「有料動画閲覧料金の未納有り」?!それ詐欺ですよ!対処方法まとめ

   

突然来た「有料動画閲覧料金の未納有り」のメッセージ。

本日中に連絡しないと法的措置?職場に連絡?

初めてこんなメッセージが来たら、誰だって動揺しますよね!

今回は、平和に生きている人を突然嫌な気持ちにする、「架空請求詐欺」について私の体験談をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

携帯スマホに来る「有料動画閲覧料金の未納有り」メッセージの内容とは?

今朝、家族に知らせたいことがあってメッセージを送ったんですよ。

しばらくすると着信音がしたので、私のメッセージを読んでくれたかな?と確認すると…

「有料動画閲覧料金の未納有り。本日ご連絡なき場合、法的手続き及び職場連絡などの対応致します。DMM相談窓口03-5931-4420」というメッセージが届いていました。

えーっと…動画は時々見るけど、全く身に覚えがない私。

 

メッセージは短いですが、つい動揺してしまう内容ですよね?

こんな時は、内容を整理します!

 

  • 有料動画を観たのにお金を払ってないらしい。
  • 本日連絡しないと法的手続きを取るらしい。
  • 職場に連絡が入るらしい。
  • 連絡先の名前は「DMM相談窓口」というらしい。
  • 連絡先電話番号は03-5931-4420らしい。

 

もしや、これは詐欺では?と思って調べてみました!

 

有料動画は観る前に支払い手続きするのが普通!

知らないうちに有料動画観た?

そんなわけ無いです。

有料動画を観る時は、観る前に支払い方法とか、なんだかんだと登録が必要になるはずです。

観た後で、「あれ有料だったんだよね。払ってね。」ということはないのです。

ワンクリックだけで、登録したことになってしまい、「支払ってね。」というのは詐欺です。

退会しようと電話したら駄目ですよ!

 

スポンサーリンク

 

本日連絡しないと法的手続きを取る?!

本日初めて連絡が来て、本日が法的手続きの締切って…そんなわけ無いです!

支払い請求⇨支払い期限切れ⇨再度支払い請求⇨またもや期限切れ⇨法的手続き取る?

という風に、支払いの督促には段階がありますよね?

今まで、メール、メッセージ、電話、郵便などの方法で、全く連絡がなかったのに、「本日連絡しないと法的措置」はありえません。

ちなみに未払いの時の法的措置とは、裁判所から督促状が送られてくるものですが、裁判ではありません。

ちなみに裁判所から督促状を送られてくるには

何度請求書を送っても支払いが行われない場合

です。

繰り返しますが、本日初めてのメッセージで、裁判所は動きません!

 

職場に連絡が入る?!

職場に連絡って、私の職場を知ってるのか?って言いたいですよね。

会社にとっては重要であろう「有料動画閲覧料金の未納」を、メッセージで送ってくるくらいなので、あなたの職場も私の職場も知らないくせに、カマかけてるんです。

 

連絡先「DMM相談窓口」って?

DMMって、DMM.com?って連想しちゃう!

 

「DMM.com」を検索すると

主にネット通販やビデオ・オン・デマンド等を行っている日本の企業。

と出てきました。

 

次に「DMM相談窓口」を検索すると、1ページ目に「詐欺だから無視しましょう!」という記事や、ヤフー知恵袋への相談ばかりずら~っと並びます。

DMMのなりすまし詐欺ですね。

 

 

電話番号は03-5931-4420を調べてみた!

今回の請求に対する連絡先電話番号は03-5931-4420。

電話帳ナビで検索してみました!

すると・・・

事業者名:架空請求【注意】

と出てきました!

よく見ると、この電話番号は2017年6月23日まで、ほとんど検索されなかったのに、2017年6月24日から急に検索数が増えています。

口コミには、

DMM相談窓口と名乗る、有料動画閲覧未納料金の支払いを求める架空請求

とありますし、詐欺決定ですね!

DMMのなりすまし詐欺には、他の電話番号も使われているようです。

ここで紹介した電話番号以外でも気をつけて下さいね!

 

まとめ

ある日、何の前触れもなく、突然「未納有り」だと請求される。

動画は時々見るから、どれか有料のがあったのかな?と思わせる。

でもよく考えたら、今日の知らせで今日が期限ってありえないし、無視して全く被害がなくても気分悪いですよね!

この手の詐欺は、連絡をしてくる人をひたすら待って、電話がかかってきたら、詐欺が始まるのだそうです。

また同じ番号から着信があったら嫌ですから、メッセージやメールの受信拒否設定をしましょう!

そもそも後から請求する有料サイトは違法なので、無視していいし、法的手続きなんて取れるわけないのです。

「こんな詐欺があるよ!」って、皆で周知していきたいですね!

 

スポンサーリンク

 - 生活, 身近な疑問