インパルス堤下が睡眠薬を飲んだ理由は?イジメが原因だった?

   

現在、ドラマ『人は見た目が100%』に出演中のお笑いコンビ・インパルスの堤下敦さんが、睡眠薬を飲んで車を運転していたとして問題になっています。

堤下敦さんは、なぜ睡眠薬を飲んでいたのでしょうか?

そう言えば、ドラマには出演しているものの、「干された」と言われている堤下敦さんですが、干された原因は何だったのでしょう?

 

スポンサーリンク

 

インパルス堤下が発見された時の状態

お笑いコンビ・インパルスの堤下敦さんが発見されたのは

東京都狛江市の世田谷通り。

 

車線中央に車を寄せて止まっていたところをタクシー運転手が発見し通報。

車線中央って、何事かと思いますよね。

タクシードライバーもびっくりしたと思います!

しかも運転席に居た堤下敦さんは、「ハンドルにもたれかかって意識が朦朧とした状態」だったのです。

 

堤下敦さんが発見された日時は、2017年6月14日の未明ということです。

放送用語で「未明」とは、「午前2時台~午前4時台」なので、明け方ですね。

 

本人は、

「サウナに行って帰る途中だった」

と言っています。

スポンサーリンク

 

インパルス堤下は睡眠導入剤を飲んでいた

堤下敦さんが飲んでいたという「睡眠導入剤」ってどんな薬でしょう?

 

「睡眠導入剤」というのは、眠りにつきやすくする薬で、一般人から見ると、「睡眠薬」と一緒。で良いと思います。

医薬品としての分類は「催眠鎮静剤」というものにあたり、更に効き目の持続時間で分類されています。

  • 効き目が続くのが超短時間(約2~4時間)
  • 効き目が短時間(約6~10時間)
  • 効き目がそこそこの時間、中間作用型という(約20~25時間)
  • 効き目が長時間(かなり長時間)

という風に、大まかに4つに分けられます。

6~10時間の効き目で短時間なの?!と驚きますよね。

中くらいの時間効き目が続くタイプは、ほぼ丸一日だし!

 

一般的には、効き目が超短時間続くタイプの薬を、「睡眠導入剤」と呼ぶことが多いです。

 

では、どんな人が「睡眠導入剤」を飲むのでしょうか?

 

当たり前ですが、睡眠導入剤を日常的に飲む人は、眠りたいのに眠れない”睡眠障害”がある人ですよね。

うつ病とか、仕事のストレスとか、人によって原因は様々ですが、

眠りたいのに眠れない人が、「睡眠導入剤」に頼るわけです。

 

追記

堤下さんはサウナの後に、睡眠導入剤とアレルギーの薬、合計3種類を牛乳で飲んでいたのです。

運転前に睡眠導入剤を飲んではいけないことは、医師から説明を受けていましたが、自宅まで車で10分ほどなので、大丈夫だと思って飲んでしまったということです。

アレルギーの薬も眠くなる副作用があるものもあるし、併用したことで、より作用が強くなってしまったのか、サウナ後で、血流が良すぎて効果が出すぎたとか。

色々原因は考えられますが、まず、牛乳で飲むのもどうなんでしょうね。

 

 

インパルス堤下が睡眠薬を飲んだ理由は何?

インパルスの堤下敦さんが「睡眠導入剤」を飲んでいる理由、つまり眠れなくなった理由は何だと思いますか?

将来が約束されていない芸人という職業をしているだけで、気の弱い人なら眠れなくなりそうです。

堤下敦さんは仕事でもツッコミ担当で、元々口が悪い芸人さんでした。

でも2015年にネット配信番組の中で、一般人女性と失恋トークの最中に

『知らねえよ、てめえの失恋なんか!』『バカが!』

と暴言を吐きました。

しかもその時の堤下敦さんは泥酔している様子だったのです。

更に、森三中の黒沢かずこさんをイジメていました。

番組の撮影中にも関わらず、わざと黒沢かずこさんがカメラに映らないようにしたり、

「お前、面白くねえんだよ」

と放送されない程度の声で言ったり…。

結局、見ていて我慢できなくなった同じく森三中の大島美幸さんがブチ切れたそうです。

大島美幸さんといえば、旦那さんは放送作家の鈴木おさむさんです。大物です。

大物放送作家の嫁の同僚をイジメて、怒らせたらマズイですよ!

堤下敦さんの露出が減って、「干された」と言われるようになったのは、その頃からでしょうか。

 

睡眠導入剤を飲まないと眠れないくらい、不安な生活なのかもしれません。

暴言は芸だけにして、他人には優しくしないと。

 

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 身近な疑問