『直虎』高瀬ネタバレ☆武田のスパイ?直親の娘というのはウソ?

      2017/09/25

大河ドラマ『おんな城主直虎』に登場する高瀬姫、間者(スパイ)だったんですかー!?

と衝撃の展開を見せた『おんな城主直虎』。

高瀬姫は武田のスパイだったの?なぜ?

では高瀬姫が井伊直親の娘というのはウソなのか?

大河ドラマのネタバレしちゃいます。

大河『直虎』南渓和尚の年齢は?実在の人物?傑山と昊天は実在した?

スポンサーリンク

『直虎』高瀬姫は武田のスパイ?

国民的美少女高橋ひかるさんが演じる、素直でカワイイ高瀬姫、近藤康用(こんどうやすもち)に毒を盛っていましたね。

どうやら武田信玄の家臣に脅されつつ、近藤を手に掛けようとしていたように見えました。

それって、武田の間者、つまり工作員、スパイです。

 

史実の高瀬姫は…別に間者だったという資料があるわけではなく、大河ドラマオリジナルの設定ですねー。

 

ドラマでの高瀬(高橋ひかるさん)の様子から察するに、好き好んでスパイをしているわけではない様子でした。

ここでネタバレ!

大河ドラマ『直虎』に登場する高瀬は、イヤイヤ武田信玄の間者(スパイ)として井伊谷に送り込まれました。

高瀬が武田の間者(スパイ)になった理由は、亡くなった母親の借金のせいでした。

母の残した多額の借金で、高瀬は身を売るしかないところまで切羽詰まっていました。

そこに武田の者が現れ、井伊谷に潜り込むことになったのです。

武田は、高瀬を井伊谷に潜り込ませて、いざという時に調略を仕掛けるのが目的でした。

別に直虎や虎松の首を狙うための間者(スパイ)ではなかったのです。

 

その後、井伊家はなくなり、次は近藤のところに潜り込むことになった高瀬。

 

高瀬は龍雲丸と直虎に正体を知られますが、その姿はあまりにも哀れで

直虎は「辛かったであろう、誰にも言えず…。」と高瀬を抱きしめるのでした。

スポンサーリンク

『直虎』高瀬が井伊直親の娘というのはウソ?

そもそも高瀬(高橋ひかるさん)が井伊谷に来たのは、母親が他界して、父の名は「井伊直親」だと聞いていたので、父を訪ねて・・・ってことでしたよね。

でも実際は(ドラマ上の)、武田の間者(スパイ)として送り込まれたわけなので、高瀬の父親が直親(三浦春馬さん)だったかどうかも怪しくなってきます。

 

史実では、高瀬姫は実在の人物で、直親がプレイボーイだったのも本当のようですが、三浦春馬さん演じる直親は、本当は誠実だった?

と期待したくなります!

 

でもね。

 

ドラマでも「高瀬の父親は直親」で落ち着くようです。

 

つまり武田は、高瀬が直親の娘であることと、母親の多額の借金を利用して、高瀬を井伊谷に間者(スパイ)として潜り込ませたのでした。

涙なしでは語れない高瀬の物語。

高橋ひかるさんが演じてくれるのも、あと少しですね。

大河『直虎』南渓和尚の年齢は?実在の人物?傑山と昊天は実在した?

朝倉あき大河『直虎』で高瀬(たかせ)役☆どんな人?役どころは?結婚相手はだれ?

高橋ひかる大河『直虎』で高瀬(たかせ)役☆直親の娘?実在の人物?国民的美少女です(動画あり)

スポンサーリンク

 - 人物, 大河ドラマ