今井絵理子議員の罰則は?ビール券配りはどんな罪?公職選挙法違反寄付の過去の例

   

神戸市議会の元議員・橋本健氏との略奪不倫で世間を騒がせてしまった今井絵理子参議院議員。

反省して身長に振る舞えば良いのに、気が利きすぎて先輩議員の出世祝にビール券を配ったそうなのです。

ビール券を配るのは公職選挙法違反にあたるので、法律違反なわけで…今井絵理子議員にはどんな罰則があるんでしょう?

橋本健市議と印刷会社B社との関係が黒い!他にも架空請求した議員がいるのでは?

スポンサーリンク

 

今井絵理子議員がビール券配るのは公職選挙法違反?

今井絵理子議員は十数人の先輩議員が8月の内閣改造人事で出世したということで、お祝いとしてビール券をプレゼントしてしまいました。

このビール券を配ったのが公職選挙法の「寄付」にあたるというのです。

 

今井絵理子議員は比例区での当選議員なので、選挙区に寄付する行為ではなくても、相手が議員でも「寄付」にあたるということです。

総務省や有識者からは

総務省選挙課は「明らかな公選法違反となります」と回答。政治資金に詳しい日大法学部の岩井奉信教授も、「花などの物品ではなく、換金できる金券を渡しているわけですから、かなり悪質」と指摘する。

と言われ、苦しい立場になってしまった今井絵理子議員。

法律に詳しくない今井議員を支える秘書がいなかったんでしょうね。

先輩に気を利かせたつもりだったと思うのですが、ちょっと気の毒。

ではこの公職選挙法で禁止されている「寄付行為」ってどんな罪に問われるのでしょう?

 

スポンサーリンク

 

今井絵理子議員の公職選挙法違反はどんな罪になる?

公職選挙法で刑罰があるのは

  • 買収及び利害誘導罪(三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金)
  • 多数人買収及び多数人利害誘導罪(五年以下の懲役又は禁錮)
  • 公職の候補者及び当選人に対する買収及び利害誘導罪(四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金)
  • おとり罪
  • 選挙の自由妨害罪(四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金)
  • 職権濫用による選挙の自由妨害罪

など。

では、寄付ってどれくらいの罪になるのでしょう?

 

2015年に公職選挙法で禁止されている「寄付行為」で問題になった議員がいました。

2017年の選挙で落選した、27歳の中村彩氏を立てた選挙区の議員だった人で、既に引退した元東京都議会議員の内田茂氏です。

中村彩氏のキャラが濃くて、後ろにいた内田茂氏まで話題になりました。

 

内田茂氏は2013年の都議会議員選挙で、地元にビール券を配ったのです。

この内田茂氏のビール券配りが、公職選挙法違反に当たるということで告発されたわけですが…

逮捕ではなく書類送検でした。

逃亡の恐れがなかったのでしょうね。

 

更に東京地検は不起訴処分としたのです。つまり起訴されなかったんです!

不起訴の理由は、「金額が少なかったから」。

 

内田茂氏は「東京都議会のドン」とも呼ばれるベテラン議員だったのですが、うっかり公職選挙法違反しちゃうものでしょうか。

今井絵理子議員の配ったビール券の金額はどれくらいなのか、まだわかっていませんが

書類送検⇨不起訴

となる可能性が高そうですね。

橋本健市議と印刷会社B社との関係が黒い!他にも架空請求した議員がいるのでは?

「橋本健議員✕奥さん✕画像」で出てくる美人は本物?別人?いつから夫婦関係は破綻したのか?

スポンサーリンク

 - 人物, 身近な疑問