虫除けスプレーを簡単手作り☆ハッカ油とアロマで赤ちゃんや敏感肌にもオススメ

      2017/07/17

虫が嫌いな香りのアロマを使って、虫よけスプレーを手作りできるってご存知ですか?

今回は私が昨年とっても効果を感じた”ハッカ油を中心に天然アロマを使って作る虫よけスプレーを手作りする方法”を紹介します。

手作り虫除けスプレーのために用意するもの、作り方を紹介します。

他にも、手作り虫除けスプレーを作る時や使う時の注意点、虫除け効果の持続時間をはどれくらいなのかもお話します。

 

スポンサーリンク

 

【手作り虫除けスプレー】効果はどれくらい?

手作り虫除けスプレーに使うアロマは、好みや効果で選びます。

オススメはハッカ油と柑橘系のアロマです。

科学的に合成された虫よけスプレーや、虫よけ剤に比べたら、アロマオイルで作った虫よけスプレーは、効果は低いですが、市販の虫よけスプレーを赤ちゃんや小さな子供に使うのは抵抗を感じる人や、アロマオイルを厳選すれば、とっても安価で作ることができるのが最大の魅力ですね。

他にも手作り虫除けスプレーなら、好みで香りをプラスしたり、虫よけと夏の暑さ対策を兼ねることもできます。

 

手作り虫除けスプレーの効果は、香りがなくなったら終わりです。と言っても自分の鼻が香りに慣れてしまってわからなくなりますよね。

一般的に、ハッカ油なら20分おきにスプレーする良いようです。

そんなに頻繁にスプレーしていられない!というひとは、アロマストーンに原液を染み込ませておくと、2時間位虫よけ効果が続きます。玄関や窓辺に置くと良いですね。

赤ちゃんと一緒に外出する時は、紐付きのアロマストーンをベビーカーにつけるのもオススメです。

 

では手作り虫除けスプレーをつくる時に用意するものを紹介します。

 

 

【手作り虫除けスプレー】用意するもの

 

まず、一番材料が少なくて安上がりの手作り虫除けスプレーをつくる時に用意するものはこちら!⇩

  • スプレーボトル
  • 無水エタノール・・・・・5ml(無くても大丈夫)
  • 精製水・・・・・・・・・50ml
  • ハッカ油・・・・・・・・10滴

 

スプレーボトルを選ぶ際の注意点ですが、ハッカ油に含まれるリモネンは、ポリスチレン(PS)を溶かします。スプレーボトルを選ぶ時は表示をよく見て購入しましょう!紫外線を通しにくい色付きボトルがオススメです。

✖ポリスチレン(PS)

◯ポリプロピレン(PP), ポリエチレン(PE), ガラス

 

無水エタノールは、精油と水を混ぜるために使います。

もし虫除けスプレーを使う時に、毎回ボトルを振るのが面倒でなければ、無水エタノールを使わなくても大丈夫です。

かく言う私も、水とハッカ油を混ぜるだけで、毎回振ってから使っていますが、全く問題ないです。

 

 

次に、香りと効果を楽しむ手作り虫除けスプレーをつくる時に用意するものはこちら

 

  • スプレーボトル
  • 無水エタノール・・・・・5ml
  • 精製水・・・・・・・・・50ml
  • ハッカ油・・・・・・・・5滴
  • シトロネラ・・・・・・10滴

 

柑橘系の香りやラベンダーの香りは虫が嫌がる香りなので、お好みでレモンユーカリラベンダーレモングラスを使ってもOKです。

 

⇧買うと千円以上するハーブの虫よけスプレーにシトロネラがふんだんに使われているので、効果もお墨付きです!

ハッカ油だけの香りに飽きたら、色々オリジナルで作ってみると楽しいですね♪

 

スポンサーリンク

 

【手作り虫除けスプレー】作り方

虫除けスプレーの作り方はいたって簡単!

  1. スプレーボトルに無水エタノールを入れる。
  2. アロマオイルを加え、無水エタノールと混ぜる。
  3. 精製水を加えて混ぜる。

コレだけです!

お肌以外に使う場合は、アロマオイルの量を多くしてみるなど、自分でカスタマイズしてみて下さい♪

 

 

手作り虫除けスプレーを使う際の注意点

手作り虫除けスプレーは、誰でも使えるわけではありません。

赤ちゃんやお肌の弱い方は、アロマオイルで肌荒れすることがあるので、手作りスプレーを使う前に、パッチテストをしてから使うことをオススメします。

傷口や湿疹がある場合は使わないで下さい。

特に妊娠中の方はお気をつけ下さい。

赤ちゃんには直接スプレーせず、衣類など身の回りのものにスプレーするのがオススメです。

100均のアロマオイルは化学合成したものなので、効果はなく、肌にもつけられません。

純粋なアロマオイルを単品で購入して下さい。香りを楽しむために、幾つかの精油が混ぜられたアロマオイルは使わないで下さい。

手作り虫除けスプレーは、香りが変わったり、無くなったら効果はありません。使用期限は1週間から10日程だと思って、出来るだけ早く使い切るようにしましょう。少量ずつ作るのがオススメです。

ハッカ油は猫には有害だと言われています。ペットの猫やフェレットを飼っている場合は、ペットが吸い込まないように十分気をつけて下さい。

 

 

最後に

アロマオイルは、そもそも人間が香りを楽しんだり、利用したりするものなので、自分で作った虫除けスプレーを、うっかり吸い込んでしまっても安心ですよね。

あくまでも自己責任になってしまいますが、使いこなせるようになると

  • かゆみ止めの薬として
  • 暑さ対策として
  • ゴキブリ対策として
  • カビ防止として

などなど便利な使えて楽しくなっちゃいます。

今年の夏は、手作り虫除けスプレーにチャレンジしてみませんか?

 

スポンサーリンク

 - 生活