ドラマ『貴族探偵』第9話原作小説あらすじとネタバレ☆田中千絵が高岡早紀の妹役

      2017/06/13

貴族探偵 ドラマ 小説 原作 相葉雅紀 中山美穂

先週のドラマ『貴族探偵』第8話、貴族探偵の謎の解明は進みませんでしたね。

ただ女探偵の師匠・喜多見切子(井川遥さん)が亡くなったのは、原作では癌だったけど、ドラマでは事故だったのですね!

さて第9話はどんなストーリーでしょう?

ここではドラマの元ネタになった原作小説『貴族探偵』のあらすじとネタバレを紹介します。ドラマとの違いも更新していきますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

『貴族探偵』第9話・原作小説のあらすじ

ドラマ『貴族探偵』の第9話の元ネタは、麻耶雄嵩さん著の小説『貴族探偵』に収録されている、「こうもり」です。

↑この本の第3話ですね。

 

では、ドラマの登場人物と重ねながら、あらすじを紹介します。

 

あらすじ

もうすぐ大学を卒業する紀子と絵美は、少し早い卒業旅行で老舗旅館”風媒荘”に来ていました。

旅館の庭を散策していた2人は、松野と名乗るチャラい男に声をかけられ、ゲンナリしますが、その直後に偶然出会ったのが、有名な恋愛小説家の大杉道雄(小市慢太郎さん)とその妻・真知子(高岡早紀さん)。

ミーハーの絵美は大杉道雄(小市慢太郎さん)に会えて大興奮します。

”風媒荘”に滞在中に、紀子と絵美は、何度か大杉に会って、すこし恋愛相談などしてみたり、夜は飲んで温泉に入って旅行を満喫しました。

 

小説家の大杉道雄が”風媒荘”に一緒に来たメンバーは

  • 妻・真知子(高岡早紀さん)
  • 妻の妹・水橋左和子(田中千絵さん)
  • 妻の妹の夫・水橋洋一(山中崇さん)
  • 大杉の友人で小説家・堂島尚樹(中村俊介さん)

 

そんな中、旅館”風媒荘”の近くの洞窟で、カップルに人気のイベントがありました。

そのイベントに特に興味のなかった紀子と絵美は、旅館内のレストランで、大杉道雄(小市慢太郎)夫妻とおしゃべりして過ごしました。

 

イベントに参加したのは、

  • 妻の妹・水橋左和子(田中千絵さん)
  • 妻の妹の夫・水橋洋一(山中崇さん)
  • 大杉の友人で小説家・堂島尚樹(中村俊介さん)

だったのですが、途中で左和子(田中千絵さん)が行方不明になったのです。

すぐに左和子は見つかったのですが、既に息はありませんでした。

 

美人の左和子は恋多き女で、小説家・堂島尚樹(中村俊介さん)と付き合っていた過去があり、物語の最初に登場したチャラい男・松野とも恋人だった時期があったとか・・・

 

犯人は一体だれなのか、関係者全員にアリバイがあるなか、警察の捜査は行き詰まっていたところに、貴族探偵が登場します。

 

実は貴族探偵は、絵美の恋人で、”風媒荘”で会う約束をしていたのです。

思わぬところで事件に巻き込まれた貴族探偵でしたが、メイドの田中(中山美穂さん)に命じて、あっという間に事件を解決しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

『貴族探偵』第9話のネタバレ

今回も、貴族探偵の推理を小説を読んだだけで推理するのは難しいです!

ヒントがあるとすれば・・・

大杉に何度が出会う中で、大杉は嫌煙家のはずなのに、一度タバコの臭いがしたということです。

実は、タバコの臭いがした大杉は別人で、影武者だったんです!

犯人は、大杉道雄(小市慢太郎さん)。

 

でも奥さんも一緒にいたしなー。なぜ奥さんが旦那が別人なのを気づかなかったんだろう?って思いますよね。

それは妻の真知子(高岡早紀さん)も共犯だから!

 

動機について、結局大杉は答えることはありませんでしたが、きっと佐和子(田中千絵さん)は大杉と付き合っていて、「姉と別れて!」とか「子供が出来たの!」とか言ったんじゃないかな?

というのがメイドの田中(中山美穂さん)の推理でした。

わかりませんけどね。

 

実の姉も、妹に旦那を取られるくらいなら、犯罪に協力する?

そんなもんでしょうか。

 

ドラマでは、男を惑わせる美人の佐和子役を、台湾・中国で活躍中の女優・田中千絵さんが演じます。

超美人ですから、そこが見どころですね!

 

 

『貴族探偵』第9話原作とドラマの違い&感想

ドラマ『貴族探偵』の放送が始まって第6話までは、ほぼ原作通りというか、アレンジしてあっても「犯行動機」や「犯人」は同じでした。

 

でも第7話あたりから、ドラマと原作小説とでは全く別物感が漂ってます!

今回のドラマも、原作小説とは大きく違っていました。

 

老舗旅館ではなくキャンプだったことや

恋人たちのイベントではなく、珍しい蝶を探すシチュエーション。

 

この2つが違うのは、今まで通りのアレンジだと思いますが、まさか妻の真知子(高岡早紀さん)が積極的に犯行に加担して、更に夫を刺しちゃったのには驚きました。

運転手の佐藤に、犯行を見破られて失意のあまり自ら命を絶とうとするシーンはきれいでしたね。

真知子からナイフを奪って、抱きしめてくれた貴族様(相葉雅紀さん)。

キレイでカッコイイシーンでしたねー。

 

妹の佐和子役の田中千絵さんも、評判通りのきれいな人でしたが、高岡早紀さんの貫禄勝ち?

いくら奔放な性格でも、恩のある姉を裏切るなんてね。そりゃあ許せないわ。

 

最後の愛香(武井咲さん)の花冠シーンもキレイで怖かったです。

「次はお前だぞ」的な。

愛香、大丈夫かな?

 

スポンサーリンク

 - 本ネタバレ, 連続ドラマ