兵動大樹朝ドラ『わろてんか』で寺ギン役!役どころは?モデルはいる?何者なの?俳優歴はどれくらい?

   

兵動大樹さんが朝ドラ『わろてんか』に寺ギン役で出演します!

俳優歴はどれくらい?『わろてんか』での役どころは?

モデルとなった人はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

兵動大樹ってどんな人?俳優歴はどれくらい?

では早速兵動大樹さんのプロフィールを簡単に紹介します!

  • 生年月日・・・1970年7月24日(現在47歳)
  • 出身地・・・大阪市西淀川区
  • 所属事務所・・・よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 身長・・・172cm
  • 体重・・・84kg
  • 趣味・・・寝ること・ウロウロすること・おしゃべり・PC
  • 芸人デビュー・・・1990年
  • 俳優デビュー・・・2015年(?)

兵動大樹さんは、若い時に苦労した人で・・・といっても、幼少期からの苦労人です。

1歳の時にお父さんが亡くなられた後、お母さんが家を出ていったことから、父方のお婆ちゃんに育てられました。

ダウンタウンに憧れ、吉本に入りました。(同期のブレイクした芸人はナインティナイン)

1990年に結成したお笑いコンビ「矢野・兵動」ではボケ担当。

「人志松本のすべらない話」など、バラエティ番組にたくさん出演し、フジテレビのドラマ「無痛〜診える眼〜」で仁川 康男という刑事課長役を演じました。

兵動大樹さんは朝ドラ出演は初めてですが、1987年(16~17歳の時)に朝ドラ『はっさい先生』の大道具のバイトをしていたそうです!

そして30年経ち、『わろてんか』に役者として出演します!

そんな兵動大樹さんが演じる寺ギンってどんな役なんでしょう?

 

スポンサーリンク

『わろてんか』で寺ギン役の兵動大樹の役どころは?モデルとなった人物は?

兵動大樹さんが『わろてんか』で演じるのは寺ギン。

その役どころとモデルとなった人について紹介します!

兵動大樹演じる寺ギンの役どころは?

寺ギン(兵動大樹さん)が最初に『わろてんか』に登場するのは、藤吉(松坂桃李さん)のライバルとしてです。

寄席小屋・鶴亀亭を藤吉と同時に買い取ろうとした人物です。

寺ギン(兵動大樹さん)は芸人を派遣する商売をしていて、今で言う「芸能事務所」の経営者です。

なぜか『わろてんか』のドラマ中では”元僧侶”ということになっていて

「オチャラケ派」という芸人の一団を率いて、お笑いの世界に一つの革命を起こす役どころです。

 

兵動大樹演じる寺ギンのモデルとなった人は?

兵動大樹さんが演じる寺ギンと同じようなことをした人・・・それは”岡田政太郎”という人です。

江戸時代の終わりか、明治になってから生まれたのかは定かではありませんが、農家の次男として生まれ、岡田という家の養子になりました。

政太郎の養父は風呂屋を経営し、政太郎も家業をよく手伝いました。

やがて養父が亡くなってから風呂屋を継いだ政太郎は、「風呂政」と呼ばれるほど、風呂屋として大成功!

やがて、芸能界に興味があった政太郎は風呂屋を家族に任せ、自分は寄席の経営を始めました。

 

当時、一流の落語家たちは、新しく始めたような寄席には出てくれなかったので、政太郎が席主をする寄席には二流や三流の芸人ばかり。

それでも政太郎は、安くて面白ければお客さんは喜ぶはず!という経営方針で「浪速落語反対派(岡田興行部)」を作りました。

他にも、芸人を面倒見たり、お金を貸したりしていた政太郎の周りには、上方落語の落語家も集まるようになり、岡田興行部の勢力は大きくなりました。

 

政太郎の世話した人の中に、藤吉のモデルとなった吉本吉兵衛もいました。

 

政太郎と吉兵衛は、始めのうちは協力して事業を拡大していきましたが、徐々に吉兵衛が政太郎側の芸人を取り込んでいき、最後は岡田興行部は吉本興業に吸収合併されることとなります。

政太郎は、岡田興行部が吉本興業に合併された後、53歳で亡くなったということです。

 

・・・おい!藤吉!恩知らず!ってことかな?

いつの時代も、ビジネスの世界は厳しいのですね。

 

兵動大樹さんが演じる寺ギン、笑わせてくれるのかな?楽しみです♪

内場勝則『わろてんか』で鶴亀亭の亀井庄助役!実在するモデルとなった人物は?

前野朋哉朝ドラ『わろてんか』でアサリ役!どんな人?役どころは?auの一寸法師です

大野拓朗朝ドラ『わろてんか』でキース役!モデルは誰?天てれの課長で『とと姉ちゃん』にも出てました

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第6週「長屋暮らしとふたりの夢の寄席」朝ドラを最終回まで

スポンサーリンク

 - 人物, 朝ドラ