『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第8話)あらすじ&ネタバレと感想☆「脱衣」

   

最近読んだマンガ、椎名うみさん著の『青野くんに触りたいから死にたい』2巻、第8話のあらすじ、ネタバレと超個人的な感想です。

2巻の第7話では、青野くんが悪霊にならないように”Blue Cheer”発足!

さて第8話はどうなる?

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第9話)あらすじ&ネタバレと感想

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第7話)あらすじ&ネタバレと感想

スポンサーリンク

 

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第8話)のあらすじ&ネタバレ☆「脱衣」

 

 

堀江さんの分析では、青野くんの憑依と憑依が解けるときには条件があるのではないかというのだ。

青野くんが憑依する時の条件は「入っていい」と許可すること。

青野くんの憑依が解ける時の条件は・・・

 

「汚れたもの」

 

昔から、出血、糞尿、動物の肉は汚れたものだと考えられていて、神や霊が嫌うと考えられている。

 

だから優里が生理で出血した時、鼻血が出た時、藤本くんに優里の血液がついた時に、青野くんの憑依が解けたのではないか…。

 

しかし4回目の時は、体育の授業中でバレーボールの時、あの時の藤本くんは、汚れたものに接触していない。

 

情報が少なすぎてわからないことだらけだ。

 

まず、幽霊について情報を集めなければ・・・

 

というわけで、早速、優里は「幽霊は服を脱げるのか」を検証することになった。

優里が青野くんに服を脱いで欲しいと頼むと、青野くんが脱ごうとするのを優里がガン見する。

 

青野くんが恥ずかしがって、オレだけ脱ぐのずるくない?と言い、二人同時に脱ぐことになった。

 

優里が下着だけになった時、青野くんが「そっち向いていい?」と尋ねる。

二人同時に向かい合うと、青野くんは脱いでいない!

 

青野くんは脱いでも脱いでも、服が元通りになっしまうのだ。

「形状記憶?」寂しそうに青野くんは言う。

 

優里と青野くんは、お互い触りたくても触れない。

でも一緒にいてくれてありがとう。

 

バレーボールで大怪我をした内野くんは、何かに噛まれたんだと言っていた。

口が裂けてて、気持ち悪い、牙のある何かに。

 

姿は見えなかったけど、確かに牙の跡があったんだ!

 

これは青野の呪いに違いないと、青野は刈谷(優里)に取り憑いているのだと内田くんは考えている。

 

なんとかするしかない。

刈谷(優里)を、学校から追い出すんだ!

 

スポンサーリンク

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第8話)の感想☆「脱衣」

さすが堀江さん、鋭いですねー

汚れたものに接すると、憑依が解けるのかぁ

じゃあ、生理中は安心ですね!(←そうじゃない)

 

じゃあ、じゃあ、憑依されている人をお祓いしたい時は、どこか怪我をさせてやればいいのでは?

傷害罪に問われそうだけど!

 

あと、二人で脱衣、ドキドキが高校生らしくて可愛くて、なんて健全な漫画なんだと思ってしまいました。

 

内田くんの見た、恐ろしい化物、徐々に明らかになるのでしょうか?

悪霊って、どんなん?

 

↑紙の本よりKindle本の方が安いですよ。

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第9話)あらすじ&ネタバレと感想

『青野くんに触りたいから死にたい』2巻(第7話)あらすじ&ネタバレと感想

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ