと言われた旭、辛い・・・

でも、明日郎の大騒ぎで、どさくさに紛れて神谷道場の門下生になれて、超運が良いです♪

読み書きも教えてもらえることになったし、これからは幸せになって欲しいな。

 

薫のお父さんの写真、何なんでしょうね?

全くわからないけど、本当に函館にいるのかも不明。

 

函館って、土方歳三がいたのは明治元年と2年だしなぁー。

函館で何が起きてるのでしょう!?

 

 

児童ポルノ所持で書類送検されてしまった作者の和月伸宏氏。

大手出版社のコミック担当の人によると

「当然ですが一旦休載、ほとぼりが醒めるまで最低でも1〜2年は(連載再開は)無理でしょうね。出版社によっては一発でアウトの事案ですが、ジャンプ系の場合は、過去に連載中の漫画家が児童買春事件で逮捕。2年ほどインターバルをあけて、新連載を始めたことがあります。ただ逆に、それを思い出した人が余計に叩く――それによって、もっと延びるか、打ち切りもあり得るかも。特に『るろうに剣心』は女子に人気の作品ですから、かなり騒ぎが大きくなる可能性が高いですね」

とコメントしています。

12月に発売の1月号は普通に発売されるのでしょうか?

その後は連載一旦打ち切り?

「るろうに剣心」の絵からは、小さい女の子愛は感じないんだけど…

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編』第2話あらすじ・ネタバレ&感想「函館山交戦」

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ, 身近な疑問