『僕たちがやりました』結末ネタバレ☆原作マンガの最後はどうなる?

      2017/07/17

マンガ『僕たちがやりました』が窪田正孝さん主演でドラマ化されます!

予告動画では窪田正孝さんの学生服姿が爽やかですね。どんな話なのか、配役も気になります!

原作マンガでの結末もネタバレしちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『僕たちがやりました』ってどんな話?

ドラマ『僕たちがやりました』のあらすじです。

”そこそこ”に生きていた高校生とニートの4人の少年たち。

ある日、向かいのヤンキー校の生徒に仲間をボコボコにされて復讐することになる。

イタズラ程度の復讐のつもりが、予想に反して大事件に発展。

「僕たち」は”そこそこ”な人生から、突然、”爆発事件の犯人”としての人生に変わってしまう。

そこで「僕たち」が選んだ道は、逃げること!

 

…という内容なのですが、もう少し詳しく言っちゃいましょう。

でもその前に、『僕たちがやりました』の配役をチェック!

 

 

『僕たちがやりました』の配役

 

主な登場人物はこちら!

増淵トビオ(主人公)…窪田正孝さん

マル(丸山友貴)…葉山奨之さん
トビオの同級生で小心者。

伊佐美翔…間宮祥太朗さん
トビオの同級生。今宵(こよい)という彼女がいる。

パイセン(小坂秀郎)…今野浩喜さん
トビオの高校のOBでニート。親が大金持ちで裏社会のボス。
20歳。

蒼川蓮子…永野芽郁さん
トビオの幼馴染で、トビオに恋心を抱いている。

新里今宵…川栄李奈さん
伊佐美の彼女。

市橋哲人…新田真剣佑さん
向かいのヤンキー校の生徒。トビオたちのイタズラ(復讐)で大怪我をする。

輪島宗十郎…古田新太さん
パイセンの父親。裏社会のドン。

飯室成男…三浦翔平さん
トビオたちの起こした事件を追っていた刑事。

 

錚々たるキャストですね!

期待が高まります~

 

 

『僕たちがやりました』の結末は?原作ではこうなる!

『僕たちがやりました』の原作マンガでのあらすじネタバレです。

トビオたちは、向かいのヤンキー校の生徒に仲間のマルをボッコボコにされてブチ切れます。

そこで、お金持ちニートのパイセンのお金で、リモコン式の爆弾を作り、夜中のヤンキー校に忍び込みセット完了!

 

次の日の昼休みに、トビオたちは爆破スイッチを押しました。

爆弾は威力が弱くて、ほんのイタズラのつもりだったのに、不幸にもプロパンガスに引火して大爆発し大事故に発展してしまいます。

トビオたちの起こした爆発事件で、亡くなった生徒は10名。

一瞬で犯罪者になったトビオたち4人は、仲間割れしながら逃亡することになります。

 

そこに登場するのが、裏社会のドンでパイセンの父親の輪島宗十郎(古田新太さん)。

お金の力で、関係ない人を爆弾犯に仕立て上げ、4人を無罪にします。

でも刑事の飯室成男(三浦翔平さん)は、トビオたちが犯人だと確信していたので、4人に罪悪感を植え付けに来ました。

 

トビオたちは罪悪感に苦しめられながら生きることになります。

学校の屋上から飛び降りて消えてしまおうと思ったトビオですが、一命はとりとめて入院しました。

 

トビオは入院中に偶然にもヤンキー校の爆発事件で大怪我をした市橋(新田真剣佑さん)と出会い、仲良くなりますが、市橋は一生車椅子生活をおくることに絶望して…自ら命を絶ちました。

4人は、自分たちが犯人なのに罪を償わず、普段通りの生活をしていることに、次第に耐えきれなくなり、自首することにしました。

 

 

でも普通に自首しても、パイセンの父親にもみ消されてしまいます。

だからネットで動画を流したり、ありとあらゆる手で「僕たちがやりました!」と主張したのですが、結局パイセンの父親にもみ消されました。

 

10年後、4人共それぞれの人生を歩んでいました。

 

マル(葉山奨之さん)は、胡散臭い実業家。

伊佐美(間宮祥太朗さん)はガテン系の仕事。

パイセン(今野浩喜さん)は、刑務所から出所したばかり。

トビオ(窪田正孝さん)は、小さな芸能プロダクションのマネージャー。

 

10年経った今でも、トビオの罪悪感は消えません。

パイセンは芸人を目指すと言い出しました。

 

トビオは彼女と結婚して、子供が生れた時、思うのです。

もしまた罪悪感で我慢できなくなった時は…

 

って、「これから頑張って生きていきます!」じゃないんかーい?!

って言う結末。

 

マンガの感想

何にも解決してないし、トビオが良い人になった話でもなく、

もし耐えきれなくなったら、自分の命にも執着せず「ま、いーか。」的な考え方。

パイセンの父親の力が強すぎて、自分では何にもできないから仕方ないのかなぁ。

 

マンガ的には「次どうなるの?!」と次が読みたくなって良いんだけど、最終的に感じることは、

”深く考えずに生きている人って怖い。”ですね。

虚しさが『あなたのことはそれほど』とかぶるかも。

 

ドラマではどんな風にアレンジされるのか、楽しみにしてます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 本ネタバレ, 連続ドラマ