みのすけ大河『直虎』で酒井忠次役☆どんな人?Twitterが面白い!役どころや史実も紹介

      2017/08/07

大河ドラマ『おんな城主直虎』で酒井忠次役をみのすけさんが演じます!

みのすけさんとは、どんな人なのでしょう?

意外な経歴や、家族、Twitterについてと、酒井忠次という武将の史実やドラマでの役どころを紹介します。

中村織央大河『直虎』石川数正役☆ワイルドなイケメン!どんな人?役どころと史実も紹介

スポンサーリンク

 

大河『直虎』で酒井忠次役のみのすけってどんな人?Twitterが超楽しい人!

大河ドラマ『おんな城主直虎』で酒井忠次役を演じているみのすけさん。

簡単なプロフィールはこちら!

  • 生年月日・・・・・1965年4月25日(2017年8月現在52歳)
  • 出身地・・・・・・東京都
  • 職業・・・・・・・俳優、声優、ミュージシャン

実は!

みのすけさんは1983年~1988年に、”美濃介”として「筋肉少女帯」のドラムをやっていたんです!!!

その後のミュージシャン活動では、ドラムではなく、ボーカル&ギターとして活躍してるので、何でも出来るんですね~♪

 

奥さんは漫画家の佐藤ゆうこさんです。

みのすけさんのTwitterでは、奥さんの描いた家族エピソードマンガが沢山見れます♪

とっても可愛らしくて楽しくて、愛があふれるマンガなので、子育て中の方には超おすすめです!

 

みのすけさんの子供は男の子二人。

長男は大学2年生。

次男は小学校に入学したばかり。

子供たちの年齢が離れているのは、長男くんがみのすけさんと血がつながってない連れ子なせいだと思いますが、

妻・ゆうこさんのブログや、Twitterでのマンガを見ていると、夫婦円満の良い家庭なんだろうなぁと感じました。

 

では、素敵な家族に囲まれたみのすけさんが演じる酒井忠次とはどんな人でしょう?

 

スポンサーリンク

 

みのすけが大河『直虎』で演じる酒井忠次とは?史実や役どころも紹介

みのすけさんが大河ドラマ『おんな城主直虎』で演じるのは、徳川家康の家臣・酒井忠次(さかいただつぐ)。

酒井忠次は、生まれた時から松平家(後の徳川家)の家臣で、徳川四天王・徳川十六神将と並び、超重要な家康の家臣でした。

 

徳川家康の生まれた家・松平の家臣の家に生まれ、酒井忠次みのすけさん)自身も、元々は徳川家康の父・松平広忠の家臣でした。

その後、今川義元の人質として家康(竹千代)が駿府に行った時も、酒井忠次みのすけさん)は同行。

 

駿府に行くお供の中では、酒井忠次みのすけさん)が一番年上で、23歳でした。

 

1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いで、今川の人質から脱した家康。

もちろん酒井忠次みのすけさん)もずっと一緒で、家老に出世しました。

1563年(永禄6年)の三河一向一揆では、多くの家康の家臣や忠次の叔父さんが一揆をする側に関わりましたが、酒井忠次みのすけさん)は家康側で戦いました。

どの戦いでも血を流すばかりではなく、を尽くして戦い、その戦いぶりは織田信長も

「背に目を持つごとし」

と褒め称えました。

↑ドラマでは失敗してましたが!

 

そして、酒井忠次みのすけさん)の性格は・・・激しいです。

超怖いです。

時に血も涙もない冷酷な武将・酒井忠次。

 

大河ドラマ『おんな城主直虎』では、小野但馬守政次(高橋一生さん)が亡き後、気賀の城にいた武士以外の商人や雲龍党の人達が皆殺しなる計画を立てた人物です。

家康(阿部サダヲさん)も「ここまでやる必要はあったのか・・・。」と言ったほど、目的のためには恐ろしい鬼になる人。

ほんと怖い。

 

史実では、瀬名姫(築山殿)の息子・松平信康が織田信長を裏切ったという疑いをかけられた際、家康側の使者として安土城に行きました。

でも結局、信長に許してもらえず、瀬名姫(築山殿)も松平信康も助かりませんでした。

 

因みに本能寺の変を起こした明智光秀打ちの時、先陣を務めたそうです。

 

ここまでよく働く武将だった忠次ですが、家督を息子に譲り、家康が関東に行ってからは、良い扱いを受けていませんでした。

井伊直政など徳川四天王は十万石を与えられていたのに対し、忠次の息子にはわずか三万石。

もしかしたら、家康が忠次に助けてもらえなかった息子・信康のことを恨んでいたのか、それとも・・・。

 

とはいえ、酒井忠次の子孫は、ずっと徳川幕府を支え続け、困ったときには頼りになる家臣だったんですよ。

そして忠次の孫の代から、庄内藩主(東北の庄内地方)となりました。

 

 

酒井忠次みのすけさん)は1596年(慶長元年)10月28日に、秀吉からもらった京都の桜井屋敷にて、70歳で亡くなります。

豊臣秀吉が亡くなる2年前のことでした。

徳川幕府、見たかったでしょうね。

 

酒井忠次みのすけさん)の末裔(酒井家の19代目・酒井忠順さん)は今、松岡物産株式会社の代表取締役社長と公益財団法人である致道博物館の理事をされています。

庄内藩主の家柄として続いた酒井家、19代目も「殿!」とか呼ばれてるのでしょうか?(笑)

 

みのすけさん、血も涙もない忠次、楽しみにしてます!

中村織央大河『直虎』石川数正役☆ワイルドなイケメン!どんな人?役どころと史実も紹介

 

スポンサーリンク

 - 人物, 大河ドラマ