「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第27話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆光希と遊が大喧嘩!?

   

かなり懐かしいですが、実写映画化にちなんで、吉住渉さん著の『ママレード・ボーイ』のあらすじ・ネタバレとツッコミ(感想)を紹介しています。

第26話では、バイト先で出会った蛍の意外な特技が明らかに…。

第27話では、蛍が過去を打ち明けます。そして光希と遊が大喧嘩!? 主な登場人物の紹介もあわせてどうぞ!

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第28話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第26話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第27話の主な登場人物

 

 

  • 小石川光希(こいしかわ みき)・・・主人公。高校2年生。元気いっぱいのテニス部員。突然の両親の離婚・パートナー交換し、同い年のイケメン男子・遊と同居することになった。以前は銀太のことが好きだったが、遊に恋してる。
  • 松浦遊(まつうら ゆう)・・・光希と一緒に暮らすことになったイケメン。女子に大人気。光希のことが好き。
  • 秋月茗子(あきづき めいこ)・・・光希の同級生で親友。父親は金持ちで、両親の仲は最悪。美人で大人っぽく覚めたところがあるが、光希にとって、何でも相談できる友人。担任の先生と付き合っていたが別れた。
  • 三輪悟史(みわさとし)・・・生徒会長。遊のことを異母兄弟だと思っていたが違った。茗子のことが好き。
  • 佐久間すず(さくますず)・・・モデル。超美少女。悟史のいとこ。キレイなものが好き。
  • 土屋蛍(つちやけい)・・・光希のバイト仲間。光希のことが好き

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第27話のあらすじ・ネタバレ☆光希と遊が大喧嘩!?

茗子が蛍のことを思い出した。

蛍は最年少で日本音楽コンクールのピアノ部門で優勝した経歴があったのだ。

しかも茗子の父親が仕事で取引のある会社社長の令息でもある。

 

もうすぐ夏休み。

茗子は例年通り、伊豆の別荘で読書でもして、のんびり過ごす予定。

光希はバイトと部活で大忙し…それと遊と二人で旅行!

 

 

その頃、すずは茗子と遊を恋人同士にするための作戦を決行していた。

 

すずは美術館のチケットを3枚だけ用意して、すずと遊と茗子の3人で行きたいと言うのだ。

遊は悟史や光希も誘おうと提案したが、すずは嫌がる。

自分は茗子さんのファンになったから、ぜったい茗子さんに来て欲しい。

悟史がいると、茗子さんが来ないかもしれない。

自分は茗子さんと遊が大好きだから、どうしても3人で行きたい!

と、上目遣いで遊に懇願した。

 

遊は仕方なく、すずの要望通り、茗子だけを誘う。

 

美術館に行く当日、すずは「急な仕事が入った」という理由でドタキャンし、遊と茗子を二人っきりにした。

しかも、こっそり証拠写真を撮っていたのだ。

更に遊と茗子は、光希に余計な心配をかけたくなくて、二人っきりで美術館に行ったことは秘密にすることに…。

 

光希はバイト帰りに蛍に会った。

蛍は家が近いのだと言う。

でも本当は、光希がバイト帰りの時間を狙って待ち伏せしていたのだ。

 

光希は蛍に、なぜピアノをやめたのか尋ねると、蛍は、子供の頃はピアノが好きだったと話す。

でも、天才と言われて、来る日も来る日もピアノ漬け日々。

次第に嫌気が差した蛍に、追い打ちをかけるように、好きでもない曲をコンクールで弾く様に強要された。

それがきっかけでピアノをやめると決めて、学校も休学し、マンションで一人暮らしさせてもらっているのだった。

 

蛍には、友だちなんていなかった。

同級生たちはライバルか、蛍を偶像視するやつばかりだ。

 

後日、バイト中にすずが訪ねてきて、偶然遊と茗子がデートしているところを見かけたと言って、証拠写真まで見せる。

 

光希がバイト先を出た直後、遊が店に来た。

一緒に帰ろうと思ったのだ。

 

光希に出会えず一人で帰ろうとする遊に、蛍が声をかける。

そして光希のブレスレットを見せて、「気に入らないから捨ててくれって頼まれた。」と言うのだ。

「別れたほうが良いんじゃねえの?」

 

自宅では、光希が遊と茗子のデートのことを考えて悶々としていた。

そこに帰宅した遊が、ブレスレットの件を切り出した。

遊は蛍の言ったことなんて信じていなかったが、早く取り返してこいと言う。

そして蛍は光希に気がある、変な男に気を持たせてんじゃねーよ!とキツく言ってしまうのだった。

 

遊の言い方にカチンと来た光希は、遊も茗子とデートしていたことを秘密にしていたと言って責める。

遊は光希のヤキモチを「バカみたい」と言って更に怒ってしまい、二人は大喧嘩をしてしまったのだった。

 

『ママレード・ボーイ』第27話の感想&ツッコミ

第27話では、蛍くんの事情がわかりましたねー。

蛍は天才ピアニストだったんですね。

そして走り続けた生活に疲れて、今は休んでるってことですね。

 

でも高校2年生の男子に一人暮らしさせるなんて、現実的じゃないなー。

蛍が身の回りのことを出来る男子ってこと?綺麗好き?

 

普通の高2男子を一人暮らしさせたら、部屋に虫が湧くね。

オール電化のマンションかなぁ。火事も怖いなぁ。←オバサン目線

 

 

蛍がピアノが嫌になったのって・・・

あれだ。

テニスの伊達公子さんみたいだ。

 

伊達公子さん、一旦引退してテニスから離れたんだけど、結局テニスが好きで現役復帰しましたよねー。

まぁ、伊達公子さんは元々実力がある人だったから、また最前線に戻ってこれたんですよね。

 

蛍もきっと、才能&努力で最前線まで戻ってくれると思います。

 

すずは…あんまり賢くない思い込みの激しい子供で困りますね。

 

その作戦、バレてめちゃくちゃ怒られるって想像しとこーよ!

 

で、全部引っ掛けだとわかっていても、怒って喧嘩しちゃう光希と遊。

遊みたいなイケメンに、我を忘れて怒ってもらえる、妬いてもらえるって、ガチで女子の願望です。

 

いーなー。分かりやすい恋愛で。

 

 

さて第28話はどうなる?

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第28話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第26話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ