田中絵里緒エプロン姿に驚愕!小説も書いていた?結婚と離婚が軽すぎる件

      2017/07/17

高校生の時からテレビへの露出があった東大出身の田中絵里緒さん。

元同級生の豊田真由子衆議院議員の暴言・暴行事件をきっかけにまた何か計画しているのでしょうか?

「東大出身」と「どんな人間なのか」はどうやら関係ないらしい。

今回は、豊田真由子議員の元友人・田中絵里緒さんのエプロンの件や小説の件など、最近の結婚・離婚が軽すぎて常人には理解できない件などのお話です。

 

スポンサーリンク

 

田中絵里緒さんのエプロンの件

「違うだろ~!」の豊田真由子議員の元友人・田中絵里緒さん。

現在は、Facebookの友人にもなっていません。

 

田中絵里緒さんのFacebookの画像を見ていたら、もしかしたら豊田真由子議員は、「この元友人と、現在の友人になるのはヤバイ」と思ったのかもしれない…。という考えが頭をよぎりました。

田中絵里緒さんのFacebookの画像の中に、エプロン画像があるのですが…

こちらのエプロン⇩

↑VANTOOのエプロンです。

デニム地でカジュアルで、人によってはそのままスーパーに行っても恥ずかしくないし、花屋さんがつけていると可愛いかも!

で、このエプロンのレビューに田中絵里緒さんが動画をアップしているんですが、初っぱなに

「こんにちは~エプロンのご紹介でぇす。…服を着るのを忘れていましたぁ!こんにちわ~。」

と登場。

カチッ!(←動画を止めた音)

・・・・・この・・・私の湧き上がる怒りは、何に対しての怒りなんでしょう・・・?

思わず我を忘れそうになるほど動揺しました。

逆光だったのがせめてもの救いです。

 

VANTOOのエプロンを貶めるようなレビューの始まり…しかも長すぎ!

文章もダラダラ長すぎ。長いばかりで情報量が少ないです。

もっと簡潔に書いてくれないと読む気が失せるし、動画の最初にあんなもの見せられたら、このエプロンが不憫で、6人の子供たちも不憫です。

この田中氏のエプロン画像はFacebookにも貼られ、好意的なコメントが寄せられています。

まさに異文化!

こういう文化を好きな人は好きで結構!私はこの異文化を受け入れません。拒否します!

 

田中絵里緒さんの小説の件

田中絵里緒さんは大学を卒業した後、ニートだったそうですが、ネットで5歳下の韓国人男性と知り合いって、子どもができたので結婚に至ったようです。

これが一人目の結婚。

この結婚生活の中で、夫婦で本を出版しています。

著者は二人で、洪種敏さん(元旦那さん)と田中絵里緒さん。

本文は、殆ど旦那さん目線で書かれているらしく、著者は洪種敏さんだというレビューがありました。

そう言えば、田中氏は、アマゾンでこの本のレビューは書いてないですね。

韓国人目線で、日本との文化の違いを面白く書かれているそうです。

ここで本を紹介するのだから、私も読んでみてレビューをお伝えしたいところですが、エプロンのレビューに立腹しているので申し訳ないですが読みません。

↑こんな紹介でホントにすみません。m(_ _)m

 

スポンサーリンク

 

著者で元旦那・洪種敏さんとは?

田中氏の元旦那・洪種敏さんは慶熙大学を卒業。
(※慶熙大学の偏差値は、日本の大阪大学や名古屋大学くらいにあたるそうです。)

 

2010年に株式会社クララオンラインに入社

2016年4月執行役員グローバルソリューション事業部長に就任

現在、執行役員ソリューションビジネス部長

 

洪種敏さん、かなりのエリートで年収も多そうです。

田中絵里緒さんは生活が大変そうで、節約術をテレビで紹介していたし、国からの補助も受けているようなので、養育費は払っていないのでしょうね。

円満離婚じゃないのかな、と想像します。

 

田中絵里緒さんの軽すぎる結婚・離婚の件

田中絵里緒さんのFacebookの画像には、2015年8月5日にキレイなウエディングドレス姿の画像があります。

この頃に2回めの結婚をしているのだと思いますが…

2016年4月13日の投稿によると、

2015年に1回だけ会って入籍後、旦那さんを日本に呼び寄せようと頑張ったけど、ビザが下りず、離婚したということです。

 

1回だけ会って入籍?!

それって、アジアの男性と結婚したくて、お見合い結婚したってこと?

そしてこんなコメントも。

日本経済がジリ貧どころか急降下になり、私と6人の子供がこの先長くゴハン食べて生きていくのに、外国とのネットワークを持たなければならない、という思いは変わっておりません。ただ、そう藁にもすがらなくても、意外とこの41歳子持ちのおばちゃんまだまだモテてしまうんだ~ということは分かった一件ですので、前向きにとらえることにします。焦らずこれからもいろんな可能性を探していきたいと思います!

言いたいことのポイントがわからないのは相変わらずですが、東大って、とらえどころのない文章を書く人でも入学・卒業出来るんだぁ。と、ついつい思考が「東大卒」の方に行ってしまいます。

 

ともかく、田中絵里緒さんのことは、調べれば調べるほど、やっぱり「豊田真由子さんの元友達だから!」で落ち着きますね。

 

スポンサーリンク

 - 人物, 身近な疑問