笹野高史朝ドラ『わろてんか』で喜楽亭文鳥師匠役!役どころやモデルは?

   

笹野高史さんが朝ドラ『わろてんか』で喜楽亭文鳥役を演じます!

文鳥ってどういう人?役どころは? モデルとなった人はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

笹野高史が『わろてんか』で演じる喜楽亭文鳥の役どころは?

 

ふかぁ〜いシワ❗️

笹野高史さん(@awajiya88)がシェアした投稿 –

笹野高史さんといえば、最近は「スーパーサラリーマン左江内氏」で謎の老人を演じ、もっと最近では「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?」で第1話で倒れてしまう磯部真蔵という政治家のお爺さん役を演じました。

イメージとして、短時間でもとっても印象に残る俳優さんです。

笹野高史は普通の俳優なの?喜劇俳優なの?

 

ナンジャコリャ⁉️

笹野高史さん(@awajiya88)がシェアした投稿 –

まずは笹野高史さんのプロフィールを簡単に紹介しましょう!⇩

  • 生年月日・・・1948年6月22日(現在69歳)
  • 出身地・・・兵庫県津名郡多賀村(現:淡路市多賀)
  • 活動ジャンル・・・俳優
  • デビュー・・・1972年(24歳)
  • 子供・・・息子4人(全員俳優)
  • 特技・・・トランペット演奏

なんと、笹野高史さんは、17歳年下の劇団研究生の女性と結婚し、息子4人に恵まれて、現在は息子4人全員が俳優さんっていう、芸能一家なんです。

別に喜劇俳優ってことはないですが、最近コメディな役が目立ちますよね!

シリアスな役も相当こなしてるはずですけどね。

山田洋次監督の映画では常連で、時代劇にもよく出演されています。

自称「ワンシーン役者」と言うほど、どんなオファーも断らないそうです!

 

そんな笹野高史さんが『わろてんか』で演じる喜楽亭文鳥も、第7週くらいでしょうか。

 

笹野高史演じる喜楽亭文鳥の役どころは?

 

 

笹野高史さんが演じる喜楽亭文鳥というのは、落語家です。

髪型の伝統派落語の大御所で、藤吉(松坂桃李さん)がとても尊敬する人。

伊能製薬の行事にもよく出演しているということで、栞(高橋一生さん)とも接点があり、藤吉は栞から文鳥(笹野高史さん)を紹介してもらうことになります。

 

藤吉に寄席に出演してほしいと頼まれた時も、ただ小さな寄席だから断るのではなく、本気で藤吉にアドバイスしてくれる大物なのです。

最終的に、藤吉の情熱を理解し、1回だけという約束で、藤吉が席主をつとめる風鳥亭にしゅつえんしてくれました。

 

風鳥亭は喜楽亭文鳥(笹野高史さん)の出演をきっかけに、繁盛していくので、『わろてんか』のドラマでは重要人物ですね!

では喜楽亭文鳥のモデルとなった人はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

笹野高史が『わろてんか』で演じる喜楽亭文鳥のモデルとなった人は?

 

ビバリーヒルズー!

笹野高史さん(@awajiya88)がシェアした投稿 –

朝ドラ『わろてんか』のドラマ中で、喜楽亭文鳥(笹野高史さん)は、ヒロイン・てんと藤吉の寄席・風鳥亭が繁盛するチャンスを呼び込んでくれた大物落語家です。

では、『わろてんか』のモデルとなった吉本興業が、最初に経営した「第二文芸館」で最初に出演してくれた大物落語家はいたのでしょうか・・・?

 

いなさそうです。

 

吉本せいさんと吉兵衛夫婦が第二文芸館で寄席を始めた時に、最初から岡田興行部が芸人を派遣してくれていたので、伝統派落語の大御所に出演してもらっていないみたいです。

ということは、喜楽亭文鳥は『わろてんか』オリジナルキャラということでしょう!

因みに明治の上方落語は、「桂派」と「三友派」が有名どころで、その伝統的な世界に切り込んだのは吉本興業だったということです。

吉本興業って、お笑い界に革命起こしたんですね。

『わろてんか』では、あの可愛らしい”てん”がどう革命を起こしてくれるのか、「ワンシーン役者」の笹野高史さんもしっかり見ておこうと思います♪

スポンサーリンク

 - 人物, 朝ドラ