「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第26話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆蛍の特技とすずの企み

      2017/09/17

かなり懐かしいですが、実写映画化にちなんで、吉住渉さん著の『ママレード・ボーイ』のあらすじ・ネタバレとツッコミ(感想)を紹介しています。

第25話では、光希が遊と旅行の約束をして、バイトを始めました。

第26話では、バイト先で出会った蛍の意外な特技が明らかに…。 主な登場人物の紹介もあわせてどうぞ!

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第27話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第25話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第26話の主な登場人物

 

 

  • 小石川光希(こいしかわ みき)・・・主人公。高校2年生。元気いっぱいのテニス部員。突然の両親の離婚・パートナー交換し、同い年のイケメン男子・遊と同居することになった。以前は銀太のことが好きだったが、遊に恋してる。
  • 松浦遊(まつうら ゆう)・・・光希と一緒に暮らすことになったイケメン。女子に大人気。光希のことが好き。
  • 須王銀太(すおう ぎんた)・・・光希の同級生でテニス部員。光希のことが好きだったが、今は亜梨実のことが好き。
  • 秋月茗子(あきづき めいこ)・・・光希の同級生で親友。父親は金持ちで、両親の仲は最悪。美人で大人っぽく覚めたところがあるが、光希にとって、何でも相談できる友人。担任の先生と付き合っていたが別れた。
  • 三輪悟史(みわさとし)・・・生徒会長。遊のことを異母兄弟だと思っていたが違った。茗子のことが好き。
  • 佐久間すず(さくますず)・・・モデル。超美少女。悟史のいとこ
  • 土屋蛍(つちやけい)・・・光希のバイト仲間。

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第26話のあらすじ・ネタバレ☆蛍の特技とすずの企み

すぐに意識が戻った光希。

ボンヤリした記憶の中、蛍に抱きしめられた気がするけど…まさかそんなことないと思い直した。

 

光希はめまいがするので、蛍にお礼を言ってバイトを早上がりさせてもらった。

 

一方、光希が蛍に抱きしめられているところを目撃したすずは、「遊先生というものがありながら、絶対許さないー!」と決意する。

 

光希が部屋で休んでいると、心配した遊が様子を見に来た。

 

遊はCM出演料を旅行費用に当てるつもりだったが、光希は自分のバイト代をあてたいと言う。

身体を心配してくれる遊に、光希はバイトはやってみたかったし、結構楽しいと伝えた。

 

そしてほんの少しの間、優しく抱きしめ合う光希と遊だった。

 

光希のバイト先に、遊、茗子、銀太の3人がお客として来てくれた。

最初、蛍は遊を値踏みするように見ていたが、茗子に気付くと急にバックヤードに行ってしまった。

 

日曜日の夜8時くらい、光希は茗子と遊んだ帰り道に蛍を見かけた。

光希が声をかけようとすると、蛍は店に入ってしまった。

店の看板には「ライブハウス」と書いてある。

どうやら生演奏を聴ける飲食店のようだ。光希は蛍の後に続いて店に入った。

 

光希が蛍に声をかける。

蛍はやっぱり音楽が好きなのだ。

生演奏に光希が目を輝かせていると、蛍がバンドに飛び入り参加してピアノを弾き始めた。

バンドメンバーたちは、即興でセッションしてくれ、お客も喜んでいた。

 

店を出ても興奮している光希は、蛍に感動を伝えて褒めちぎる。

「やっぱり音楽やってたんだね! あんなに弾けるようになるには相当練習したんでしょ?」

急に蛍は怒る。

「やめたんだ、もう。 やめたんだよ!あんなもの!!!」

 

さっきは光希に良いところを見せたくてやってしまったけど、もう音楽なんてやめたんだと言って、蛍は走り去ってしまった。

 

翌日、光希は茗子に蛍の話をした。

音楽をやめたことと、学校に行っていないことも関係あるのかもしれない。

 

茗子は茗子で、先日の蛍の態度が気になっていた。

自分を見て、隠れるように2階に行ってしまった蛍。

何処かであったんだと思うけど思い出せない……ピアノの発表会!?

 

 

放課後、茗子が図書館に向かう途中、すずが声をかけてきた。

すずに「どうしてお兄ちゃん(悟史)じゃダメなの?」と尋ねられた茗子は

「好きな人がいるの。想っても、想っても、どうしようもないんだけどね。」と寂しそうに答えた。

すずは、茗子が好きな人は遊なんだ!と完全に勘違いしてしまう。

 

茗子は図書館で音楽関係の雑誌を調べていて、何か見つけたようだ。

すずは遊に家庭教師してもらいながら

先日の光希が蛍と抱き合っていたことを言いつけてやろうか…イヤイヤ信じてもらえないかもしれないからやめとこう。

でも遊と光希を別れさせて、絶対に茗子に幸せになってもらうのよ!

と、茗子が遊と結ばれるための作戦を考えるのだった。

 

『ママレード・ボーイ』第26話の感想&ツッコミ

蛍と茗子、どういう関係があったのでしょうねー?

蛍はジャズピアニストを目指してたんでしょうか・・・

 

すずちゃんは…思い込み激しすぎて面倒くさい!

すずちゃんって、女子が最も苦手とするタイプの女子じゃないですか?

 

超可愛くて、超思い込み激しくて、お金持ちで何でも持ってて、変な方向の正義感働かせて、いらんことするっていう・・・

 

ママレード・ボーイの揉め事スケールが落ちてる気がするけど、両親のパートナー交換が一番の揉め事だったりして。

さて第27話はどうなる?

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第27話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第25話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで

映画『ママレード・ボーイ』決定したキャストとファンが予想・希望するキャストまとめ

スポンサーリンク

 

 - コミックネタバレ