『青野くんに触りたいから死にたい』1巻(第1話)あらすじ&ネタバレと感想

   

最近読んだマンガ、椎名うみさん著の『青野くんに触りたいから死にたい』のあらすじ、ネタバレと超個人的な感想です。

『青野くんに触りたいから死にたい』は「アフタヌーン」で2016年12月から連載が始まったマンガで、一見ラブストーリー。

でも読んでみると、かなりホラー!

第1話を無料で読める試し読みも紹介しています。

スポンサーリンク

 

『青野くんに触りたいから死にたい』1巻(第1話)のあらすじ&ネタバレ

↑なかなかキレイな表紙で少女漫画みたいです。

第1話 彼氏ができた

主人公は高校2年生の刈谷優里(かりやゆうり)。D組です。

廊下でぶつかったC組の青野龍平(あおのりゅうへい)くんに優しくしてもらって、恋しちゃいました。

 

最初は完全に優里の片思いでしたが、なんとか自分の事を知ってもらいたい優里は・・・

いきなり告白。

そして、すんなり青野くんの彼女となりました。

 

屋上で一緒にお昼を食べたり、一緒に下校したり、楽しい毎日が始まったの束の間

付き合って2週間で青野くんは交通事故に遭い、亡くなったのです。

 

優里は青野くんにもう会えないショックと、通夜にも行けなかったことを悔やんでカッターナイフで手首を切ろうとしました。

 

すると突然、青野くんが現れます。

喜びのあまり、青野くんに抱きつこうとする優里でしたが、幽霊の青野くんに触れることは出来ません。

青野くんに触れたい!そのためには死ぬしかない!と考える優里でしたが、青野くんは必死でやめさせます。

ずっとそばにいるから・・・

 

こうして優里に、幽霊の彼氏が出来ました。

 

人前で青野くんと会話すると優里が変な人になってしまうので、ケータイを使って電話しているふりをして、名前も青野くんを知っている人にバレないように「赤川くん」としました。

普通に付き合っていればするはずだった会話をしたり、一緒にDVDを観たり・・・。

 

ふと、優里は青野くんに憑依できないのか聞いてみました。

青野くんは憑依なんてしない、っていうかやったことない!と言いましたが・・・優里は自分で試してみないかと言います。

突然、青野くんは別人のような表情に変わり、ちゃんと招いて欲しいと言うのです。

優里は青野くんを招き、青野くんは優里の中に入っていきました。

 

ほんの数分のことでしたが、青野くんは別人のようになった時の記憶がありません。

幽霊になった青野くんはモンスターかもしれない。

でも優里は、モンスターだとしても青野くんと一緒にいたいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

『青野くんに触りたいから死にたい』1巻(第1話)の感想

優里を一言で言うと、多分「メンヘラ」何だと思う。

青野くんと付き合う前の優里の妄想は酷い。

高校生くらいのころって、妄想することが多いのかもしれないけど、優里ってヤバイな。というのが第一印象。

 

でも物語が進むと、優里ってすごく良い子です。

青野くんの気持ちも考えるし、顔も可愛い。

 

青野くんも優しくて、優里とのやり取りは微笑ましい!

 

青野くんが優里に憑依する時に、別人のような表情になったけど、それは生前の青野くんとは全く違う「黄泉の国の住人」の顔なのかなぁ。

 

憑依の仕方もグロテスクで、評判通りのホラーに発展しそうです。

第1話は試し読みできるので、まずは無料で読んでみて下さい♪

『青野くんに触りたいから死にたい』第1話の試し読みはこちら

 

スポンサーリンク

 - コミックネタバレ, 本ネタバレ