大阪市吉村洋文市長ってどんな人?経歴や家族は?イケメン弁護士&政治家でどんなキャラなの!?

   

大阪市の吉村洋文市長って、政治家のオジサンにありがちなメタボ感が全然ないし、若そうだしどんな人なのか気になります!

それと、イケメンが市長なのは大歓迎だけど、どんな政治家なのかチェックしました。

経歴や家族は?政治家としてのキャラは?

スポンサーリンク

大阪市吉村市長の経歴は?イケメン弁護士&政治家

まず吉村洋文大阪市市長の簡単なプロフィールをチェックします。

  • 生年月日・・・1975年6月17日(現在42歳)
  • 出身地・・・大阪府河内長野市
  • 出身高校・・・大阪府立生野高校
  • 出身大学・・・九州大学法学部
  • 職歴・・・弁護士・大阪市議・衆議院議員・大阪市長
  • 所属政党・・・大阪維新の会(政調会長)
  • 尊敬する人・・・橋下徹さん

吉村洋文市長はサラリーマンの過程に生まれ、地元大阪の超進学校・生野高校に通いました。

現在の生野高校の偏差値は70~73で、2017年は卒業生の半分以上が関西大学に進学し、京大や阪大、大阪市立大にも卒業生の多くが進学しています。

 

吉村市長の経歴、ややこしいので年表にしちゃますね。

  • 平成6年3月・・・生野高校卒業
  • 平成10年3月・・・九州大学法学部卒業、司法試験合格
  • 平成12年12月・・・弁護士登録
  • 平成17年1月・・・熊谷信太郎法律事務所から独立
  • 平成23年4月・・・大阪市議に立候補・当選
  • 平成25年5月・・・税理士登録
  • 平成26年12月・・・衆議院議員立候補・当選
  • 平成27年10月・・・衆議院議員を辞職・大阪市長に立候補・当選

現在も弁護士としてスター綜合法律事務所に所属しているようです。

弁護士としての取扱分野は

M&A、組織再編、企業間契約・商取引、著作権・商標、人事・労務、企業法務、交通事故、相続、損害賠償、債権回収、破産、再生、債務整理、その他一般民事・家事全般

刑事事件以外、わりと何でもやってくれる?

でも市長として忙しいから、担当してくれないですよね?

 

吉村洋文市長は、橋下徹さんからべた褒めされる優秀な人ということで、現在は大阪市を、これからは大阪維新の会を引っ張っていく人になるはずなのですが・・・

これほどのイケメン元市議で、元衆議院議員なのに、話題になったことがないんですよね。

だから、市長になって初めて知った人も多いのですが・・・

吉村洋文市長のプライベートや、政治家として、一体どんなキャラなのでしょうか?

スポンサーリンク

大阪市吉村市長の家族は?政治家としてどんなキャラなの!?

なぜか今まで話題にならなかった吉村洋文市長。

まずは家族を調べてみました。

吉村洋文市長の両親・兄弟

吉村洋文市長の両親情報、兄弟情報はとても少ないのですが

お父さんは、設計系のお仕事をされていたサラリーマンだったそうです。

お母さん情報は、残念ながら「なし」です。

兄弟は、お兄さんが一人いるようです。

吉村市長のお兄さんの職業は、サラリーマンで、ソニーの子会社にお勤めという噂があります。

吉村洋文市長の嫁・子供

吉村市長の奥さんは、北海道釧路市出身の美人と言われています。

奥さんが東京で働いている時、吉村市長も東京の法律事務所で働いていて、合コンで知り合ったそうです!

「弁護士さんとの合コン」かぁ! 

 

ともかく、美人で素敵な奥様と結婚した吉村市長には、3人の子供に恵まれました。

その子供達とは、双子の姉妹と男の子。

双子の娘さん達は、現在(2017年)11歳で

息子さんは、現在8歳ということです。

休日は吉村市長が公文の丸つけをしてあげたり、一緒にサッカーをしたりしているそうです。

吉村市長は、高校生の時にラグビー部に入り、かなりガッツリラグビーをやっていたようなので、もともとスポーツマンのはず。サッカーも上手そうですね!

 

吉村洋文市長のキャラは?

吉村洋文市長は、大阪市議の中でも「あんなシュッとしたイケメンいたかな?」と言われるほど、印象が薄いと言われています。

「あんな男前がいたら、印象に残ると思うんやけど・・・」

ホントにね。

皆さん、橋下徹さんばかり注目してたからかもしれませんよ。

そして吉村市長は橋下徹さんに比べて、発言が慎重ってこともあると思います。

そもそも橋下徹さんの発言が派手すぎたので!

 

調べてみると、吉村市長には

  • 北新地での女遊び
  • 弁護士時代の仕事の悪評

などが出てきました。

果たして、吉村洋文市長の爽やかな顔に裏の顔はあるのか・・・

吉村市長のこれからのしごとぶりを、じっくり見ていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 人物, 身近な疑問