『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第3週「一生笑わせたる」朝ドラを最終回まで

   

朝ドラ『わろてんか』第3週(第13話~第18話)(10月16日~10月21日)放送分のあらすじ&ネタバレと感想をお届けします。

第3週は、運命の再会を果たしたてんと藤吉の恋は盛り上がって、日本のロミオとジュリエットみたいです!

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第2週「伊能栞の登場と父の笑い」朝ドラを最終回まで 

スポンサーリンク

朝ドラ『わろてんか』の主なキャスト

藤岡家家族

藤岡家使用人

旅芸人

スポンサーリンク

朝ドラ『わろてんか』第3週あらすじ・ネタバレ「一生笑わせたる」からの駆け落ち

 

藤吉さんからのお手紙♪ #わろてんか #nhk #朝ドラ #葵わかな

連続テレビ小説「わろてんか」さん(@nhk_warotenka)がシェアした投稿 –

二度目の運命の出会いを果たしたてんと藤吉。

てんはときめき、藤吉はてんが美しい女性に成長してドキドキしながら久しぶりの会話を楽しもうとすると・・・そこに風太が現れて、てんは連れ帰られてしまう。

一方、神戸港の火事が原因で傾きかけた藤岡屋は、伊能製薬から出資を受けて儀兵衛が希望していた洋薬の専門会社となっていた。

てんと伊能栞の見合いは破談となったが、儀兵衛は次なる婿選びに必死だ。

てんは儀兵衛から数人の釣書(縁談相手のプロフィールが書かれたもの)を渡されるが、自分では選べず八卦小屋(占い師の店)に行く。

八卦見(占い師)は、てんに好きな人がいることを見抜き、その人が運命の相手だといいます。

八卦小屋からの帰りに、てんはリリコと再会し、少し話をすることに…。

 

藤吉は本当は全く芸で芽が出ず、大阪にある実家の米問屋で働いていた。

そしてつい最近、大阪で藤吉に出会い、一緒に旅芸人一座についてきたのだとリリコは言う。

 

儀兵衛から「薬祭りまでに婿を決めるように」と言われたてんは、藤吉のいる楽屋を訪ねた。

藤吉は、「全国各地を回って芸を披露した」という藤吉からの手紙の内容が全部ウソだったと知って、てんはショックを受け、走って楽屋を去ります。

 

翌日、神社の境内で藤吉と偶然出会ってしまうてん。

そこに、キースが男たちに追われて逃げてきて、てんたちは巻き込まれてまう。

その時、てんを守ろうとした藤吉はひどい傷を負ってしまうのでした。

 

風太の協力もあり、てんは藤吉を藤岡屋の蔵で手当することにします。

少しずつ藤吉の傷も良くなりましたが、リリコが藤吉が藤岡屋にいることに気付いて騒ぎ立て、儀兵衛にバレてしまいます。

 

儀兵衛は鬼のように怒り、藤吉の素性を知った上で、てんは婿をとる身だから長男とは結婚させない、二度と藤岡屋に近づくなと藤吉を追い出したのでした。

その頃てんは、蔵に閉じ込められていました。

母のしずが蔵に食事を運びますが、てんは全く食べません。

 

夜も更けてきた頃、蔵の高窓から小石が投げ込まれます。

藤吉です。

てんは、藤吉からの手紙がウソだったとしても、楽しかったとお礼を言いました。

藤吉も、手紙を書くことで元気が出ていたのだと言います。

そして、自分はやり残したことに気付いたのだと言うのです。

 

次の日の夜も、藤吉はてんに会いに来ました。

その様子を風太が目撃し、翌日、神社で野宿している藤吉に、てんから手を引くように言う。

でも藤吉は、毎晩てんのいる蔵に通ったのでした。

 

てんに笑ってほしくて、藤吉は下手な芸をやってみせます。

そして、昔、てんが大笑いしてくれた「石川チョコ右衛門」ネタを披露し、眩しいてんの笑顔を見ることができました。

藤吉のやり残したこととは…もい一度てんに笑ってもらうこと。

 

「これからもずっと…」と言いかけた藤吉は、ハシゴから落ちてしまいます。

実は、その一部始終を儀兵衛は見ていたのでした。

 

てんと藤吉は揃って、儀兵衛に結婚の許しを請います。

藤吉は芸人をやめて、船場にある実家の米問屋を継ぐことで、てんとの結婚を許してほしいの儀兵衛を説得しようとするのですが、儀兵衛は聞き入れませんでした。

てんは藤吉と駆け落ちすることを決心し、その日の内に家を出ました。

 

駅で待ち合わせしていた藤吉は、実家の母親が病気で倒れたという知らせを受けていました。

そんな状況で自分についてきてくれるてんに、改めて藤吉は尋ねるのでした。

「一生、一緒に わろてんか?」 

 

 

 

『わろてんか』あらすじ・ネタバレ第2週「伊能栞の登場と父の笑い」朝ドラを最終回まで

朝ドラ『わろてんか』第3の感想

 

また放送後、追記します♪

スポンサーリンク

 - 朝ドラあらすじ&ネタバレ