【脇汗の黄ばみ落とし方】原因を知って真っ白に洗濯☆予防と対策まとめ

      2017/06/01

白いシャツって爽やかで良いですよね!

学校でも仕事でも大活躍です。

でもクローゼットから出してみると、脇部分が黄ばんでる?!なんて経験ありますよね。

お気入りの白いシャツの脇部分がいつの間にか黄ばんでしまうのは、脇汗のせいなのです。

なぜ脇汗のせいで、シャツが黄ばむのでしょう?原因と洗濯方法、脇汗の黄ばみを防止する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

脇汗の黄ばみの原因は?

エクリン腺とアポクリン腺って聞いたことありますか?

汗を出す汗腺の名前です。

この2種類の汗腺それぞれ、違うタイプの汗を出します。

 

エクリン腺は全身にある汗腺で、暑い時の体温調節のためや、緊張した時の脇汗、手汗など、辛いものを食べた時の汗を出します。

 

一方アポクリン線は全身にはありません。脇や局部など一部に存在します。

アポクリン線から出る汗は、水分と脂質、糖質、タンパク質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフスチン等が含まれます。

脂質にタンパク質に・・・アポクリン線から出る汗は、いかにも黄ばみができそうですよね!

ピルビン酸は酸っぱ臭いし、リポフスチンは、不溶性色素で、ダイレクトに黄ばみの原因になります。

 

制汗剤を使うようになってから黄ばみが気になるようになった人は、あなたの汗と制汗剤が化学反応して黄ばみの原因になっていることがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

脇汗の黄ばみを落とす洗濯方法

綿、麻などの植物性の繊維や、化学繊維の衣類に黄ばみが付いた場合は、酸素系漂白剤で洗濯します。

でもその前に・・・繊維の表面に汚れが残っていては酸素系漂白剤の効果が十分得られません。

では脇汗の黄ばみを落とす洗濯方法を紹介しましょう!

 

用意するもの

    • 洗濯洗剤(石けんでも洗剤でもOK)
    • 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)
    • お湯(50℃くらい)
    • つけ置きの容器(洗面台でもOK)
    • ゴム手袋

 

洗濯方法

  1. 黄ばみの気になる部分を石けん or 洗剤でしっかり洗う。
  2. よく濯ぐ。
  3. 50℃くらいのお湯に酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を溶かす。
    <酸素系漂白剤大さじ2:お湯3リットル>の割合が目安です。
  4. 黄ばみの気になる部分が浮かないように、しっかりつけ置きする。
    つけ置き時間の目安は、1~2時間です。

 

ポイント

つけ置きする時、衣類がお湯から浮いてしまうことがありますよね。

ステンレスやガラス製の鍋蓋があれば、落し蓋のように衣類にのせておけば、しっかり浸けられます。

お湯が冷めにくい方が、より漂白効果が得られるので、つけ置き容器に蓋をしておくと効果アップです!

酸素系漂白剤は石けんより少し強めのアルカリ性です。手荒れ防止のためにゴム手袋を使うと安心です。

 

注意すること

黄ばみの気になる衣類を洗濯する前に、洗濯表示を確認しましょう。洗濯温度が40℃までの衣類なら、50℃のお湯ではなく、40℃以下のお湯でつけ置きしてください。

 

 

脇汗の黄ばみを予防する方法

脇汗による黄ばみを予防するには、出来るだけ脇汗が衣類につかないようにします。

「汗脇パッド」や「脇汗対策用のインナー」を着るのが簡単で良いですね。

 

脇汗用インナーは、メンズもあるんですよ。

撥水スプレーと同じように汗をはじく、服につける脇汗用スプレーもあります。

普段のあなたの服装に合わせて、選んでみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 - 洗濯, 生活