ステンレスの青錆(緑青)の落とし方☆使うものは?傷をつけずにキレイにする方法を試した結果

      2017/08/22

しばらく使っていないステンレスの蛇口、お掃除をサボってしまった時

青緑色のカビみたいな、銅製品見られる緑青(ろくしょう)みたいな汚れが、ステンレス製の蛇口などについてしまうことありますよね?

ここでは、ステンレスの青緑色の汚れのお掃除方法と、やってみた結果を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ステンレスの青緑色の汚れは錆(サビ)!

ステンレスの蛇口などについた青緑色の汚れ、雑巾やスポンジでこすっても落ちませんよね?

それは、この汚れが錆(サビ)だから

 

でも青緑色になる錆(サビ)って、銅なんじゃないの?って思いますよね。

 

ステンレスは合金で、鉄、クロム、ニッケルからできています。

そして、クロムとニッケルの錆(サビ)の色は青緑っぽい色なので、ステンレスに青緑色の錆(サビ)が発生するのです。

銅と同じように緑青(ろくしょう)と言ったり、青錆なんて呼ばれたりします。

 

ではこのステンレスの青錆(緑青)をキレイに落とすには、どんな方法があるのでしょう?

 

ステンレスの青錆の落としで使えるもの(用意するもの)

ステンレスの青錆(緑青)は、「削る」とか「剥がす」方向で落としていきます。

 

錆落としで使えるものは・・・

  1. メラミンスポンジ
  2. クリームクレンザー
  3. KURE 5-56
  4. 目の細かいサンドペーパー

などですね。

 

エコ掃除が好きな人は、メラミンスポンジや酢(クエン酸など)を使って青錆(緑青)落としができればうれしいです。

徹底的に青錆(緑青)を落としたいなら、サンドペーパーを使ったほうが確実です。

ただサンドペーパーは上手に使わないと、ステンレスが傷だらけになる可能性があるので最終手段。

 

そこでここでは、サンドペーパー以外の

  • メラミンスポンジ
  • クリームクレンザー
  • KURE 5-56

で、ステンレスの青錆(緑青)落としをした結果を紹介します。

 

ステンレスの錆落とし方法を試してみた結果

まず、こちらの蛇口の青錆(緑青)を御覧ください~

では順番に試してみます。

 

メラミンスポンジ

メラミンスポンジで青錆(緑青)を落とす方法は、水を含ませて擦るだけ。

結果は・・・

・・・・青錆(緑青)、あまり落ちてないですね。

 

クリームクレンザー

クリームクレンザーで青錆(緑青)を落とす方法は、通常のクリームクレンザーの使用方法と同じです。

スポンジにつけてクルクル擦り、水で流します。

結果は・・・

青サビ以外がキレイになった!(ダメじゃん)

 

スポンサーリンク

 

KURE 5-56

自転車の茶色いサビだって、そこそこキレイになるKURE 5-56なら、青錆(緑青)落としも期待できます!

方法は、KURE 5-56を直接、青錆(緑青)にかけて10分くらい置いた後、雑巾などで擦ります。

結果は・・・

完璧!とは言えないまでも、かなりキレイに青錆(緑青)を落とせたと思います!

 

別の角度からも見てみましょう。

KURE 5-56使用前⇩

KURE 5-56使用後⇩

かなり青錆(緑青)が落ちたのがわかりますね!

でもあと少し、青錆(緑青)が残っていて残念です。

 

酢(クエン酸水)

ステンレスの錆落としに、酢を使う方法もあると聞いたので、KURE 5-56でも落ちなかった青錆(緑青)に試してみました。

 

酢を使った錆落としの方法は、クエン酸水溶液を青錆(緑青)につけて10分くらい待った後、ブラシやメラミンスポンジで擦ります。

その結果…

いかがですか?

心なしか青錆(緑青)が落ちているようです。

KURE 5-56で落ちやすくなっていたのか…

 

ともかく、完璧とはいかないまでも、目立つ青錆(緑青)は落とすことができました。

これ以上の青錆(緑青)落としを求めるなら、最終兵器のサンドペーパーを使うことになりそうです。

 

まとめ

ステンレスの青錆(緑青)落としの落とし方をまとめると

  • メラミンスポンジ、クリームクレンザーは、あまり効果がない。
  • KURE 5-56は確実に青錆(緑青)を落とせる
  • 酢も試してみる価値あり。
  • 完璧を求めるなら、目の細かいサンドペーパーを使う。

あなたも気になる青錆(緑青)を見つけたら、ぜひ試してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 - 掃除, 生活