映画『昼顔』結末ネタバレ☆救いのない最後に驚愕!ドラマの結末と映画のあらすじ

      2017/06/11

映画 昼顔 結末 ネタバレ 最後 驚愕 ドラマ 結末 映画 あらすじ

2014年のドラマ『昼顔』、観てましたか?

「自分に関係ない世界」とか、「共感できない」と思いつつ、ドハマリした人が多いこのドラマ。

いよいよ映画になって公開されます。

映画『昼顔』のストーリーは、ドラマの続編となっているのはわかっているのですが、その結末が気になりますよね!

その結果をお知らせします!!!

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『昼顔』の結末は?

ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』のストーリーをざっくり言うと

上戸彩さん演じる笹本紗和(ささもとさわ)は、子供のいない平凡な主婦だったが、パート先のスーパーで高校生が万引きした際に出会った高校教師の北野裕一郎(きたのゆういちろう)…斎藤工さんと恋に落ちます。

北野裕一郎(斎藤工さん)には奥さんがいたので、罪悪感にかられながらも不倫関係となり、バレてメチャクチャ揉めました。

 

笹本紗和(上戸彩さん)と北野裕一郎(斎藤工さん)は、もう二度と会わないことを約束させられて、別れることになりました。

北野裕一郎(斎藤工さん)は、職場にも不倫がバレて高校教師をやめて、夫婦で引っ越します。

笹本紗和(上戸彩さん)は、自宅に放火するほど精神的に参ってしまって、離婚して引っ越します。

というわけで、最後、主役の2人は不倫によって、仕事も家庭もめちゃくちゃになって、更に二度と口を聞いてはいけないっていう、しくじり人生の見本みたいな終わり方でした。

 

もちろん、ドラマで見ると、泣かずには見れないくらい感情移入しちゃうんですよね。

他人事としてみると、あ~あ、それやっちゃダメでしょ!

ってことも、多分自分のことだったらメロメロドラマになっちゃうと思うんです。

 

幸い、自分は上戸彩さんのように美しくないので、『昼顔』することもありませんけどね。

 

そして映画のあらすじは・・・

 

 

 

映画『昼顔』のあらすじ

映画『昼顔』は、ドラマの最終回からの続いている物語です。

主人公の紗和(上戸彩さん)と北野裕一郎(斎藤工さん)が別れさせられてから3年後。

紗和(上戸彩さん)は、海辺の街のレストランで働きながら、一人でひっそり暮らしていました。

裕一郎(斎藤工さん)は、遠い街で大学の非常勤講師の仕事をしながら、奥さんと一緒に暮らしていました。

 

ある日、裕一郎(斎藤工さん)は、講演の仕事で紗和(上戸彩さん)の住む街を訪れ、偶然にも2人は出会ってしまうのです。

っていうか紗和(上戸彩さん)が会いに行ったんですけど。

 

そして出会ってからは…結局、「私達、口きいちゃいけないんだよね?」と言いながらデートしちゃうし、裕一郎(斎藤工さん)から”楽しいオーラ”出てるから、奥さんにだって気付かれるし。

 

ドラマでも裕一郎(斎藤工さん)の奥さん・乃里子(伊藤歩さん)が言ってました。

「もし離婚したら・・・私・・・。」

ひゃ~!

この乃里子(伊藤歩さん)のセリフが、映画『昼顔』の結末につながってます。

 

乃里子(伊藤歩さん)さんだって、本気で裕一郎(斎藤工さん)のことを好きなんです。結婚もしたのに。

でも結局、旦那が他の女を好きになっちゃったらどうにもならないですよね。

無理に旦那の気持ちをつなぎとめておくことも出来ないし。

 

それがわからない乃里子(伊藤歩さん)じゃないので、結局、辛いけど離婚してあげることにしました。

 

最後は車で駅まで送ろうとしますが、やっぱり裕一郎(斎藤工さん)を紗和(上戸彩さん)に渡したくなくて、車のスピードを上げていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

映画『昼顔』の結末ネタバレ

そう言えば、ドラマのときも乃里子(伊藤歩さん)、ヤバかった。

映画の予告編でも、クラクション鳴らしてる乃里子(伊藤歩さん)が限界なのがわかります。

 

そして、紗和(上戸彩さん)と北野裕一郎(斎藤工さん)の最悪の結末とは・・・

乃里子が衝撃的な行動を取る!

乃里子が取れそうな行動で、最悪の結末って・・・それほど多くはないですよね。

 

乃里子(伊藤歩さん)、又は紗和(上戸彩さん)、又は北野裕一郎(斎藤工さん)の誰かが亡くなるんだと思います。

 

又は乃里子(伊藤歩さん)が正気を失う。

 

ここで文章に書くと、なんてことない結末ですが、きっとドラマと同じで映画『昼顔』も、悲劇の渦中に引き込まれて、自分の事のようにショックを受けちゃいそうです。

 

 

追記!

やっぱり北野先生が亡くなりました!

詳細は後程、また追記しますのでお待ち下さい。m(_ _)m

 

追記の追記

映画『昼顔』の結末は、予想した候補の中の2つが現実になりました。

一つは「北野先生(斎藤工さん)が亡くなった」こと。

もう一つは「乃里子(伊藤歩さん)が正気を失ったこと」こと。

 

乃里子(伊藤歩さん)は車のスピードをどんどん上げていき・・・・

車はガードレールに激突。

 

助手席に乗っていた裕一郎(斎藤工さん)は、全身を強く打って亡くなりました。

 

泣き崩れて、もう生きる気力を失った紗和(上戸彩さん)は、線路に横たわります。

 

その時、ホタルが飛んできて、紗和(上戸彩さん)は何かを察したんです。

そう。紗和(上戸彩さん)のお腹には裕一郎(斎藤工さん)との赤ちゃんが…。

 

 

自分が不倫したせいで仕事を失って、旦那に離婚されて、何にもなくなるくらい同意ってことないですよね。

いや大変なんだけど。でも自分のせいで、自分の家庭が壊れるのは普通っていうか。

ついでに(?)相手の家庭も壊れるとか、やっぱり想定内っていうか、そこまではダブル離婚とか、子供がグレるとかは、誰でも想定して不倫すると思うんです。

 

その想定を超えるのが、映画『昼顔』でした。

誰かのものになるくらいなら、永遠に私のものにしてやるわ!っていう心境というより、乃里子(伊藤歩さん)は裕一郎(斎藤工さん)とずっと一緒にいるために、車のスピードを上げていっちゃったのかも。

自分が紗和(上戸彩さん)だったら、罪悪感と後悔で潰れてしまいそうです。

 

紗和(上戸彩さん)みたいにお腹に赤ちゃんがいなければね。

 

 

最後に個人的感想を言いたい!

生活費どうするの紗和(上戸彩さん)!実家を頼れないシングルマザーって、極貧ですよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 - 映画