「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第34話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆遊が遠くへ行ってしまう

      2017/09/21

かなり懐かしいですが、実写映画化にちなんで、吉住渉さん著の『ママレード・ボーイ』のあらすじ・ネタバレとツッコミ(感想)を紹介しています。

第33話では、クリスマスイヴに遊が突然光希に別れを切り出しました。

第34話では、遊が京都の大学へ行ってしまい、光希と離れ離れに…。 主な登場人物の紹介もあわせてどうぞ!

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第35話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第33話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第34話の主な登場人物

 

 

  • 小石川光希(こいしかわ みき)・・・主人公。高校2年生。元気いっぱいのテニス部員。突然の両親の離婚・パートナー交換し、同い年のイケメン男子・遊と同居することになった。以前は銀太のことが好きだったが、遊に恋してる。
  • 小石川仁(こいしかわ じん)・・・主人公・光希の父親。銀行員。
  • 松浦(元小石川)留美(まつうら るみ)・・・主人公・光希の母親。化粧品会社勤務。料理は下手。
  • 松浦遊(まつうら ゆう)・・・光希と一緒に暮らすことになったイケメン。女子に大人気。光希のことが好き。
  • 松浦要士(まつうら ようじ)・・・遊の父親。商社マン。数学が得意。
  • 小石川(元松浦)千弥子(こいしかわ ちやこ)・・・遊の母親。洋酒メーカー勤務。
  • 秋月茗子(あきづき めいこ)・・・光希の同級生で親友。父親は金持ちで、両親の仲は最悪。美人で大人っぽく覚めたところがあるが、光希にとって、何でも相談できる友人。担任の先生と付き合っていたが別れた。
  • 三輪悟史(みわさとし)・・・大学生。遊と兄弟かと思っていたが違った。父親は建築家の三輪由充(みわよしみつ)。

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第34話のあらすじ・ネタバレ☆遊が遠くへ行ってしまう

茗子の家で泣きじゃくる光希。

遊に別れを告げられた光希は、茗子のところで一晩泊めてもらったのだった。

 

一晩泣いて少し落ち着いた光希は、家に帰った。

まだ家には誰も帰ってなかった。

 

別れようって言った遊は、とても辛そうだった。

好きでいてもらえなかったのは自分が悪い、そう光希は思った。

だから遊は悪くない。

一晩中泣いたのに、まだ涙が出るよ・・・。

 

遊は再び悟史のところに来ていた。

そして光希に言ったことを悟史に話した。

 

悟史は真実を確かめもせずに遊が光希と別れたことを驚いていたが、遊は「確かめる必要はないよ。全て辻褄が合うんだ。」と言う。

偶然であった夫婦同士が恋をして、パートナー交換なんてとんでもない話、全て辻褄が合う。

父親のアルバムから出てきた沢山の写真は、全部、今の組み合わせの、楽しそうなカップルの写真だった。

それに留美が光希に言った「遊を好きにならないでよ。」ということも、兄妹だからなんだ。

 

自分のことのようにショックを受けて腹を立てる悟史は、遊一人の胸にしまっておかなくても、全部ぶちまけてしまえと言うが、遊は両親達と光希の幸せを壊したくないんだ。

光希だって、「兄妹だから別れよう。」なんて言われても気持ちを引きずってしまうだろう。

一方的に「冷めたから。」と言われた方が、諦めもつくだろう。

 

なぜ一人で苦しむのかと言う悟史に、遊は「おれは、こんな風にしかできないんだ。」と答えた。

 

自宅に帰った遊は、両親たちに進路の話をした。

 

エスカレーターで進学できる桐稜の大学じゃなく、京都工業大学を受験したい、ベストな環境で建築の勉強をしたい、と両親達を説得する遊。

千弥子は寂しがったが、遊の将来のためにと、両親たちも納得した。

 

遊は順調に受験勉強を進めていた。

もし合格しなくても、京都の予備校で浪人しようと思っている。

どっちみち家は出るつもりなのだ。

 

学校の図書館で受験勉強する遊を心配して、悟史が様子を見に来ていたちょうどその時、茗子が現れた。

茗子は遊に厳しい目を向ける。

 

とっさに悟史が軽口をたたいて、茗子を図書館から誘い出す。

茗子は光希から遊のことを責めないように言われていたから、何をするつもりではなかったが、言いたいことは山積みだった。

でも悟史から、遊のことをそっとしておいて欲しいと頼まれたのだった。

 

3ヶ月なんてあっという間だった。

遊は見事京都の大学に合格した。

光希はクリスマスに渡しそびれた腕時計を合格祝いに遊に渡した。

そして遊は、京都へ旅立っていった。

 

光希は遊にもらったものを箱に詰めて、チェストの奥にしまい込む。

そして髪を切って、ピアスして

新しい自分になるんだ!

 

『ママレード・ボーイ』第34話の感想&ツッコミ

前回も書きましたがー遊、一人で悩みすぎ!

せっかう悟史に話してるのに、「相談」はしないんですね。

 

なんか他に調べる方法があったんじゃないのかな?

 

昔のまんがではあるけれど、仁の髪の毛とか失敬してDNA鑑定とか!

推理だけで決めたらダメだよう(´;ω;`)

 

悟史、イイヤツ。

茗子も立派。

両親達、最悪。

 

光希もがんばったねぇ。

 

髪切って、ピアスするのは賛成。

この際だから、新しいこといっぱいしちゃえ!

 

さて第35話はどうなる?

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第35話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第33話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ