シシド・カフカ朝ドラ『ひよっこ』でOL早苗役☆社交界デビューしたの?前髪なしで別人!どんな役?

      2017/07/17

朝ドラ『ひよっこ』でヒロイン・みね子(有村架純さん)が住むアパート「あかね荘」に住むOL・久坂早苗役をシシド・カフカさんが演じます!

クールビューティーのシシド・カフカさんってどんな人なんでしょう?『ひよっこ』で見るカフカさんは、いつもと別人なんですが、どこが別人?

パリの社交界デビューしたのは本当なのでしょうか?

更に久坂早苗という役どころも詳しくお話します!

 

 

スポンサーリンク

 

朝ドラ『ひよっこ』久坂早苗役のシシド・カフカってどんな人?

 

クールなポーズで「ひよっこ」ポスター♪ #シシドカフカ #ひよっこポスターに入ってみた #やってみたシリーズ #朝ドラ #ひよっこ

連続テレビ小説「ひよっこ」さん(@nhk_hiyokko)がシェアした投稿 –

朝ドラ『ひよっこ』でちょっと怖いOL・久坂早苗を演じているのは、シシド・カフカさん。

外国人みたいな名前ですが、両親ともに日本人です。

本名は、宍戸佑名(ししどゆうな)さん。わりと普通のお名前ですね。

芸名の「シシド・カフカ」というのは、コピーライターの渡辺潤平さんがつけてくれたそうです。「カフカ」の意味は「カラス」。鳥のカラスです。

理由は、いつも黒い服を来ていたからだそうで…長い黒髪のせいかと思いました!

 

それと、シシド・カフカさんにはお姉さんがいて、名前は”ちかげ”さんと言うとか…。

 

そんなシシド・カフカさんは、1985年6月23日にメキシコで生まれました。

多分お父さんの仕事の都合で家族でメキシコに住んでいる時に生まれたパターンでしょうね。

 

その後、日本に帰国して、小学校時代は日本で過ごします。ドラムいいなーっと思ったのは小学校の4年生のときだったそうなので、10歳くらいですね。

12歳から14歳までは、お父さんの仕事でアルゼンチンに住んでいて、14歳の時にサイレントドラムを買ってもらって、アルゼンチンのジャズ界を代表するドラマーDaniel Pipi PIAZZOLLA ( ダニエル・ピピ・ピアソラ )に直々にドラムを教えてもらいました。

ダニエル・ピピ・ピアソラさんというドラマーは、アストル・ピアソラさんという、これまた有名な”タンゴの神様”と呼ばれた人の孫なんです。

 

良かったらドラム演奏も聴いてみて下さい。スティックがものすごく軽く動くんですよ!

 

 

ともかく14歳で日本に帰国したシシド・カフカさんは、高校、大学でもドラムの練習を続けてバンド活動に勤しみました。

プロデビューしたのは19歳の時で、177cmの長身を生かしてモデル活動も始めました。

20歳の時にボーカルを目指し始めましたが、結局ドラム&ボーカルというスタイルでデビュー。

シシド・カフカさんの知名度が上がったのは、何と言ってもこのCM!

 

シシド・カフカさん出演プリッツCMはこちら

 

 

カッコイイ~!!!

超ストレートな黒髪が揺れてキレイです!

目が見えるギリギリのとこまであるパッツン前髪が似合うのは、シシド・カフカさんか秋元梢さんか?!ですね。

 

この特徴的なシシド・カフカさんの前髪、『ひよっこ』ではデコ出しヘアスタイルも見れます!

 

新鮮!

以外にも昭和な雰囲気が似合うお顔でした。

 

シシド・カフカは社交界デビューしたの?

巷で、シシド・カフカさんが森星さんと同じ時にパリの社交界デビューしてたという話が出回っていますが、パリの社交界でデビューする条件として、

  1. 容姿端麗
  2. 長身
  3. 語学堪能

だと言われています。

シシド・カフカさんは1の容姿端麗と2の長身は当てはまりますが、3の語学堪能がどうも違うみたいなんです。

 

メキシコ、アルゼンチンはスペイン語圏ですが、メキシコいたのなんか赤ちゃんから幼児期ですよね。

アルゼンチンにいたのは、12歳から14歳までの2年間だけだし、なにより本人曰く

中学生時代にアルゼンチンに居たので、その時に習得したんですけど…。やっぱり日本では使う機会がないので忘れてしまいました。

ということです。

忘れたと言っても、多少は理解できると思いますが。

インタビューで、どの言語がネイティブかと尋ねられて

日本語です。日本語しか喋れません(笑)!

シシド・カフカさん本人が答えています。

日本語しかしゃべれないなら、パリの社交界デビューは難しいのではないでしょうか?

なんにせよ、シシド・カフカさんは帰国子女だし、ミステリアスな雰囲気があるので、ついつい信じちゃいそうですよね。

 

では次に、『ひよっこ』でシシド・カフカさん演じるOL・久坂早苗ってどんな人なのか、その役どころを詳しくお話しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

『ひよっこ』シシド・カフカが久坂早苗役で前髪上げて別人!役どころは?

 

朝ドラ『ひよっこ』でシシド・カフカが演じている久坂早苗という人物は、ヒロイン・みね子(有村架純さん)が住むアパート「あかね荘」に住んでいます。

早苗(シシド・カフカさん)は、スラッとして髪が長くて、いつも不機嫌そうな”オフィスレディ”。

公式サイトによると

1階に住むオフィスレディー。私生活は謎に包まれている“永遠の25歳”。常に何かにいらだっている雰囲気を漂わせている。

大家の立花富(白石加代子さん)からは、いつも「事務員さん」と表現されているようで怒っています。

年齢は永遠の25歳。なので30歳直前かと思われます。

 

 

初めてみね子に会った時、面と向かって

「素朴…。」

と言ったり、大学生の島谷(竹内涼真さん)と同じく、遠慮なく言いたいことを言うタイプの人です。

和菓子屋の息子・ヤスハルがギターを弾いていれば

「うるさい!下手くそ!」

と一刀両断。

 

 

早苗(シシド・カフカさん)は、無遠慮なだけではありません。

共用の炊事場の水道の水漏れの音で、眠れなくなるくらい神経質。

そんな早苗(シシド・カフカさん)は、毎朝みね子(有村架純さん)の目覚まし時計の音で目が覚めてしまいます。

そのうち、みね子の目覚ましがなる前に早苗(シシド・カフカさん)の目が覚めるようになってしまいます。

みね子が目覚ましをセットし忘れた時なんて、目覚ましがならないことが気になってイライラして、結局ドアを叩いて起こしてあげるんです!

根は良い人なんですねー。

 

それと、早苗(シシド・カフカさん)は、実家がお金持ちの島谷(竹内涼真さん)を「金持ちなのに」と嫌っているので、早苗の実家は貧しかったのかもしれません。

 

早苗さん、良い感じでツンデレ。

きっと頼りになる人ですよ!

 

前髪下ろしてるのも、おでこ出してるシシド・カフカさんも、どちらも魅力的です♪

 

スポンサーリンク

 

 - 人物, 朝ドラ