「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第31話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆遊の叔父・英策登場!オレが初恋の人の息子!?

   

かなり懐かしいですが、実写映画化にちなんで、吉住渉さん著の『ママレード・ボーイ』のあらすじ・ネタバレとツッコミ(感想)を紹介しています。

第30話では、蛍と銀太が新しい一歩を歩み始めました。

第31話では、遊の叔父さんと子供たちが登場! 主な登場人物の紹介もあわせてどうぞ!

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第32話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第30話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第31話の主な登場人物

 

 

  • 小石川光希(こいしかわ みき)・・・主人公。高校2年生。元気いっぱいのテニス部員。突然の両親の離婚・パートナー交換し、同い年のイケメン男子・遊と同居することになった。以前は銀太のことが好きだったが、遊に恋してる。
  • 松浦遊(まつうら ゆう)・・・光希と一緒に暮らすことになったイケメン。女子に大人気。光希のことが好き。
  • 秋月茗子(あきづき めいこ)・・・光希の同級生で親友。父親は金持ちで、両親の仲は最悪。美人で大人っぽく覚めたところがあるが、光希にとって、何でも相談できる友人。担任の先生と付き合っていたが別れた。
  • 名村慎一(なむら しんいち)・・・光希たちのクラスの担任。愛称は「なっちゃん」。茗子と付き合っていたが学校にバレて退職し、広島で家業の不動産業を継いでいる。
  • 並木英策(なみき えいさく)・・・千弥子の弟。本当は従弟。ドイツの大学で民俗学の教授をやっている。。
  • 真穂真優(まほ&まゆ)・・英策の娘たち。双子。ドイツ人と日本人のハーフでバイリンガル。3歳。

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第31話のあらすじ・ネタバレ☆遊の叔父・英策登場!オレが初恋の人の息子!?

秋も深まり、日が短くなってきた。

光希帰宅時間はそれほど遅くないのに、帰り道はもう真っ暗だ。

 

光希は、ふと自分の後から見知らぬ男が歩いていることに気付く。

 

光希が早足になると、男も早足になる。

やっぱりついてくる! 痴漢!?

 

光希はダッシュで家に入り、すぐに玄関のドアを締めた。

 

玄関には、金髪の小さな女の子が二人。どうやら双子のようだ。

「何?この子達?」と驚いている光希の後ろで玄関ドアが開き、さっきの怪しい男が入ってきた!

「家の中まで入ってくるなんて!」と驚く光希をよそに、双子の少女が男をパパ!と呼んだ。

更に遊の母・千弥子が男に向かって「英策(えいさく)、遅かったわね。」と言う。

 

男の名前は並木英策(なみき えいさく)。千弥子の弟だった。

双子の女の子は、えいさくの娘の「真穂(まほ)」と「真優(まゆ)」。3歳だそうだ。

 

英策は18年前、大学院生の時にドイツに留学し、そのままドイツの大学で民族学の教授になったのだという。

そして5年前に、日本語を研究しているドイツ人言語学者と結婚。

真穂と真優はバイリンガルだ。

遊も合うの初めて。

 

英策は2週間位、日本でゆっくりしていけそうだ。

 

光希と遊は、宿題もあるし、部屋に戻ろうとした。

「光希ちゃん、さっきは怖がらせてごめんね。」と英策が光希に謝っていたので、遊は光希に事情を尋ねた。

 

英策は、昼頃この家に到着して、用事があって出かけ、帰りに道に迷ってしまったのだという。

そこに光希が通りかかり、写真で見たことがあったからもしかして・・・と思ったのだが、確証がないので、声を書けずに跡をつけた。

というのが真相だった。

 

英策を痴漢と間違えて怖かったと言う光希を、遊が笑う。

 

暗い道で、髭の男に跡をつけられれば、誰だって怖い!と怒る光希に、遊は

「ゴメンゴメン、機嫌直せよ…。」とキスをする。

 

遊のキス一つで、機嫌なんてすぐ直っちゃう。幸せを噛みしめる光希たちを、ジーっと見ているのは…双子の真穂と真優だ!

 

今見たことは、皆には内緒だからね!と必死で言う光希と優。

「内緒?ふーん・・・。」「遊園地、遊園地行きたい!」「遊園地♪遊園地♪」

 

どうやら双子は「口止め料代わりに遊園地に連れて行って欲しい」と言っているようだ。

 

仕方なく光希と遊は、真穂と真優を遊園地に連れて行った。

そこは、二人が初めてデートした思い出の遊園地だ。

 

真穂と真優は大はしゃぎで、光希たちはヘトヘト。

そういえば、初めてこの遊園地に来た時、亜梨実さんに会ったんだよね。

もしかして、今日も銀太と一緒にいたりして!なんて冗談を言う光希の前を、腕を組んで歩く銀太と亜梨実。

光希たちに気づかず行ってしまった。

 

羨ましくて、思わず優と腕を組もうとする光希を、また双子がじーっと見る。

 

 

 

 

今日の銀太はなんだか元気がない。

観覧車に乗りながら、亜梨実は銀太に元気がない理由を尋ねた。

銀太にとって亜梨実は、従兄弟の務がずっと好きだった人だ。

務はイイヤツだし、亜梨実と付き合っていることを内緒にしておくわけにはいかない。

だから銀太は、電話で務に知らせたのだが・・・務は怒って、もう電話に出てくれないのだ。

 

悩んでいる銀太に亜梨実は、「電話に出てくれないなら、会いに行けばいい。」と言う。

遊園地で遊ぶのを切り上げて、銀太と亜梨実は務に会いに行った。

 

務は怒っていた。

務がこれまで亜梨実を諦めずにいたのは、亜梨実が片思いだったからだ。

でも今回は違う。

亜梨実と銀太は両思いだ。あきらめるしかない。

でも亜梨実と友達付き合いする気はないし、銀太とも、もう従兄弟として付き合わない!

 

「お前ら二人共、もう顔も見たくねえ!  当分な。

なるべく早く許してやるようにするけどよ。何年何ヶ月かかるかわかんねー

覚悟しとけよ、じゃ、あばよ!

 

学校の図書館で、茗子は悟史を呼び出した。

「君に呼び出されるなんて嬉しいよ。」といつも通り軽口を叩く悟史だったが、茗子と名村先生の結婚のことを、遊から聞いて知っている。

小説を書くことを勧めたのは悟史だ。そして、その小説がきっかけとなって、茗子と名村先生は結ばれることになる。

 

「どうしてもオレのものにはなってくれないのか…!」

 

悲痛な顔をする悟史。

悟史に申し訳なくて、泣き出す茗子。

 

「泣き顔もキレイだな。 幸せを祈ってる。」

「さよなら 」

 

悟史の恋は、片思いのまま終わった。

 

 

光希は遊園地で双子に付き合わされてクタクタだ。

でも明日の英語の授業では、ぜったい当てられる。予習しなくては!

 

そこに真穂と真優が来て、「あそぼー!」

 

3歳児、元気すぎる! そして英語の予習をしなければならない光希。

「ごめんね。 英語の予習をしなくちゃいけないの。」

「遊ばないの? じゃあ、チュッチュしてたこと、皆に言ってもいい?」

 

・・・仕方なく遊んであげる光希だった。

 

 

リビングでは、遊は英策おじさんがお喋りしている。

英策は「初恋の人のこんなに大きくなるなんて、オレも歳取るはずだよなぁ…。」と感慨深げに言う。

遊は驚いて「初恋? 自分の姉に?」と尋ねると、英策は

「オレ、本当は千弥子さんの従弟なんだよ。 中学生の時に両親を事故でなくして、叔父の家、並木家に引き取られたんだ。」

 

 

 

英策は千弥子と姉弟じゃない!?

英策がドイツに留学したのは18年前。

もし、千弥子と英策が愛し合っていて、留学が原因で別れたんだとしたら・・・

まさか・・・個の人がオレの父親!?

 

 

『ママレード・ボーイ』第31話の感想&ツッコミ

 

務、なんていいヤツなんだ!

務の男としての魅力は、多分とってもこじんまりして、女子の皆は気が付かないんだけど、人としての務の魅力がわかりましたねー!

暖かい心の持ち主ですね。務。

 

悟史は、最後までイケメンな感じを崩しませんでした。

最後まで、年上の余裕を見せてくれて、10代女子からみたらキュンキュンですね。

サブキャラで出番が少なかったのが残念なくらい。

 

ママレード・ボーイの外伝として、悟史のその後を描いたら需要ありそうです。

 

遊はね。

お父さんが気になるんですね。

もう、母親の元カレだけじゃなく、昔母親に恋してた人まで父親に見えちゃう。

 

今回、英策叔父さんが父親かも!?って思った原因をまとめると

  • 英策は千弥子のことが好きだった。
  • 英策は18年前に留学のためいなくなった。

これだけで父親疑惑はちょっと、遊くん考え過ぎ!って思いますねどね。

でも忙しいからって18年館も顔を合わさなかったのは、親戚としては不自然ですよね。

遊の家は裕福そうだから、ドイツに遊びに行くことくらいできたと思うし、英策が結婚する時だって、会うチャンスだったのに。

英策が18年間、千弥子さんと会わなかったのは、なにか気まずかったから?と、考えるなら、遊の気持ちもわかります。

思春期なのに、一人で悩んで可哀想な遊。

 

 

さて第32話はどうなる?

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第32話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第30話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ