伊藤歩『セシルのもくろみ』で沖田江里役☆役どころは?怖い人じゃない?!

   

2017年6月に公開された映画『昼顔』で、皆が凍りつくような演技と壮絶な最後を見せてくれた伊藤歩さん。

7月13日からフジで始まる『セシルのもくろみ』ではどんな役を演じるのでしょうか?

原作の話も混ぜながら紹介します。

それと伊藤歩さんは怖い役が多いイメージですが、実際はどうなんでしょう?

 

スポンサーリンク

 

伊藤歩は怖い役が多い?どんな役だった?

2017年の今年、37歳を迎える伊藤歩さんは、6歳でモデルデビュー。

13歳で映画デビュー。

女優としては大ベテランですね。

伊藤歩さんは、昔から主役を食うと言われるほど存在感のある演技が定評で、『昼顔』の映画でもドラマでも安定の「狂気」を見せてくれました。

夫に浮気されて、偽装妊娠したり、ベランダから飛び降りようとしたり、ただのヤキモチじゃなくて、「あ、正常な人じゃないな…」というのを感じました。

 

 松嶋菜々子さんの主演のドラマ『営業部長 吉良奈津子』でも、ジワジワ怖いベビーシッター役でしたね。

ママである松嶋菜々子さんの作った料理を犬にあげて、自分の料理をシッターしてる子供に食べさせたり、どうにかして旦那さんと二人きりになろうとしたり…怖かったー!

 

あれ?伊藤歩さんって怖い役多い!って思ってたけっど、『昼顔』と『営業部長 吉良奈津子』くらいでしょうか。

なんだか意外ですが、要するに伊藤歩さんは「怖い役」が上手すぎたのかも。

その有り余る伊藤歩さんの演技力を、ドラマ『セシルのもくろみ』でどんなふうに発揮してくれるのでしょうか? 役どころを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

伊藤歩『セシルのもくろみ』での役どころは?ネタバレあり

伊藤歩さんがドラマ『セシルのもくろみ』で演じるのは、ファッションライターの沖田江里。

元々は、ファッションブランドのPRをしていた沖田江里(伊藤歩さん)でしたが、その仕事がなくなり、今はファッション紙の記事を書いたり、企画を考えるファッションライターとして頑張っていこうと思っています。

予告動画です!

江里(伊藤歩さん)は、人気ファッション誌「ヴァニティ」で奈央(真木よう子さん)の担当となって、奈央をモデルとして成功させることで、自分もファッションライターとしてのし上がろうと考えています。

原作の小説では、賢くて淡々と計画を勧めるイメージでしたが、ドラマでの江里(伊藤歩さん)はちょっと違う!

熱血ファッションライターで、奈央(真木よう子さん)へのダメ出しも遠慮ないです。

ミステリアスな雰囲気はナシ!

キャリアウーマン目指してファッション業界を全速力で走るような人ですね。

 

因みにヒロイン・奈央(真木よう子さん)の味方です。

 

江里(伊藤歩さん)は野心はありますが、人を蹴落としたりはしないし、「セシルのもくろみ」と言われるようなもくろみもない気がしますが・・・

最終的に「ヴァニティ」のカバーモデルが変わって、売上が落ちて、編集長が左遷された時は、さっさと別の雑誌にお引っ越しします。

生き残っていくためには仕方ないですよね。

江里(伊藤歩さん)は、弱肉強食なファッション誌業界で、力強く生き残っていく人です。

 

伊藤歩さん、また主役を食っちゃうかな? 楽しみです♪

 

 

スポンサーリンク

 - 人物, 連続ドラマ