浅野史郎氏に高須克弥氏激怒!「ミヤネ屋」でどんな謝罪した?(動画あり)昔から失言が多い人だった

      2017/07/27

高須クリニックの高須克弥院長を怒らせて、「そのじじいとやらも血祭りにあげようかな♫」と言わせてしまった浅野史郎氏って、どんな人でしょう?

失言をした「ミヤネ屋」本番中に謝罪はあったのでしょうか?

浅野史郎氏は、元々失言しやすい人みたいですが、どんな失言をしたのでしょう?

スポンサーリンク

 

浅野史郎氏のプロフィール

浅野史郎(あさのしろう)氏は、1948年2月8日生まれ。

2017年7月現在69歳です。

岩手県大船渡市出身。

東京大学法学部を卒業して、厚生省に入省しました。

厚生省時代には、研究員としてアメリカのイリノイ大学に留学しました。

 

1978年に、外務省在アメリカ合衆国日本大使館の一等書記官になり

1981年に、厚生省年金局年金課課長補佐になります。

優秀なんですねー!

1993年11月には、厚生省を退官し、宮城県知事選に出馬・当選しました。

1997年、宮城県知事再当選

2001年、宮城県知事に3回目の再当選。

浅野史郎氏は、宮城県知事を3度務めた後、 東北大学大学院法学研究科附属法政実務教育研究センター客員教授(2005年~2007年3月)

2006年、慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科教授になり

2007年には東京都知事選挙に立候補するも落選(当選したのは石原慎太郎氏)

 

現在は、神奈川大学特別招聘教授であり、テレビでのコメンテーターもしてますが、元々発言が軽い人なんです。

 

 

 

浅野史郎氏が高須克弥氏に失言!法律をわかってない!

では、2017年7月25日に情報番組「ミヤネ屋」で、浅野史郎氏が高須克弥氏を怒らせた失言を、動画で聞いてみましょう。

2017年7月25日のミヤネ屋にて、浅野史郎氏の失言はこちら

この話は、2017年の5月に、民進党の大西健介衆議院議員が、委員会中で「悪徳な美容外科の広告や勧誘の問題」について述べている中で悪徳美容外科の陳腐なCMについて「イエス、○○と連呼するCM」と言っちゃった件についてです。

高須克弥氏は、大西議員と民進党の党首・蓮舫氏を名誉毀損で訴えたわけですが・・・

浅野史郎氏は「本当のことを言ったって名誉毀損にならない」と言ったんですね。

 

私は美容整形外科にお世話になっていないので、「高須クリニック」が悪徳な美容整形外科かどうかなどわかりませんが(個人的には西原理恵子さんのファンなので、旦那様の高須克弥氏も信じてます。)

問題は、「本当のことを言ったって名誉毀損にならない」と、浅野史郎氏が言ったことです。

 

実は、名誉毀損になる条件とは刑法第230条第1項で、次のように定められています。

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する

その事実の有無にかかわらず」

ですよ。

名誉毀損に、悪徳か悪徳じゃないかなんて関係ないんですよ。

 

当然、高須克弥氏は立腹!

ちーまーつーりー(((・Α・川)))

 

因みに、高須クリニックは、「ミヤネ屋」のスポンサー企業。

で、結局こうなりました。⇩

浅野史郎氏の発言に対する謝罪(動画)

高須克弥氏は浅野氏が「ミヤネ屋」の放送中に謝罪することを求めていましたが、本人は謝罪せず、宮根さんらに代わりに謝ってもらったのでした。

しかも言い訳付き。

 

浅野史郎氏は東京大学の法学部を卒業していますが、司法試験は受けていないようなので、法律には疎いようですね。

でもちょっと調べればわかることなので、軽々しく発言するのは控えたほうが良いですよ~

 

スポンサーリンク

 

浅野史郎氏の過去の失言・これはヒドイ…

 

浅野史郎氏は、自分でも失言が多い方だと理解している様子。

浅野氏本人のサイト「夢らいん」にも、過去の失言について書いています。

どんなことを書いているかというと・・・

失言は得意なほうである。なにしろ、昔から一言多いと言われてきた。沈黙は金、雄弁は銀であると知りながら、常に銀メダルねらいの人生であった。沈黙していることを苦手とする性格であるから、必然的に失言のチャンスが多くなる。

得意って言うあたり、直す気なさそう!

 

浅野史郎氏は、三度目の宮城県知事を務めていた時、宮城県北部連続地震がありまして、その時ブラジルにいたそうです。

帰国した浅野史郎氏は、最初の記者会見で、「帰国が遅かった」と言われ

「阪神淡路大震災級の地震だったら、すぐに帰国した」

最悪です。

この失言は全国に知れてしまい、他県からも「なんだこのオジサンは!」と思われたのでした。

この時の浅野史郎氏は、とにかく言い訳せず、平謝りした結果、上西小百合議員のように次々に炎上することもなく、事態は収まったのでした。

 

今回は、「ミヤネ屋」の番組内で謝ることを要求されていたのに、自分では誤りませんでしたね。

高須克弥氏の裁判自体を理解していなかったと言って(たぶん嘘)…。

でも浅野氏からの誠意は見えませんでしたが、「ミヤネ屋」の誠意は見えたようで、高須克弥氏のツイートには

おお~!高須克弥氏、許してくれました!

良かった、良かったε-(´∀`*)ホッ

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 身近な疑問