NHKのBS受信料マンションの場合断り方☆支払い義務や法律も知っておこう!

      2017/09/25

あなたの家は戸建てですか?マンションなどの集合住宅ですか?

BSのアンテナはついてますか?

引っ越し直後のバタバタした時期に、NHKの訪問員が来て、嫌な思いをすることがありますよね。

観ないBSの受信料を求められるとか!

NHKから委託された訪問員が言うBS受信料の「決まり」って何なのか、というお話と、支払い義務はあるのか、断る方法があるとすればどんな方法なのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

NHKのBSアンテナがついてるマンションに引っ越すと訪問員が来た!

マンションに引っ越してきて間もなく、NHKの職員ではなく、NHKに委託された訪問員がやって来ました。

そう言えば、インターネットでNHKのお引っ越し作業やろうと思ってたのに忘れてた。

丁度いいから、今、訪問員に引越手続きしてもらおう。

 

すると、訪問員が言うには

「このマンションは、BSのアンテナがついているので、BS受信料の契約もして下さい。」

 

そこからの会話は

私:「BS、全く観てないし、これからも観るつもりないです。」

訪問員:「マンションにアンテナが付いていると、決まりなので払ってもらわないといけません。」

私:「見れませんけど?」

訪問員:「アンテナを差し替えれば観れます。」

私:「差し替えませんけど?」

訪問員:「分配器を買ってきて使えば、差し替えなくても観れます。」

 

要するに、「観ようと思えば見られる環境に住んでいるから、BSの受信料を支払わなければならない。」という”決まり”があるというのです。

 

少し受信料が安くなる口座引き落としやクレジットカード払いの場合

地上波のみからBSの契約に変わると・・・

  • 2ヶ月払い・・・2,520円⇨4,460円(差額1,940円)
  • 6ヶ月払い・・・7,190円⇨12,760円(差額5,570円)
  • 12ヶ月・・・・13,990円⇨24,770円(差額10,780円)

 

なんと1年で10,780円も多く受信料を支払わなければなりません。

BSので何を放送しているのかも知らないのに。

っていうか、日々忙しくて、これ以上テレビ観る時間がないし、今の地上波だけでかなり満足してます。

観たことない、観るつもりがないBSの受信料の支払いについて、なんだか納得できなかったので調べてみると、意外なことがわかりました。

 

NHKのBS受信料についての決まりごと

NHKの受信料は法律で決まっています。

 

放送法の第64条1項によると・・・

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りではない。

受信設備を設置した者は、契約して、受信料も払わなければいけないんですねー。

契約していなければ、支払い義務はないのですが、

2013年にNHKが起こした裁判で、「受信者は契約しなさい!」っていう結果になったんです。

 

賃貸マンションなどに、大家さんが設置したBS用のアンテナがある場合に、NHKに委託された訪問員がBS受信料の請求に来るのですが・・・

アンテナは受信設備でしょうね。

BS分配器も受信設備に入る?

 

BS分配器がない場合はどうなる?

BS分配器・衛星放送の分配器は街の電気屋さんでもインターネットでも1,000円程度で購入できて、設置も難しくありません。

この分配器があれば、リモコン操作だけで、地デジ⇔BSの切り替えができます。

 

でも分配器が無ければ・・・毎回テレビの後ろ側にあるアンテナの差し替えをすることで、地デジ⇔BSの切り替えができるわけですが・・・

面倒くさいし、現実にそんな面倒なことする人は、まぁいないでしょう。

 

この1,000円程度の分配器も立派な受信設備です。

だから分配器がない場合、BS受信設備が整っているとは言えないのです。

訪問員は、「分配器を買ってくれば、受信設備が整うので、支払い義務はある。」と言うと思いますが

そんなことを言ったら、「テレビを買ってくれば見れるんだから、支払い義務はある。」と言って、テレビを持っていない人にも支払わせることと一緒ですよね。

現実に、「テレビを持っていない。」「地デジ放送を受信する携帯電話もカーナビもない。」と言えば、NHKの受信契約を求められることはないですしね。

 

では、NHKから委託された訪問員に、なんて言えばBS受信料を断れるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

NHKのBS受信料の支払いの断り方は?

NHKのBS受信料の契約を求められた時の断り方は、

まず、ドアは開けない。インターホン又は、ドアチェーンをつけたまま対応し

  • 地デジしか観ていない。
  • これからBS放送を見る予定はない
  • 分配器を持っていない。

などの現状を伝えます。

それでダメなら

放送法で言う、受信設備が整っていないので契約するつもりはありません。

と伝えます。

 

自宅のテレビはBSの受信を目的としてないことや、契約の意思がないこともしっかり伝えてみましょう。

それでも訪問員が帰ってくれない、しつこく何度も来る場合は、警察に電話して

「家の前に怪しい人がいて帰ってくれません!」

と助けを求めればOKです。

でも大抵の場合、「警察に電話しますね。」と言うだけで帰ってくれますよ。

 

また、無理やり契約させられた場合は、弁護士に相談するのもアリです。

分配器受信設備なので、持っていなければ支払いの義務なんてないので、強気でいきましょう!

※分配器使ってて、BS観てるのなら受信料を払いましょうねー。

 

スポンサーリンク

 - 生活, 身近な疑問