「空に向かってともだち宣言」のあらすじ&読書感想文のヒント・書き方のポイントを紹介

   

2017年の小学校中学年(3~4年生)向けの課題図書、『空に向かってともだち宣言』のあらすじと読書感想文を書く時のヒントを紹介します。

この『空に向かってともだち宣言』は、外国から来た友だちとの関わりから、主人公が色々なことを学んでいった物語です。

読書感想文を書く時のポイントやコツもお伝えしますよ!

 

スポンサーリンク

 

「空に向かってともだち宣言」の作者と登場人物

 

著者・・・・・茂木 ちあき

絵・・・・・・ゆーち みえこ

 

主な登場人物   

桧山あいり  

小学校中学年の女の子。アパートに母親と二人で住んでいる。
はきはきした「切りかえの早い」女の子で、ナーミンのお世話を親身になって行う。

 

ナーミン   

同い年の女の子。
家族5人で(難民として)ミャンマーからあいりの住む部屋の隣に引っ越してきた。

 

 

「空に向かってともだち宣言」の主なあらすじ

夏休みも終わりに近づいたある日。

あいりの住むアパートの隣に、ミャンマーから5人家族が引っ越してきます。

彼らはあいさつ程度はできるけれど日本語はほとんど分かりませんでした。

そこで、2学期が始まるまでの間、あいりはナーミンたちに日本語を教えることになります。

ナーミンたちはとても勉強熱心だったこともあり、日本語をどんどん覚えます。

 

2学期が始まり、ナーミンはあいりと同じ学校に通うことになります。

転校して何日かして、ナーミンが難民であることを男子がはやし立てるのですが、ナーミンの家族がなぜ日本に来ることになったかが明らかになる事で、そういうことはなくなります。

ナーミンの父親は新聞記者で、政府側から目をつけられ、ミャンマーに住み続けることができなくなってしまったのです。

 

そんなある日、東京ではミャンマーフェスティバルと言うお祭りが開かれます。

あいりはミャンマーと日本をつなぐ「なかよし大使」として表彰されます。

その理由は、ナーミンの兄弟も愛理のおかげで学校に安心して通えているからでした。

ミャンマーフェスティバルで見たダンスに触発され、あいりのクラスは学習発表会でミャンマーの踊りを踊る事になります。

その際、ミャンマーについて総合的な学習時間で調べたり、踊りの練習を熱心にしたりします。

そして、学習発表会当日は大成功に終わったというお話でした。

 

スポンサーリンク

 

「空に向かってともだち宣言」の感想を書くコツとポイント 

日本にも、たくさんの外国人がいて、一緒に生活している人もいます。

このお話のナーミンと、自分の近くにいる外国出身の人がここにいる理由を比べ、自分のことを表現できるといいですね。

例えば、こんな順番で書いてみよう。

 

感想の書き方の例

①自分が知っている外国の事について書く。
行ったことのある国や行ってみたい国、その国について知っていることを書きましょう。
ミャンマーについて知っていることがあればここで書いておきましょう。

 

②ナーミンの家族がなぜ日本に来ることになったのか、お話をまとめましょう。
新聞記者のお父さんが、国の政治に反対している記事を書いたとして警察に目をつけられて大変な目にあっていたという事と、あなたの感想も書きましょう。
自分の意見を言うだけでつかまってしまう国があること、信じられませんよね。
でも、そういう国はまだまだあるんですよ。

 

③ナーミンの家族が日本に来たのは悲しい理由があったからです。
でも、あいりにとって、ナーミンと出会えたことは、あいりがミャンマーの事を知ったり、世界に目を向けたりするきっかけになってとても良かったということをまとめましょう。

 

④自分の身の回りにいる、外国から来た友だちについて考えてみましょう。
どんな理由で日本に来ているのか、これからその人たちはどうする予定なのか、その人たちに自分はどうかかわっているか、そしてどうかかわっていきたいかを書きましょう。

 

あいりはナーミンととても仲良しになりました。そしてミャンマーのことにもとても詳しくなりました。自分もあいりたちと同じように色んな友達を作っていこうという決意を書きましょう。

 

最後に

地方によるかもしれませんが、小学校にも「外国人」の子どもがいるのも当たり前になってきました。そんな外国から来た友だちには、いろんな事情があってきているのだということを考えさせてくれる本でした。

お互いに言葉や習慣などを教えあうと、世界が広がって、違う考え方を知るきっかけになります。

知らないうちに持っていた差別意識が消えて、世界平和の第一歩になるかも?!

 

スポンサーリンク

 - 本ネタバレ, 読書感想文のヒント