「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第9話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆両親の入籍とお祝いディナー

   

かなり懐かしいですが、実写映画化にちなんで、吉住渉さん著の『ママレード・ボーイ』のあらすじ・ネタバレとツッコミ(感想)を紹介しています。

第8話では、銀太と遊がテニスの招待試合で見事に勝利!直後に亜梨実が銀太に告白しました。

第9話では、とうとう光希と遊の両親が入籍します。その時光希は…。主な登場人物の紹介もあわせてどうぞ!

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第10話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆二人っきりのクリスマス・イヴ

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第8話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆試合の勝敗は光希次第

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第9話の主な登場人物

 

 

  • 小石川光希(こいしかわ みき)・・・主人公。高校1年生。元気いっぱいのテニス部員。イケメンで時々優しい遊と以前から好きだった銀太のどちらも好きで、悩んでいる。
  • 小石川仁(こいしかわ じん)・・・主人公・光希の父親。銀行員。
  • 留美(まつうら るみ)・・・主人公・光希の母親。化粧品会社勤務。料理は下手。仁と離婚し要士と結婚して松浦留美になる。

 

  • 松浦遊(まつうら ゆう)・・・光希と一緒に暮らすことになったイケメン。女子に大人気。テニスが上手くスポーツが得意。
  • 松浦要士(まつうら ようじ)・・・遊の父親。商社マン。
  • 千弥子(こいしかわ ちやこ)・・・遊の母親。洋酒メーカー勤務。要士と離婚し仁と結婚して小石川千弥子になる。

 

  • 須王銀太(すおう ぎんた)・・・光希の同級生でテニス部員。光希が中学生の時に告白したが、こっぴどくフッたが、実は光希のことが好きだった。光希が遊にとられないか焦って告白した。
  • 秋月茗子(あきづき めいこ)・・・光希の同級生で親友。父親は金持ちで、両親の仲は最悪。美人で大人っぽく覚めたところがあるが、光希にとって、何でも相談できる友人。担任の名村先生と付き合っている。
  • 鈴木亜梨実(すずき ありみ)・・・遊の元カノ。美人でかなりモテる。気が強く、言いたいことをハッキリ言う自信家で挑戦的な性格。今でも遊が好き。

 

スポンサーリンク

 

『ママレード・ボーイ』第9話のあらすじ・ネタバレ☆両親の入籍とお祝いディナー

招待試合で負けた務とダブルスのパートナーが、坊主頭(要するに短髪のスポーツ刈り)になった写真を送っていた。

務の短髪は、けっこう似合ってるし女子にも人気らしく、意外と本人も満足している。と亜梨実が言っていた。

と銀太が発言。

 

「亜梨実さんと会ったの?」

光希は冷たく言った。

銀太と亜梨実は、日曜日に映画に行ったらしい。

 

慌てて銀太は「違うんだ、光希!あの子、強引で…。」と言い訳するが、光希は怒って何処かへ行ってしまった。

 

銀太のやつ、この前告白してくれたばかりなのに!

亜梨実さんだって、ずっと遊のことが好きで、一途な人だと思ってたのに!

 

イライラする光希に、茗子は「それって、ヤキモチなんじゃないの?」と言います。

光希は自分は遊のことが好きだから、銀太にヤキモチ焼くはずない!と言うが、茗子に「やっぱりヤキモチなんじゃない?」と言われてしまう。

 

茗子はふと、用事を思い出したと行って、先に帰ってしまった。

 

茗子は街で担任の名村を見つけたのだ。

「先生!」と声をかける茗子。

名村は周囲を気にするが、茗子は「先生と生徒が街で偶然会っただけなんだから、気にしなくて大丈夫。」と言う。

 

二人の秘密の恋愛も、あと2年と少しの辛抱だ。

 

一方、銀太と亜梨実は、カフェでおしゃべりしていた。

亜梨実は銀太と仲良くしていると見せかけて、光希にヤキモチを焼かせようとしていたのだ。

 

亜梨実の作戦は大成功。

銀太は亜梨実の作戦が読めずに、焦って亜梨実に「オレ、好きな子がいるから!」と言うのですが、あっさり「知ってるわよ。」と言われてしまう。

亜梨実だって、好きなのは遊だけだ。

亜梨実は自分の作戦を銀太に説明し、強力するように説得。

銀太は光希に振り向いてもらうために、亜梨実の作戦に乗ることにした。

 

 

今まで銀太は意識したことがなかったが、改めて亜梨実とが美人だと気づく。

 

 

その後も亜梨実は、銀太の部活を見に来たり、差し入れを持ってきたりと、仲の良さを光希にアピールしていた。

 

光希は銀太と亜梨実を見て、益々ヤキモチを焼くのだった。

 

光希と遊の両親が離婚して半年が経った。

女性は子供の父親をはっきりさせるために、離婚後半年間は再婚できないのだ。

そして、やっと再婚できることになった。

 

明日は2学期の終業式だから、学校は早く終る。両親達は結婚式は挙げず、入籍だけするつもりだ。

そして、ディナーはお祝いをかねてレストランで食事をする予定なので、光希と遊にも来て欲しいと言う。

 

光希は両親達の申し出に了解したものの、いざ両親たちが入籍してしまうと手放しで喜べなかった。

「おめでとう。」と言ったものの、光希はレストランに行かず、公園でぼーっとしていた。

 

公園のベンチで光希が放心していると、遊が声をかけてきた。

 

遊は光希の寂しい気持ちを聞いてくれて、二人はずっと公園のベンチに座っていた。

 

夕飯は光希と遊の二人でハンバーガーを食べた。

遊は「高級イタリアンを食べ損ねた。」とボヤいていたが、本当は優しい遊に光希は感謝していた。

 

入籍を済ませ、両親達は2度目のハワイ旅行に旅立つと言う。

 

なんと・・・お正月明けまで、光希は遊と二人暮らし!?

 

『ママレード・ボーイ』第9話の感想&ツッコミ

亜梨実ちゃん、計算高い女よね~。

女子からは絶対敵視されるね。

 

っていうか、亜梨実に女友達っているんだろうか?

亜梨実は恋愛のことしか考えてなくて、いつも誰かとデートしてる女子?

美人で、家族内がゴタゴタモメてて、恋愛ばかりしてる女子?

時々いるよね。そういう女子。(私の思い込み?)

 

亜梨実の家庭の事情が気になります。

 

さてさて、両親達のこと忘れてたけど、やっぱり入籍するんだね。

もう一緒に暮らしてて楽しいんだから、離婚も入籍も、光希が成人するまで待ってあげたら良いのに!

 

どんなに自由人の両親たちでも、パートナー交換なんて、高校生の心は傷つくと思う。

子供たちの心が大人になるまで我慢して欲しいです。

 

そして、高校生の娘と息子だけを残して、正月明けまで留守にするって、ダメでしょ!

 

不用心だし、お正月に両親がいないって、なんかなぁ~

ダメだって!

 

でもイケメンの遊と、両親という邪魔がいない状態で、同棲するって、これぞ10代女子の願望なんでしょうね。

大変よ。親がいないって。

 

同棲って料理だけじゃなくて、洗濯も掃除も全部やらなきゃいけないんだよ?

未熟な10代の子供たちに、いきなりやらせたら、家の中ぐちゃぐちゃで、良いことないと思う。

きれい好きの方が泣きを見ると思う。(現実的ですみません!20代で経験しても大変だったので!)

 

さて第10話での10代女子の願望はどうなる?

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第10話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆二人っきりのクリスマス・イヴ

「ママレード・ボーイ」あらすじ・ネタバレ【第8話】感想&ツッコミも第1話から最終話まで☆試合の勝敗は光希次第

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ