「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第32話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆遊の父親は誰だ!?

   

かなり懐かしいですが、実写映画化にちなんで、吉住渉さん著の『ママレード・ボーイ』のあらすじ・ネタバレとツッコミ(感想)を紹介しています。

第31話では、遊の叔父さんと子供たちが登場! 遊の父親疑惑も…。

第32話では、再び遊が父親探しを始めてしまいました。 主な登場人物の紹介もあわせてどうぞ!

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第33話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第31話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第32話の主な登場人物

 

 

  • 小石川光希(こいしかわ みき)・・・主人公。高校2年生。元気いっぱいのテニス部員。突然の両親の離婚・パートナー交換し、同い年のイケメン男子・遊と同居することになった。以前は銀太のことが好きだったが、遊に恋してる。
  • 小石川仁(こいしかわ じん)・・・主人公・光希の父親。銀行員。
  • 松浦(元小石川)留美(まつうら るみ)・・・主人公・光希の母親。化粧品会社勤務。料理は下手。
  • 松浦遊(まつうら ゆう)・・・光希と一緒に暮らすことになったイケメン。女子に大人気。光希のことが好き。
  • 松浦要士(まつうら ようじ)・・・遊の父親。商社マン。数学が得意。
  • 小石川(元松浦)千弥子(こいしかわ ちやこ)・・・遊の母親。洋酒メーカー勤務。
  • 秋月茗子(あきづき めいこ)・・・光希の同級生で親友。父親は金持ちで、両親の仲は最悪。美人で大人っぽく覚めたところがあるが、光希にとって、何でも相談できる友人。担任の先生と付き合っていたが別れた。
  • 並木英策(なみき えいさく)・・・千弥子の弟。本当は従弟。ドイツの大学で民俗学の教授をやっている。。
  • 真穂真優(まほ&まゆ)・・英策の娘たち。双子。ドイツ人と日本人のハーフでバイリンガル。3歳。
  • 三輪悟史(みわさとし)・・・生徒会長。遊のことを異母弟だと思っていたが違った。父親は建築家の三輪由充(みわよしみつ)。

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第32話のあらすじ・ネタバレ☆遊の父親は誰だ!?

遊は一人で考えていた。

 

英策が本当に自分の父親だとしても、たぶん彼はそのことを知らない。

だから母を「初恋の人」だなんて軽く言ったのだ。

 

今更オレが息子だとわかったら、彼を困らせるだけ。

でも・・・本当のことを知りたい!  確かめたい!!!

 

英策が日本を発つ日、遊は一人で空港まで見送りに行った。

家族には内緒で聞きたかったからだ。 あのことを!

 

英策は、千弥子と付き合ってはいなかった。

初恋と言っても、中学生の時のことで、その後は家族愛に変わっていったという。

 

遊は必死で母親の元恋人がだれなのか聞き出そうとする。

「ちょっと待てよ! なぜそんなことを聞くんだ!?」

「僕は・・・父の本当の息子じゃないんです・・・多分母の学生時代の恋人が僕の・・・」

「遊くん! 君の母親は松浦要士さんだよ! 彼以外にいない!」

 

英策曰く、確かに遊の両親は結婚前にゴタゴタがあったそうだ。

でも間違いなく、遊の父親は要士だと、安心していいと言う。

 

そして英策はドイツに帰って行った。

 

 

遊は光希に、冬休みに旅行に行こうと言う。

寒いから春休みの方がいいかな?という光希に、寒くてもいい、早く行きたい、と言う遊。

 

光希は遊に、クリスマスプレゼントに指輪をねだった。

遊が買ってくれるのなら、どんなのでもいい。 そしたら左手の薬指にはめて、ずーっと外さない。

 

遊は、ホワイトデーにも光希の誕生日にも何もプレゼントしなかったから、何かもうひとつプレゼントしたいと言うが、光希は指輪だけで十分だと言った。

「この部屋にあるもの、なんでも一つあげる。」という遊の申し出に、喜んで部屋の中で欲しいものをを探す光希。

光希は「これがいい!」とクローゼットの中の服を選んだ。

すると遊にクローゼットの中に押し込まれ、狭くてくらい中でキス、そして抱きしめあったのだった。

 

 

日曜日、遊が目を覚ますと誰もいなかった。

父・要士は仕事、仁はゴルフ、母たちはショッピングとエステ。

光希はバイトだ。

 

光希の置き手紙には、一昨年買ったクリスマスツリーを出しておいて!と書いてある。

遊は、クリスマスツリーを探すが見つからない。

 

代わりに父・要士の卒業アルバムを見つけた。

卒業アルバムに挟まれていた封筒の中から、大学時代に両親が入っていたサークルの写真が出てきた。

興味本位で母の写真を探すと、そこには父・松浦要士と小石川仁の仲よさげな写真が・・・

 

仁と要士は、ハワイ旅行で出会ったはず!

 

更に千弥子と仁、要士と留美の肩を抱く写真が出てきた!

 

「ウソだろ・・・そんな・・・」

 

母さんの学生時代の恋人は、仁さんだったのか・・・!

それじゃ、オレと光希は血の繋がった兄妹!?

 

 

その日、遊は悟史のところに泊まった。

 

悟史は遊のただならぬ雰囲気を察して、何が会ったのかと尋ねるが、遊はだた、涙を流していた。

 

『ママレード・ボーイ』第32話の感想&ツッコミ

遊・・・英策おじさんが父親か!?っていうのは、完全に勇み足でしたねー。

 

その後の、光希とのラブシーン、女子好みですねー!!!!

狭くて暗いクローゼットの中で、キス。

そしてハグ。

 

もし、これを読んでる男子がいたら、覚えておいて下さい!

女子の願望は、キスとハグ。ここまで!  かもしれない。

 

今回遊がやったクローゼットでキスするのって、映画『きょうのキラ君』でやってた”カーテンの刑”と似てます!!!

『きょうのキラ君』でやってた”カーテンの刑”はこちら!

これですよ、これ。

遊のは”クローゼットの刑”かな!(笑)

 

悟史さん、あとはよろしく!(←丸投げか)

 

さて第33話はどうなる?

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第33話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第31話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ