板谷由夏『セシルのもくろみ』で黒沢洵子役!腹黒い?子供は何歳?インスタが素敵すぎる!

   

ドラマ『セシルのもくろみ』、始まってしまいました。

今回、モデルの世界がテーマになっているので、板谷由夏さんもモデル役で出演すべきだったと思えるほど、いつもおきれいな板谷由夏さん。

今後、ドラマの中でどういう役割をはたすのか気になるので、役どころをまとめました。

そして私生活での板谷由夏さんの母の顔も覗いてみましたよ♪

 

スポンサーリンク

 

板谷由夏『セシルのもくろみ』で編集デスク・黒沢洵子!役どころは?

ドラマ『セシルのもくろみ』で板谷由夏さんが演じるのは、人気ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスク・黒沢洵子です。

黒沢洵子(板谷由夏さん)は、クールで仕事が出来る女。

・・・・ですが、同期の石田信也(眞島秀和さん)は先に副編集長に出世してしまって、同期でライバルだったはずなのに、上司と部下の関係になって、静かにぶつかり合っています。

 

かといって、洵子(板谷由夏さん)が南城編集長(リリー・フランキーさん)寄りかというと、そうでもなく、全く誰かのために編集デスクの仕事を頑張るタイプではありません。

簡単に言うと、自分が編集長、又はその上に出世することを目指して、虎視眈々と仕事をこなすタイプ。

洵子(板谷由夏さん)は、一見知も涙もなさそうな怖い女性に見えるときがありますが、ヒロインのミヤジ(真木よう子さん)や、ライターの沖田江里(伊藤歩さん)に的確な指摘やアドバイスをくれます。

本当は、「ヴァニティ」の中で一番仕事が出来る人なのかもしれません。

 

ドラマ『セシルのもくろみ』には原作小説があるのですが

↑小説の『セシルのもくろみ』に登場する編集デスク・黒沢洵子の性格は、ドラマと全然違います!

 

小説の洵子は、もっと淡々としていて、キャリアウーマンオーラ以外のオーラがないというか・・・

物語の中で、ヒロインが仕事でお世話になる人という以外に何もない人物です。

つまり「セシルのようなもくろみ」がない人でした。

 

それがドラマでは板谷由夏さんが挑戦的な眼差しで演じるてるし、モデル同士の闘いよりデスクの洵子と副編集長・石田のバトルの方が余程怖そうに見えます!

 

原作では副編集長の石田(眞島秀和さん)は、読者モデルの小田と不倫してて、ドラマでは、同じく読者モデルの葵(佐藤江梨子さん)と不倫中。

この辺を利用して、洵子(板谷由夏さん)が石田を蹴落とす可能性もありですね。

 

スポンサーリンク

 

板谷由夏は二児の母!子供は何歳?素敵な子育て画像も

モデル出身の女優・板谷由夏さんは、プライベートでは二児の母です。

 

2007年にスタイリストの古田ひろひこさんと婚し

2008年6月に第一子(男の子)

2012年8月9日に第二子(男の子)を出産しました。

 

2017年現在、息子さん達は9歳と5歳ですね~。

 

場末のバス停にて。

Hirohiko Furutaさん(@chelseafilms)がシェアした投稿 –

↑板谷由夏さんの旦那さんと息子さん達+α

 

息子さん達は空手をやっているようで、よく旦那さんのインスタで見かけます。

 

なんとも嬉しそうな顔にこーゆーご褒美が子供たちの背中を押したりするんだろうなぁと思う三寒四温です。

Hirohiko Furutaさん(@chelseafilms)がシェアした投稿 –

 

 

座間市大会。上チビ組手で個人、団体ともに3位。父ちゃん形で初戦失格。

Hirohiko Furutaさん(@chelseafilms)がシェアした投稿 –

すごい!個人も団体も3位だったんですね。

この息子さんの空手は、主に父と息子の活動みたいで、板谷由夏さんのインスタには登場しませんが、自宅での可愛い息子たち画像は、板谷由夏さんのインスタにも頻繁に登場します。

素敵な庭で水遊びする小さな息子ちゃんとか⇩

 

ありがとう。 今日も無事にスタートしました。 良き日にしましょう。

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –

 

絵になりますねー!素敵!

まるでリアル”ハマユカ”です。

 

インスタも素敵ですが、ドラマ『セシルのもくろみ』でのカッコイイ板谷由夏さん、毎週楽しみです♪

 

スポンサーリンク

 - 人物, 連続ドラマ