葵わかな朝ドラ『わろてんか』でヒロイン・てん役☆役どころと私生活をちょこっと紹介

      2017/10/09

2017年秋スタートの朝ドラ『わろてんか』のヒロインで、「藤岡てん」役の葵わかなさん、可愛くて、ピュアな役がよく似合う女優さんですね。

ここでは、葵わかなさん演じる「藤岡てん」の役どころと、プライベートでの葵わかなさんってどんな人なのか紹介します。

スポンサーリンク

朝ドラ『わろてんか』で葵わかなが演じる「藤岡てん」の役どころ

葵わかなさんが『わろてんか』で演じるのは「藤岡てん(ふじおかてん)」。

「てん」は、京都の老舗薬種問屋”藤岡屋”の長女です。

8歳年上に兄・新一(千葉雄大さん)と、妹に「りん」(堀田真由さん)がいます。

(※妹との年の差は不明。)

 

モデルとなった人は、吉本興業創始者・吉本せいさんです。

 

てんは、小さい頃から「ゲラ」でしたが(関西では笑い上戸のことを「ゲラ」と言います。)、兄・新一の喘息が悪化してから、よく笑うようになったのだと、母・しず(鈴木保奈美さん)に言われます。

そうは言っても8歳も年齢差があるので、幼児期から「ゲラ」だったんでしょうね。

 

藤岡屋は人の命に関わる薬を扱う仕事をしているので、父・儀兵衛(遠藤憲一さん)は、てんが場をわきまえないで「ゲラ」になることを心配していました。

そして大切な取引先の社長一家を招いたホーム・パーティーで、てんの「ゲラ」は、パーティーをめちゃくちゃにしてしまいます。

「金輪際、わろたらあかん!」と儀兵衛に言われるも、優しく家族思いのてんを儀兵衛も許すのでした。

その後、幼馴染の風太(鈴木福くん)と行った寄席の近くで、運命の人藤吉(松坂桃李さん)と出会います。

 

てんには伊能製薬の次男とのお見合い話がありましたが、儀兵衛の反対を押し切って藤吉のところへお嫁に行きます。

藤吉の実家は老舗米問屋でしたが、経営は次第に傾き始め、てんが藤吉の大好きな「笑い」を商売にしようと、寄席を始めるのです。

それから、夫婦二人三脚で、大阪を「日本一の笑いの都」にするために奮闘します。

 

毎週楽しんでいる吉本新喜劇も、ここから「てん」からスタートしたのかと思うと、感慨深いです。

スポンサーリンク

プライベートでの葵わかなさんってどんな人?

まず、葵わかなさんのプロフィールを簡単に紹介します。

  • 生年月日・・・1998年6月30日(現在19歳)
  • 出身地・・・神奈川県
  • 身長・・・158cm
  • 血液型・・・A型
  • 趣味・・・宝塚観劇と猫を可愛がること
  • 特技・・・歌
  • デビュー・・・2009年ファミリーマート「霧島の天然水」CM(小学5年生の時)

葵わかなさんは2012年から2014年まで、アイドルグループ「乙女新党」のメンバーでした。

特技の歌、聴いてみますか?⇩

↑クリックで動画にとびます。

なんて元気な子!

 

葵わかなさんは直感で動くことはないそうで、自分のことを、「頑固でネガティブ」と言っています。

猫が大好きで、Instagramでネコ画像を公開することもありますよ。

『わろてんか』の撮影は大阪のため、今は大阪で一人暮らしをしている葵わかなさん。

眠れない夜は、お母さんからもらったアロマディフューザーで癒やされているそうです。

 

それと寒がりなので、寒暖差の少ない大阪ぐらしは身体が楽なのだとか…。

自炊することもあるので、以前より野菜を上手に切れるようになったと語っていました。

 

朝ドラ『わろてんか』で葵わかなさんが登場するのは、2週目からなので、10月9日(月)からですね。

楽しみです♪

『わろてんの幼少期役・新井美羽ちゃんについてはこちら!

朝ドラ『わろてんか』のあらすじはこちら

松坂桃李朝ドラ『わろてんか』で藤吉(とうきち)役!役どころは芸人?面白いの?

朝ドラ『わろてんか』風太役の鈴木福くんについてはこちら

千葉雄大朝ドラ『わろてんか』で兄・新一(しんいち)役!映画『亜人』で奥山真澄役も

スポンサーリンク

 - 人物, 朝ドラ