「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」あらすじ&読書感想文のヒント・書き方のポイントを紹介

   

耳の聞けない メジャーリーガー ウィリアム・ホイ あらすじ 読書 感想文 ヒント 書き方 ポイント

小学校中学年向けの本、『耳の聞けないメジャーリーガーウィリアム・ホイ』のあらすじと読書感想文を書く時のヒントを紹介します。

ぜひ親子で読んで、「どの部分に感動したか」など話題にしてみてください。

でも時間がないよー!という人は、ここであらすじやストーリーのポイントを御覧ください~

 

スポンサーリンク

 

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」の作者と登場人物

 

 

著者

  • 文・・・ナンシー・チャーニン (訳・・・斉藤洋) 
  • 絵・・・ジェズ・ツヤ

 

この本は、今では当たり前の「ジェスチャー」を野球の世界で広めた人の物語です。

 

 

主な登場人物

   

ウィリアム・ホイ

メジャー・リーガー(アメリカの野球選手)として活躍した耳の聞こえない名選手。

 

 

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」の主なあらすじ

 

ウィリアム・ホイは、子供のころから野球が大好きだった。そして、たくさん練習して、メジャーリーガーにもなれた。

でも、耳が聞こえないので、色々な差別を受けたし、審判の判定が分からなかった。

そこでホイは、審判にストライクやボールなどのジェスチャーを提案し、それが受け入れられた。

審判の声が聞こえない距離で試合を観戦しているお客さんにとっても、一目で結果が分かるジェスチャーはとても便利なものだった。

ウィリアムの努力や工夫のおかげで、野球の試合のやりかたが変わったのです。

 

 

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ」の感想を書くポイント

 

本を読んで、どこに感動するかは人それぞれですが、どう書けばわからない場合は、本の主人公と身の回りのことを比べてみると良いですよ。

例えば、誰もが分かりやすいジェスチャーが広まったことと、今の世の中で求められる「ユニバーサル・デザイン」をつなげて考えてみてはどうでしょう。

 

あなたが感じる「他の人には当たり前だけれど、自分には不便な物・事」を探して、ウィリアム・ホイのように「世の中のみんなの役に立つことを広げていきたい」とまとめると、ステキな感想文になりますよ。

 

感想文を書く時のポイント

  • 自分にとって不便なもの・ことを考えてみる。
  • 出来なかったことを諦めるのではなく、出来るように工夫するという考え方にも注目する。

 

スポンサーリンク

 

感想文の書き方の例

①あなたが感じたウィリアム・ホイのすごいところを書こう。

耳が聞こえなくても、努力で実力をつけた所。

ジェスチャーを考え出し、それが使われることで、だれにとっても分かりやすい判定を広めた所など。

 

②今では当たり前になっているけれど、なかったころは不便だったものの例を書こう。

家の電話やテレビのリモコンの「5」にある出っぱり。

シャンプーとリンスを分ける点等々、それが使われるようになって便利になった物を書きだそう。

 

③今も残っている不便を書こう。

ここがあなたの考えどころ。

自分が何気なくやってることで、実は不便かもしれないことを見つけて、その改善策を考えてみよう。

思いつかなければ、②で書いた内容で、工夫がある時とない時を、実験して比べてみよう。

 

④どんな世の中にしていきたいか書こう。

ウィリアム・ホイの話を読んで、勉強になったことをまとめよう。そして、自分も将来世の中をよりよくしていく工夫を考えていきたいことを書いて終わりにしよう。

 

 

まとめ

自分が「不便だな。」と思っていることって、実は他の人も同じように「不便だな。」と感じているかもしれません。

一方、自分は便利でも、家族にとっては不便かも?

この本の感想分に使えそうなネタは、身の回りにたくさんあります。

家族で話し合ってみても良いですね。

 

スポンサーリンク

 - 読書感想文のヒント