金塊の換金方法は?一般人と強盗の換金先の違い☆なぜ金塊密輸ビジネスは儲かるの?

   

2016年7月に福岡で7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、既に7人が逮捕されました。

すでに4億3000万円は換金されているといいます。

そもそも金塊の換金って、どのようにするのでしょう?そして強盗で手に入れた金塊って、どうやって換金しているのか気になります?

最近よくニュースになる金塊事件は、強盗だけじゃありません。金塊密輸ビジネスはなぜ儲かるのかわかりやすく説明します。

 

スポンサーリンク

 

金塊を換金する方法とは?

ニュースです!

7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、これまでに野口和樹容疑者(42)ら7人が逮捕された。和樹容疑者と兄の直樹容疑者(43)が主犯格とみられる。和樹容疑者は金塊の換金を指示。その時の4億3000万円の大半を受け取ったという。野口兄弟は過去にも窃盗事件を繰り返している。警察は逃げている直樹容疑者を含め3人を指名手配。換金が確認されていない70キロの金塊の行方はわかっていない。

なんと70キロの金塊を、犯人たちは換金せずに持っているってことでしょうか?!

金塊にどれだけ価値があろうと、そのまま持っていたってお腹は膨れません。

 

では金塊を換金するには、どんな方法があるのでしょうか?

 

普通の人が金塊を換金する方法

強盗して得たものではなくて、普通の人が持っている金塊を換金するには、買った店に相談するのが一倍良いと言われています。

その際、専門家に見てもらうため、鑑定書などは必要なくて、買った時の納品書や領収書なんかがあると良いです。

金塊には刻印がありますよね?この刻印に製造した会社名が書いてあるので、”TANAKA”と書いてあったら、田中貴金属工業(株)に持ち込むのが正解です。

↑普通の金塊には、沢山情報が詰まってます!

 

そして、小さな怪しげな店には持ち込まない方が良い、というのが常識です。

と、これはあくまでも一般人の常識ですね。

 

では強盗して得た金塊を換金している人たちは、どの様に換金しているのでしょうか?!

 

強盗が金塊を換金する方法

それは・・・暴力団に売る。と、

業者で加工して売る。

という方法です。

 

金塊は刻印もあることだし、刻印が潰されていたら怪しすぎて、すぐに事件性がある金塊だってバレちゃいますよね。

だからそのまま売るなら、暴力団とか。

そして、盗難品と知りつつ加工してくれる業者もあるというので、蛇の道は蛇です。

まるでドラマか映画の世界ですが、実際にあるんですね。

いわゆる闇ビジネス!

 

スポンサーリンク

 

最近多発している金塊事件は強盗だけじゃない!

最近金塊絡みの事件を、ニュースでよく聞きますよね。

この金塊絡みのニュース、外国人が絡んでいるみたいだし、強盗だけじゃないみたいです。

ではなぜ、金塊絡みの事件が増えているんでしょう?

 

それは、密輸ビジネスが儲かるから。

 

密輸ビジネスがなぜ儲かるのか

そもそも、なぜ普通に輸出・輸入をせずに、密輸をするのでしょうか。

それは・・・

  • 法律で認められていないヤバイ品物だから
  • 関税を払いたくないから

という理由が考えられます。

金塊の密輸ビジネスは、後者の”関税を払いたくないから”です。

 

例えば、1億円の金塊を日本に持ち込むと、税関で消費税8%分の800万円払う必要があります。

その後、貴金属店で金塊を売れば、1億円+消費税8%分(800万円)で買い取ってくれるので、相場が変わっていなければ儲けはありません。

 

でも、税関をごまかすことができれば・・・・

海外で1億円分の貴金属を買い付けて、税関をすり抜けて貴金属店で売ると、800万円の儲けになります。

税関で支払っていない消費税を、貴金属店でもらえるってことですね!

 

これが金塊の密輸ビジネスの正体です。

近年、金の価格が上昇しているので、消費税も増えて、犯罪者はウハウハなんでしょうね。

消費税がもっと増えたらと思うと…恐ろしいです~

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 身近な疑問