岡本玲朝ドラ『わろてんか』で楓(かえで)役!役どころは?映画『バケツと僕!』にも出演

   

岡本玲さんが朝ドラ『わろてんか』で杉田楓(すぎたかえで)役を演じます!

儚げな可愛らしい岡本玲さんについてと、『わろてんか』で演じる楓の役どころを紹介します。

更に岡本玲さんが出演する2018年公開予定の映画『バケツと僕!』についても!

スポンサーリンク

岡本玲ってどんな人?

 

. 🌿🌿🌿

岡本玲さん(@rei_okamoto)がシェアした投稿 –

まずは岡本玲さんの簡単なプロフィールです!⇩

  • 生年月日・・・1991年6月18日(現在26歳)
  • 本名・・・岡本玲
  • 出身地・・・和歌山県和歌山市
  • 身長・・・157cm
  • モデルデビュー・・・2003年(12歳)
  • 女優デビュー・・・2007年(16歳)
  • 趣味・・・ギター、ピアノ
  • 特技・・・珠算、暗算、英語
  • 出身大学・・・日本大学藝術学部映画学科卒業

岡本玲さん、12歳から芸能活動してるのに、勉強もしっかりやっていて努力家です。

英検2級を持っていて、英語の弁論大会にも出たことがあるそうです。

珠算に至っては準三段ですからね!段ですよ、段!

真面目で頭も良いんだろうなぁ。

 

おまけに映画学科卒業とは!

岡本玲さん、これからどんどん活躍しそうで楽しみです♪

では次に、朝ドラ『わろてんか』で岡本玲さんが、どんな役を演じるのか詳しくお話します!

スポンサーリンク

岡本玲が朝ドラ『わろてんか』で演じる楓(かえで)の役どころ

 

. くもりの日☁︎

岡本玲さん(@rei_okamoto)がシェアした投稿 –

岡本玲さんが朝ドラ『わろてんか』で演じるのは、大阪・船場生まれの船場育ちの女子。

名前は杉田楓(すぎたかえで)。

頭の回転が早く、そろばんが上手です。

珠算有段者の岡本玲さんが演じる楓は、ガチでそろばんの達人なので、ドラマ中のそろばんシーンは、ぜひ注目したいことろです♪

 

そんな優秀な楓(岡本玲さん)は、藤吉(松坂桃李さん)の母・啄子(鈴木京香さん)に気に入られて、藤吉の嫁になるために北村家に連れてこられます。

別に藤吉のことを慕っているわけではないはずですが、ご寮さん(この場合、主のお嫁さん)の座をかけて、てん(葵わかなさん)と対決する役どころです。

楓は無愛想で、藤吉にも笑顔を向けません。

商家の嫁になるスキルは十分に持っているはずなのに、無愛想な楓(岡本玲さん)は今まで何度もフラレてきた女子で、愛想の良いてんに嫉妬します。

てん(葵わかなさん)と商売対決するも、優秀なはずの楓は負けてしまいます。

 

最初はヒロイン・てんをいじめる敵役のような楓ですが、「本当は文学少女」という設定。

楓は本心では、歌人になりたいのです。

てんと対決するうちに、自分の本当にやりたいことをやって生きていきたいと思うようになる楓。

後に大物歌人になると良いですね!(←ここは私の希望)

スポンサーリンク

岡本玲映画『バケツと僕!』にも出演

岡本玲さんは、2018年公開予定の映画『バケツと僕!』に出演。

映画『バケツと僕!』の原作は北島行徳さん著の小説「バケツ」。

原作小説の内容はこちら!⇩

マッチョだが気が弱い神島は、就職先の養護施設で「バケツ」というあだ名の少年と出会う。やや知的障害と盗癖があり、親兄弟にも見放された彼と同居を始めた神島は、生活費を稼ぐため、日焼けサロンや無認可保育園を立ち上げるが、トラブルが続き…。

小説のレビューは「優しい」というのが多いですね。

 

監督は、映画初監督の石田和彦氏。

まだあまり情報がないので、岡本玲さんの詳しい役どころがわからないのですが、

「台本を読んで感じたのは、人って支えてくれる人を探している反面で自分も誰かを支えたいと思っている自分勝手なところがあるのかなって。でも、そういう弱さや愛らしさも含めて人間の素敵なところなのかなと。この作品はそういうものが詰まった作品だと思うので、そこを大事にしたいなと思います」

とコメントしています。

原作は思わず泣ける感動ストーリーということなので、公開が待ち遠しいです!

映画『バケツと僕!』公式ツイッターはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

 - 人物, 朝ドラ